図鑑の世界に入り込む 新感覚の体験型デジタルミュージアム『ZUKAN MUSEUM GINZA』が開業!

佐々木ホールディングス株式会社、株式会社小学館、株式会社エイド・ディーシーシー、株式会社ドリル、株式会社電通、株式会社サニーサイドアップ、株式会社朝日新聞社の7社はこの度、「ずかんミュージアム有限責任事業組合」を設立し、本日 2021 年 7 月 16 日(金)に新感覚の体験型施設 『ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑 NEO』 (以下、ZUKAN MUSEUM GINZA) を、東急プラザ銀座6Fに開業いたしました。


オープニングセレモニーでは、主催者を代表し、株式会社 小学館 代表取締役社長 相賀 昌宏が「人は感動や体験による “記憶”が大切だと考えております。この『ZUKAN MUSEUM GINZA』で、みなさまには子供心に戻ってもらい、驚きや発見とともに、好奇心をもって楽しんでいただきたいです。」とグランドオープンにあたって施設への思いを語りました。続いて佐々木ホールディングス 株式会社 代表取締役社長 佐々木 伸一は、「小学館様の長年に渡る知識・アーカイブと最新の映像技術を駆使し、このデジタルミュージアムを運営できることを光栄に思います。新型コロナウイルス感染防止には、細心の注意を払い、感染防止対策をしっかりと行い、このミュージアムを通して、みなさまを笑顔にしてまいりたいと思います。」と語りました。

『ZUKAN MUSEUM GINZA』は、デジタルとリアルが融合した空間をめぐりながら、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会い、その息吹を感じ、さらにほかの生き物との出会いに歩みを進める、そんな世界に没入できる新感覚の体験型 施設です。
「 “地球の自然”が凝縮された、生きるミュージアム」である本施設は、情報に溢れ様々なテクノロジーが日々更新さ れていくこの時代において、書籍のページをめくるのではなく、あらゆる生き物が共存している世界の空間や時間を“めぐる”こと で“地球の自然”を五感で体感できる、新しい図鑑体験を提供いたします。

発見の連続で知的好奇心を掻き立て、体験前後で“地球の自然”に対する価値観やマインドを変える、新しい“アカデミック・エンターテインメント”、『ZUKAN MUSEUM GINZA』 にご期待ください。

■生き物を検知・記録するためのナビゲーターアイテム「記録の石」

記録の石とは、本施設の世界を体験していただくにあたり、お客さまの手に持って共に冒険していただく重要なナビゲーターアイテ ムです。館内で出現する生き物の検知や、生き物の記録を行うことができ、最後にたどり着く場所で” あなたの記録した生き物が 飛び出すエンディング”を見ることができます。1 度のチケットご購入時を1グループとして、1 グループにつき 1 個を無料でお貸出し 致します。(追加をご希望の方は、1 個 300 円にて追加レンタル可能です)

<記録の石の 3 ステップ>
①生き物の「検知」 生き物に近づくと、その生き物の記録のためのヒントを伝えてくれます。
②生き物の「記録」 ヒントに書かれている、ある行動のタイミングで「記録ボタン」を押すと、その生き物の名前や行動の理由などを教えてくれます。
③“あなた”の冒険を振り返る 最後にたどり着く場所であなたの記録した生き物が飛び出すエンディングへと導いてくれます。



■ガイダンスナレーションを務める声優は、 「風の谷のナウシカ・ナウシカ役」などで知られる島本須美さん

島本須美(しまもとすみ)
高知県出身/声優・女優・ナレーター

<主な出演歴>
『風の谷のナウシカ』ナウシカ役
『となりのトトロ』お母さん役
『小公女セーラ』セーラ役
『めぞん一刻』音無響子役
『それいけ!アンパンマン』しょくぱんまん役
『名探偵コナン』工藤有希役

◆今回のガイダンスナレーションの「聴きどころ」◆
みなさんを不思議な世界に誘うお手伝いができれば良いですね。

◆ガイダンスナレーションのオファーをもらった時の心境◆
美術館や博物館、そして動物園好きなのでとても興味深く、嬉しかったです。

◆ご来館いただく皆様へ◆
私自身も ZUKAN MUSEUM GINZA がオープンすることにとてもワクワクしています。 ぜひ楽しい出会いや感動をぜひお楽しみ下さいね。

■ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑 NEO とは

本施設は、デジタルとリアルが融合した空間をめぐりながら、図鑑の中でしか見ることのできなかった生き物たちに出会い、その息吹を感じ、さらにほかの生き物との出会いに歩みを進める、そんな世界に没入できる新感覚の体験型施設です。

「 “地球の自然”が凝縮された、生きるミュージアム」である本施設は、情報に溢れ様々なテクノロジーが日々更新されていくこの時代におい て、書籍のページをめくるのではなく、あらゆる生き物が共存している世界の空間や時間を“めぐる”ことで“地球の自然”を五 感で体感できる、新しい図鑑体験を提供いたします。

施設の中では 24 時間という時間の経過や天候の変動など、リアルな地球上における環境の変化を表現できるように設計されており、空間や時間の経過と共にリアルな“地球の自然”を体感し、学びにおいて「読んで知る」と同等に大切な「実体験をつく る」ことを目指した新感覚の体験型施設です。

発見の連続で知的好奇心を掻き立て、体験前後で“地球の自然”に対する価 値観やマインドを変える、新しい“アカデミック・エンターテインメント”、『ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑 NEO』にご期待ください。

《「小学館の図鑑 NEO」 とは》

「小学館の図鑑 NEO」は、小学館から発売されている図鑑シリーズ。 累計発行部数は約 1,100 万部を超える、小学館の看板書籍。小学館創業 80 周 年企画として 2002 年に刊行されました。
『小学館の図鑑 NEO』の「NEO」の由来は 、Nature(自然と生き物)、Earth(地球と宇宙の)、Origin(起源をたずねて) の頭文字から取っています。

■施設概要

施設正式名称 :ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑 NEO
かな表記 :ずかんみゅーじあむぎんざ ぱわーどばい しょうがくかんのずかんねお
短縮表記
1.表記文字数制限がある場合 「ZUKAN MUSEUM GINZA」
2. “本文中”英字使用 NG の場合 「ずかんミュージアム銀座」
3. 記事本文縦書きの場合 「ずかんミュージアム銀座」

主催 :ずかんミュージアム有限責任事業組合 (佐々木ホールディングス株式会社、株式会社小学館、株式会社エイド・ディーシーシー、 株式会社ドリル、株式会社電通、株式会社サニーサイドアップ、株式会社朝日新聞社)

場所 :〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目2−1 東急プラザ銀座 6F

アクセス :
東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 C2・C3 出口徒歩 1 分
東京メトロ・日比谷線・千代田線・都営三田線 日比谷駅 A1 出口徒歩 2 分
JR 山手線・京浜東北線 有楽町駅銀座口徒歩 4 分

営業時間 :11:00~20:00(※予定)
休館日 :東急プラザ銀座の休館日に準ずる(※1/1 と年 1 回の不定期休)
公式 HP :zukan-museum.com (一般からのお問い合わせ:info@zukan-museum.com)

TRAVEL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント