蛭子能収、“認知症”エッセイ『認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本』が4月27日に発売決定!

スポンサーリンク

4月27日(火)に光文社より単行本『認知症になった蛭子さん~介護する家族の心が「楽」になる本』が発売されます。

2020年7月、漫画家・タレントの蛭子能収さんが認知症であることを公表。本書は、「いくつになっても働いていたい」という蛭子さんの思いに応えるべく、ご家族やマネージャーさんの助けを借りながら完成した、世にも珍しい“認知症エッセイ”。

また、蛭子さんに起こった“過酷な現実”を、いちばん近くで見てきた妻・悠加さんが初めて告白。
認知症介護の先輩たちが、悠加さんの悩みに本音で答える「介護相談」コーナーでは、きれいごとではない問題解決法の数々が提示されます。

蛭子能収さんと妻の悠加さん 撮影/加瀬健太郎

さらに、公表後も続ける人気コラム「蛭子能収のゆるゆる人生相談」傑作選も収録。「自分ファースト」で生きてきた蛭子さんの考え方が、意外にも介護する家族の心を楽にするヒントになります。

2025年には認知症者数が約700万人になると推計される現代。認知症の人と“向き合う”ための方法、介護する家族の心が「楽」になる考え方が、ここにあります!

【構成】
●はじめに:漫画家、タレント、「認知症」――またオレの肩書きが増えました。
●そのとき、「家族」はどうなる?――“蛭子さん妻”悠加さんの告白
●妻・悠加さんのゆるゆる介護相談――“認知症介護の先輩”からのアドバイス
●そのとき、「仕事」はどうなる?――“マネージャー”森永さんの告白
●そのとき、「社会」はどう受け入れる?――“担当記者”山内さんのリポート
●蛭子能収のぼけぼけ人生相談――“認知症になった蛭子さん”のお仕事
●ゆるゆる人生相談セレクション――心が楽になる蛭子さんの考え方
●おわりに:介護してくれている家族へ。「ありのまま」でいさせてくれて、ありがとう。

【プロフィール】

蛭子能収(えびす よしかず)
73歳。1947年10月21日生まれ。長崎県出身。タレント、俳優、エッセイストとしても活躍。おもな著書に『パチンコ 蛭子能収初期漫画傑作選』『ひとりぼっちを笑うな』(ともにKADOKAWA)、『ヘタウマな愛』(新潮社)、『蛭子能収のゆるゆる人生相談』(光文社)などがある。

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント