日向坂46 小坂菜緒、渡邉美穂へ想いの丈を語る「美穂がいなかったら、いま私はここに立ててなかったかも」

スポンサーリンク

人気アイドルグループ日向坂46が6月28日、東京国際フォーラム ホールAで「渡邉美穂卒業セレモニー」を開催。2017年に2期生メンバーとして加入し5年にわたってグループを支えてきた渡邉。メンバーの卒業セレモニーはグループ初で全メンバー22名が出演した。かけがえのない仲間たちと最後の舞台に立った。

前半6曲目で披露された「青春の馬」で、小坂は渡邉の手を取って、“なおみほ”コンビのペアダンスを披露し、ファンを大喜びさせた。

本編終了後のアンコールで、小坂菜緒が渡邉美穂への思いを丈を語った。

「私は、ひらがなけやき(けやき坂46)の二期生で入ってきて、美穂と近しい存在というか、先輩と一緒に混ざってお仕事する機会とかも多かったり、2人で前に立つような時も、結構今まで多くて。だからこそ悩んできたこととか、活動に対して考えてたことが、どんどん2人とも似てくるようになってきて。話してたら、“そう思ったよね”とか。同じ感情を共有できるような仲間に出会えて、私はそれ自体がすごく心強かった。

私が少し前まで、長い間お休みをしてたんですけど、その間も美穂はずっと私を離さないでいてくれて。それが私の中でここに戻って来るきっかけにもなったし、もしかしたらそれがなかったら、いま私はここに立ててなかったかもしれないなとすごく思ってる。

いまこうやって、美穂のきれいな姿をここで一緒に見ることができて、ここに立つことができて、最高に幸せですし、笑顔で送り届けることができるんだなって思うと、アイドル人生の中で、最高の瞬間を刻んだなって私は個人的に思ってます。

美穂は本当にこれからたぶん、たくさん頑張ることもあるだろうし、新しい夢に向かって突き進んでいくと思うので、これからも頑張ってほしいなっていう気持ちと、今まで本当にありがとうと、お疲れさま」と感謝の言葉を伝えると、渡邉は「ありがとう」と答え、2人は抱き合った。客席から二人へ温かい拍手が贈られていた。

PHOTO:上山陽介

■日向坂46「渡邉美穂 卒業セレモニー」
2022年6月28日
東京国際フォーラム ホールA

セットリスト

01. ハッピーオーラ
02. やさしさが邪魔をする / リスペクトスリー(加藤史帆、丹生明里、上村ひなの)
03. あくびLetter / カラーチャート(金村美玖、丹生明里、渡邉美穂)
04. 半分の記憶 / 2期生
05. 沈黙が愛なら/ 2期生
06. 青春の馬
07. Right?
08. それでも歩いてる
09. 僕なんか
10. NO WAR in the future 2020
11. 恋した魚は空を飛ぶ
12. 誰よりも高く跳べ!2020
13. 飛行機雲ができる理由

ENCORE

14. 君のため何ができるだろう / 2期生+上村ひなの
15. JOYFUL LOVE

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント