ビジュアル書籍 『脱プラスチック データで見る課題と解決策』 が5月31日に発売

「ナショナル ジオグラフィック別冊」シリーズの最新刊として『脱プラスチックデータで見る課題と解決策』を5月31日(月)に発売します。

本書は、プラスチックの製造から利用、廃棄までのプロセスを追跡し、豊富なデータでプラスチックによる環境問題を見える化したビジュアル書籍です。

「自然破壊」「ストローは要りません」「リユースとリサイクル」「大量生産/消費への決別」などのテーマで紹介。地球規模のマクロな視点で環境への影響を俯瞰する一方、プラスチックが私たちの生活に溶け込み、なにげなく捨てられ、いつしか見えないところに蓄積されていく実態を明らかにします。大量生産、大量消費を見直し、日常生活のさまざまな局面でプラスチックを使わない選択肢を提案し、それらを実践するための工夫を具体的に紹介します。「あなたは一生にどれだけプラスチックを消費しているか」を実際に計算できる課題も掲載。子どもから大人まで環境教材としても適した1冊です。

『脱プラスチック データで見る課題と解決策』

2021年5月31日(月)発売/定価 1,760円(税込)/A4変形/160ページ/

ソフトカバー/日経ナショナルジオグラフィック社 発行

ナショジオストア https://nationalgeographic.jp/atcl/product/21/042000013/

【主な内容】

■Chapter1 プラスチックの科学

プラスチックの歴史/原料は化石燃料/プラスチックの作り方 ほか

■Chapter2 自然破壊と気候変動

炭素の排出/製造がもたらす健康被害/プラスチックごみと環境

■Chapter3 2つの解決策

小さな解決策/大きな解決策

■Chapter4 代替素材を探す

交換と代替のガイドライン/車/電子機器/玩具/繊維素材 ほか

■Chapter5 使い捨てをやめる

ストロー/レジ袋/ペットボトル/コーヒーと紅茶/パッケージ ほか

■Chapter6 汚染のない未来へ

プラスチック汚染のない未来へ/希望を胸に ほか

■海洋プラスチック問題、レジ袋有料の義務化、ストローの廃止など、
様々なプラスチックの問題から解決策までを具体的に紹介。

■ナショナルジオグラフィックならではの写真やイラストなどの豊富なビジュアルと、データやグラフによる詳細な資料で分かりやすく解説!

■「一生にどれだけのプラスチックを消費するのか」を計算できる!中高生をはじめとした環境教材としても最適!

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント