橘ケンチ(EXILE)が『収穫祭』にサプライズで登場!

EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチが2023年10月15日(日)、親交の厚い酒造会社のひとつである奈良県御所市の油長酒造とともに杉浦農園の『収穫祭』にサプライズで登場、多くの参加者とともに稲刈りを行った。

パフォーマーとしてはもちろん日本酒をライフワークとしながら、所属するLDH JAPANの地方創生や社会貢献といった様々な活動を通して地域への造詣を深めてきた。「現代の日本酒の味わい深さを始め、酒蔵さんが拠点のひとつを担っている各地の魅力を多くの方に知っていただきたい」と再評価を受ける日本文化の代弁者たらんことを期す変わらぬ覚悟を持って、多くの実力派醸造家やカルチャーの現在を紡ぎ続けるキーパーソンとの対話を積み重ねる中で、「酒や文化の持つ底力が今こそ多くの人の心に灯をともすはず」とさらにその想いを強くしている。

そんな日本酒に傾倒する過程で親交を深めてきた油長酒造は、清酒発祥の地と言われる奈良県は御所市にある享保4年(1719年)創業の酒蔵。歴史の重みを感じる風土の元、菩提酛造りなど文化を継承する『鷹長』や柔軟な発想で日本酒の可能性を追求する『風の森』といった銘柄を創造しており、日本酒ファンの間では常に伝統を改変しながら現代的な酒造りと魅力的な味覚体験を体現している酒造会社として知られている。

特に近年は原料となる米や地域共生への意識を高めており、2020年より油長酒造の使用する秋津穂栽培農家・杉浦農園と独自に農家酒屋と呼ぶプロジェクトを促進、橘ケンチ自身も2021年の同酒造会社との初コラボレーション以降、2022年の圃場での作業にも参加、その際に収穫したお米が皇室行事『新嘗祭』の献上米に選ばれるなど「里山や中山間部の重要性の再認識及び持続可能な農業の実現」というその目指すところに共鳴して一貫した定点観測を継続してきた。

そして今年10月15日(日)、コロナ禍による中断を挟みながら4年前より開催されている油長酒造×杉浦農園の『収穫祭』に橘ケンチはサプライズで初登場、杉浦農園の長年の支援者や油長酒造ファンといった一般の参加者に交じって稲刈りを行った。

作業を終えた後には杉浦農園産の米を使ったおにぎりなどを手に直会にも加わって「日本酒が生み出すコミュニティのすばらしさと地域共生が持つ可能性を目の当たりにして、改めてしっかりと向き合っていきたいと感じました」(橘ケンチ)と気持ちを新たにしたのだった。日本酒はもとより日本創生プロジェクトに対する活動を活発化させている橘ケンチが次はどのようなトピックスを提供してくれるのか、その動向から引き続き目が離せそうにない。

【橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)コメント】

「油長酒造蔵元の山本長兵衛さんと出会って今年で約4年。美味しく面白いということを超えた文化的価値の創出、そして日本の原風景を守っていくための未来への一歩につながることを望んで生まれた2年前の刺激的な初コラボ以来の圃場での作業を経て、今年は初めて杉浦農園さんとの『収穫祭』にも参加させていただきました。油長酒造さんと杉浦農園さんの動きに共感して参加したみなさんとともに改めて里山の重要性を再確認にすると同時に、ライフワークとしている日本酒の活動や地域共生のプロジェクトにしっかりと向き合っていきたいとの想いを新たにしました。農業や食のフィールドを始め、今後も様々な形で日本が持つ固有の文化のすばらしさを伝えていけたらと改めて実感しています」

【橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)プロフィール】

橘ケンチ/EXILE及びEXILE THE SECONDのパフォーマー。2007年二代目J Soul Brothersのメンバーに抜擢、2009年3月1日EXILEにパフォーマーとして加入以降、所属するLDHの掲げる「日本を元気に」をテーマに活動。2023年1月ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』に出演後、2月~6月まで『EXILE THE SECOND LIVE TOUR 2023 ~Twilight Cinema~』を実施、4月からNHK Eテレ『中国語!ナビ』にレギュラー出演中。また、ライフワークとして日本酒の魅力を発信、多くの実力派酒蔵や醸造家とコラボを実現している他、食のフィールドや日本創生に対する知見も深めている。2023年SAKEの魅力を網羅した書籍『橘ケンチの日本酒最強バイブル』(宝島社)及び処女小説『パーマネント・ブルー』(文芸春秋)を上梓。LDH JAPAN公式YouTube内番組『EXILE橘ケンチのSAKE JAPAN』の他、LDH発の新エンタテインメントサービス・CL内番組『ケンチのイッテキ』を展開。2018年13代酒サムライ、2021年福井市食のPR大使に就任。

(公式HP)https://m.ex-m.jp

TRAVEL
Liveen Times

コメント