ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」来日公演詳細決定!

スポンサーリンク

ここが新たなスタートライン!
ブロードウェイの歴史を次々と塗り替えた、
メガヒットミュージカル2022年夏再来!

この夏、東京渋谷のBunkamuraオーチャードホールで上演されるブロードウェイミュージカル「コーラスライン」の公演情報が発表された。実に4年ぶりの来日公演となる。

「コーラスライン」は、ブロードウェイでの成功を夢見る名もなきダンサーたちの光と影を真正面から描いた、ブロードウェイミュージカルの金字塔的傑作。1975年に初演され、翌1976年のトニー賞で最優秀ミュージカル賞・演出賞・振付賞・脚本賞・楽曲賞など計9部門を制覇。初演版は約15年の大ロングラン上演し、2006年、初演版の演出・振付を踏襲したリバイバル版が開幕。トニー賞最優秀ミュージカルリバイバル賞にノミネート。同公演のキャスティング模様を綴った2008年のドキュメンタリー映画「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」も、大きな話題を集めた。

「コーラスライン」とは、舞台に引かれた、1本の白いライン。役名もないキャストたちが、このラインより前に出ないようにと引かれたメインキャストとコーラスの境界線。

<STORY>

ニューヨーク・ブロードウェイ。ある劇場で、新作のためのオーディションが行われている。新進気鋭の演出家ザックの元に大勢のダンサーが集まった。わずか8つの枠を目指し、ニューヨーク中のダンサーたちが成功を求めて。​その中には、かつてスポットライトを浴び、ハリウッドに進出したが、挫折しやり直すために、ブロードウェイに戻ったキャシーもいた。彼女は、ザックの元恋人。キャシーとザックの揺れ動く感情をよそに、オーディションは進んでいく。​最終選考に残った17人のダンサーたちに、演出家ザックは、「君たち自身を知りたい。君たちはどんな人間なのか?」と問う。ダンサーたちは、戸惑いながらも「自分」について話していく。彼らが背負ってきた辛い過去、歌やダンスへの情熱、悩みや経験、そして人生までも・・・。厳しいオーディションに合格したとしてもなれるのは名も無い「コーラス」。それでもダンサーたちはたった8人の枠に残るため、自分のすべてを賭ける。そして、合格した者たちは、同じ衣装でコーラスの一員として一つの舞台に立つ。

公演概要

ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」
※生演奏/英語上演/日本語字幕あり
日程:2022年8月11日(木・祝)~28日(日) 詳細はホームページをご確認ください。
会場:Bunkamuraオーチャードホール

TICKETS

チケット一般発売 3月26日(土)AM10:00より発売開始
S席:14,000円、A席:12,000円、B席:10,000円(全席指定・税込)
U-25席:6,000円(25歳以下当日引換券・税込)
※未就学児童入場不可
※U-25席は一般発売3/26(土)より発売いたします。(前売り販売のみ・数量限定)

<チケットに関するお問合せ>

Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10:00~17:00)
<公演に関するお問合せ>
Bunkamura 03-3477-3244(10:00~18:00)

主催:TBS/Bunkamura/ローソンエンタテインメント/VIS A VISION/ディスクガレージ/BS-TBS
後援:TBSラジオ
企画:TBS/John Gore Organization
招聘:TBS/VIS A VISION

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント