GENERATIONS、『Tarzan』通常版/増刊号 W表紙をジャック!

GENERATIONSパフォーマーの白濱亜嵐、小森隼、佐野玲於、関口メンディー、中務裕太の5人が7月20日(木)発売の『Tarzan』861号通常版、861号増刊で表紙を飾ることが発表された。

5人は今回の撮影のために鍛え上げたカラダを披露。現在、全国ツアーの真っ最中ということで普段以上にトレーニングに取り組んでおり、すでにカラダは十分仕上がっていた彼ら。しかし、「10周年に、ファンの皆さんのために今まで見せたことがない姿を見せたい」という強い思いから、ボディメイクを意識したトレーニングや食事制限に挑戦。これまで本格的な筋力トレーニングはあまり行ってこなかったという小森もワークアウトを開始するなど、グループ内で“筋トレ熱”が加熱。事務所内のジムではGENERATIONSメンバーの誰かがトレーニングを積んでいる風景が当たり前になったという。その様子を見てEXILE HIROも太鼓判を押したというほど、高いモチベーションで表紙撮影の日を迎えた。

撮影当日、予報では雨予報だったが、メンバーが準備を終え、パンプアップ(撮影に向け筋肉が張った状態にするためのワークアウト)が完了する頃には空は快晴に。いよいよカメラの前に立ち、青空の下で5人5様の表現でさまざまなポーズを見せていく。想像を超える5人のカラダの仕上がり具合に、編集部や撮影を担当したカメラマンからは、思わず驚きの声が漏れるほど。気温30度を超える中、5人揃っての集合カットでは自然と5人で声を掛け合い、呼吸を整えて腹筋や胸筋をコントロールする場面も。カメラマンのリクエストに瞬時に応えながら、自然と自分たちのスタイルを見つけて完成したグラビアは、メンバー同士の絆と10年という月日の重みを感じさせるものとなった。

5人の熱量と圧倒的なカラダに触発されて、編集部は当初予定していたグラビアのページ数を急きょ増量することを決定。さらに、『ターザン』では初の試みとなる「増刊号」を作ることも緊急で決定した。

通常版と増刊号、どちらも表紙はGENERATIONSが飾り、それぞれで違ったカラダと表情を見せてくれる。通常版にはスペシャル企画として4ページの特別付録「Tarzan×GENERATIONS TRAINING BOOK」を貼り込み。こちらはグラビアパートとは打って変わった、『ターザン』らしいエクササイズ企画。

EXILEフィジカルトレーナーであり、メンバーの普段のトレーニングを指導している吉田輝幸さんが監修し「GENERATIONSボディを作るサーキットトレーニング」をメンバー実演で紹介している。

増刊号では、上半身裸の5人が表紙を飾ってくれ、通常版、どちらもGENERATIONSの魅力とファン・読者への思いが詰まった必見の内容となった。

GENERATIONSコメント
※誌面からの抜粋です。

■白濱亜嵐

カバー撮影の1か月前に裕太くんがパーソナルトレーナーをつけたって聞いて、カラダがみるみる変わっていくから、「やべー、俺もやんなきゃ」と焦りました。ジムに入り浸っていた昔みたく、筋トレ欲に火がつきました。

■佐野玲於

トレーニングも〝FUN(楽しい)〞な要素があって、 サボるとケツを叩く仲間がいる状況が、僕のカラダ作りには必須。そういった意味でも、GENERATIONSのメンバーと活動できる今が、最高の環境です。

■関口メンディー

やればやるだけ筋肉がつきやすいタイプなんです。 その分、太りやすい体質でもあります。なので、いろいろなことを考慮しています。10周年の節目に過去の自分を超えることが目標でしたが、今回達成できたかなと思います。

■中務裕太

「カラダ、ヤバッ!かっこいい!」と言われるくらい鍛えているのが、目指すべきパフォーマーの姿だと思うんです。ここ1か月は、朝食はオートミールと卵白のみ。普段、ライブ前のベスト 体重は63.4kgですが、この撮影に向けて最強のカラダを作るため、61kgまで絞りました。

■小森隼

今が、見た目も 表現力も、精神的にも過去いちの仕上がりだと胸を張れます。「全ては『ターザン』のカバー撮影がきっかけになりました」と、これから先もいろいろな場面で言い続けていくと思います!

■通常版

掲載誌:Tarzan 861号
特集名:「脱げるカラダ2023 大切なのは、脚と尻」
発売日:7月20日(木)
特別定価:750円

■増刊号

掲載誌:Tarzan 861号増刊
特集名:「大切なのは、脚と尻 脱げるカラダ2023」
発売日:7月20日(木)
定価:750円

出版社:株式会社マガジンハウス
全国の書店、コンビニエンスストア、ネット書店で発売
URL:https://magazineworld.jp/tarzan/
*発売日前日の夕方更新予定

 

BOOK
Liveen Times

コメント