ジェフ・ベゾスや藤田晋の「コトバ」も。「組織を動かしたパワーメッセージ96」特集

スポンサーリンク

グローバルビジネス誌『Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)』(発行元:リンクタイズ株式会社、代表取締役会長:高野真)は、1月25日発売の3月号で、世界を動かすリーダーたちの「メッセージ力」を大特集しています。

業績絶好調のサイバーエージェント藤田晋が掲げた全社スローガン、日本の経営者のあり方を一変させたソフトバンク孫正義のひと言、アマゾンのジェフ・ベゾスが株主に送った手紙など、人を動かし、組織を動かした96のパワーメッセージに学びます。

3月号の表紙には、アマゾンのジェフ・ベゾスが登場

【Forbes JAPAN Web】https://forbesjapan.com/magazines/detail/132

  • 日本一のビジネス翻訳家がひもとく「ジェフ・ベゾスの言葉」

史上初の“本人公認”ジェフ・ベゾス本が、世界的なベストセラーになっています。翻訳を手がけたのは、数々のビッグタイトルを担当してきた人気翻訳家・関美和。5 0 冊以上のビジネス書を手がけ、ビジネス書翻訳の第一人者にして投資の専門家でもある関氏は、ベゾスの言葉をどう読み解いたのか。注目するフレーズ10を選び、解説してもらいました。
ベゾスが発した生の言葉をたどると、世界最高のカリスマを成功に導いた「原則」が見えてきます。

  • 売上高6,500億円超の進撃を先導した、サイバーエージェント藤田晋の「コトバ力」

昨年、スマホゲームの『ウマ娘 プリティーダービー』が大ヒット。今年はNetflix進出で「エンタメで世界制覇」を宣言している、業績絶好調のサイバーエージェント。 同社を率いる藤田晋は、創業以来、27のスローガンを掲げ社員の士気を巧みにコントロールし、「人を動かす」という意味で、言葉の重要性を熟知する経営者です。

昨年10月には、新たにパーパスを発表しましたが、サイバーエージェントが自社の志や果たすべき役割をパーパスという形で言語化したのは初めてのことです。なぜこのタイミングだったのか。普段、取材を制限しているという藤田晋が、『Forbes JAPAN』の特集で持論を展開。注目のインタビュー記事となっています。

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント