松村沙友理主演!TBS火曜ドラマ「シンデレラ・コンプレックス」7月13日よりParaviオリジナルストーリーで独占配信!

動画配信サービス「Paravi」では、7月13日(火)22時から放送スタートするTBS火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』のオリジナルストーリーを独占配信する。主演は、乃木坂46での活動を7月13日で終了することを発表している松村沙友理が務める。


このたび、タイトルと共演者を発表!タイトルは、Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」。共演に金子ノブアキ、小宮璃央、武田航平が決定した。

『プロミス・シンデレラ』は、夫から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿無しになった人生崖っぷちアラサーバツイチ女子が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディ。二階堂ふみ演じる主人公・桂木早梅(かつらぎ・はやめ)と眞栄田郷敦演じる高校生・片岡壱成(かたおか・いっせい)、岩田剛典演じる旅館の若旦那で壱成の兄・片岡成吾(かたおか・せいご)の三角関係、さらに旅館関係者を巻き込んでの恋模様や人間模様が見どころだ。

原作は小学館の漫画アプリ「マンガワン」に連載中(隔週月曜更新)の同名人気漫画で、累計発行部数(紙+電子。既刊11巻)が250万部を超えるなどSNSを中心に話題となっている。

松村沙友理が乃木坂46卒業後、初主演!

Paraviオリジナルストーリーで描かれるのは、旅館「かたおか」での“もうひとつの三角関係”!
Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」の舞台は、『プロミス・シンデレラ』と同じく高級老舗旅館「かたおか」。本編の三角関係の裏で繰り広げられる、もう一つの胸キュンラブコメディだ。

松村演じる主人公・坂村まひろ(さかむら・まひろ)は、高級老舗旅館「かたおか」で働く24歳の仲居。明るく物怖じしない性格で、誰ともすぐに仲良くなるが決して群れず、どこか飄々としている。そんなまひろは、学生時代に初恋の相手だった元カレに「貧乏くさい」とフラれたことがきっかけとなり、野望を抱くようになった。その野望とは、お金持ちと結婚して悠々自適なセレブライフを送ること。1分1秒でも早く“理想の王子様”を見つけることが目下の目標だ。“お金・ライフスタイル・誠実・将来性・人格・価値観”の6項目を、結婚相手に求める譲れない条件として、日々男性たちのスペックを見極めている。「かたおか」の若旦那である成吾はかっこよく経済力もあるが、成吾と結婚し女将として働くのは嫌だし、他の男性従業員はみんなパッとしない。特に、ギャンブル好きの茶房のマスターなんて絶対にあり得ない!旅館「かたおか」では、まひろが望むような王子様は見つからないのだ…。

そんな中、客として「かたおか」を訪れた資産数十億円と噂されるイケメンデイトレーダーと出会う。さらに、アルバイトとしてやって来た大学生がまひろに一目惚れして…。

金子ノブアキと小宮璃央の共演が決定!松村沙友理との三角関係に⁉

共演に金子ノブアキ、小宮璃央が決定!
金子は、NHK大河ドラマ『麒麟がくる』や連続テレビ小説『エール』などに出演。俳優として活動する一方で、ミュージシャンとしても活躍している。そんな金子が演じるのは、旅館「かたおか」の茶房で働く明るくお調子者のマスター・黒瀬洸也(くろせ・こうや)。大人の男性として頼れる存在だが、「この世の全ての女性は美しい」がモットーで女の子好きな一面がある35歳。女性に対して平等な扱いを心がけているが、“結婚”という文字に踊らされているまひろをなぜか放っておけないでいる。

また、小宮は、「高一ミスターコン2018」でグランプリを受賞したことをきっかけに活動の幅を広げ、『魔進戦隊キラメイジャー』(2020年・テレビ朝日)でテレビドラマ初出演にして主演のキラメイレッド/熱田充瑠役を務めた。小宮が本作で演じるのは、旅館「かたおか」にアルバイトとしてやってきた20歳の大学生・倉持雄吾(くらもち・ゆうご)。可愛らしい見た目の年下男子で、愛嬌があり、どんな女性でも彼といると笑顔になってしまう。「かたおか」で働くまひろに一目惚れをして猛アタックをするという役どころだ。

さらに、旅館「かたおか」に客として訪れた資産数十億円と噂されるイケメンデイトレーダー・上利圭市(あがり・けいいち)役で、数多くのドラマや映画に出演する武田航平の出演も決まった。

メインビジュアルも公開!

「シンデレラ・コンプレックス」のメインビジュアルも公開!写っているのはまひろと洸也と倉持の3人。まひろと上利と倉持が三角関係に発展すると思いきや、メインビジュアルには洸也の姿が…。果たして洸也はどう関わってくるのか?展開が気になるビジュアルとなっている。
ビジュアルの撮影は終始和やかな雰囲気の中で行われたが、3人の気になる関係性を表現するために、微妙な表情や角度の違いを1人ずつ出演者とスタッフで入念に確認しながら進められた。

本編では描き切れないまひろの恋模様が堪能できるParaviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」。果たしてまひろは理想の王子様を見つけることができるのか⁉ 『プロミス・シンデレラ』とどのようにリンクしていくのかも見どころのひとつだ。7月13日(火)からスタートする『プロミス・シンデレラ』初回放送終了後に独占配信スタート!ぜひ本編とあわせてお楽しみいただきたい!

<松村沙友理 コメント>
今回、まっすぐなラブコメに初めて挑戦させていただきます!
洸也さん、上利さん、倉持くんと3人の男性の胸キュンポイントがそれぞれにたくさん詰め込まれていて、とても魅力的な作品になっています♡
私が演じる坂村まひろちゃんは男性をスペックで見極める女の子ですが、本編では描かれていないまひろちゃん自身の心の揺れや感情を、この作品を通して皆さんに感じてもらえたら嬉しいです!
ドラマ本編と合わせてぜひ楽しんでいただきたいです。

<金子ノブアキ コメント>
オリジナルストーリー、現在誠意制作中!本編に負けず劣らず楽しんでいただけるよう頑張ります。

<小宮璃央 コメント>
この度、倉持雄吾を演じさせていただくことになりました小宮璃央です!
ラブコメのドラマを見たりするのは大好きですが、演じる側に回るのは初めてで、「シンデレラ・コンプレックス」に出させていただくことを聞いた時は緊張と不安が少しありました。
ですが、倉持くんの少し抜けてるところや男らしいところを精一杯演じているので、初々しさなども含め見守っていただきたいです。
台本を初めて読んだ際は、演じる僕自身がドキドキしてしまう展開が多かったので皆さんも胸キュン間違いなしだと思います!(笑)
松村沙友理さんと金子ノブアキさんとのお芝居を全力で楽しみながら、観てくださる皆様にたくさんの胸キュンをお届けしたいと思っておりますので、楽しんでParaviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」をご視聴ください!
そして、ストーリーが進んでいくにつれて見える倉持くんの成長などもお見逃しなく〜!

<プロデューサー・久松大地 コメント>
タイトルの「シンデレラ・コンプレックス」は童話「シンデレラ」のように「いつか王子様が現れて、自分の人生を変えてくれる」という願望を持つ女性のことを指す言葉。
理想の王子様を見つけようとする主人公・坂村まひろが、自分の本当の幸せを見つけていく姿を描きます。そんなまひろを松村沙友理さんがとてもキュートに演じてくださっています。
金子ノブアキさん演じる洸也は本編ではお調子者ですが、オリジナルストーリーの中ではカッコいい一面も見せます。さらに、小宮璃央さん、武田航平さん演じるドラマオリジナルキャラクターも登場します。
果たしてまひろの理想の王子様は現れるのか!?
本編の『プロミス・シンデレラ』と共に、この夏にぴったりなもうひとつの胸キュンラブコメディになっていると思いますので、ぜひお楽しみください!

【Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」配信概要】

[タイトル]Paraviオリジナルストーリー「シンデレラ・コンプレックス」
[配信日時]7月13日(火)スタート『プロミス・シンデレラ』 初回放送終了後に独占配信開始
[出演者]
坂村 まひろ   松村沙友理
黒瀬 洸也    金子ノブアキ

倉持 雄吾    小宮璃央
上利 圭市    武田航平

[スタッフ]
製作       共同テレビ
TBS
原作       橘オレコ「プロミス・シンデレラ」 (小学館「マンガワン」連載中)
脚本       山本奈奈
音楽       やまだ豊
プロデューサー  橋本芙美
久松大地
演出       淵上正人

[番組公式サイト]https://www.paravi.jp/static/cinderella_complex/

【TBS火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』番組概要】

[タイトル]火曜ドラマ『プロミス・シンデレラ』
[放送日時]7月13日(火)スタート 毎週火曜22:00~22:57 (※初回は15分拡大 22:00〜23:12)
[出演者]
桂木 早梅    二階堂ふみ
片岡 壱成    眞栄田郷敦
菊乃(加賀美 明)松井玲奈
今井 正弘    井之脇 海
坂村 まひろ   松村沙友理
松野 茜     堺 小春

吉寅 英二    高橋克実

藤田 明美    友近
千葉 望     森 カンナ
黒瀬 洸也    金子ノブアキ

片岡 悦子    三田佳子(特別出演)

片岡 成吾    岩田剛典

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント