EXILE TETSUYA & 橘ケンチ、W TOKYO×LDH JAPAN北九州記者会見に登壇

史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション(以下、TGC)」を企画/制作する株式会社W TOKYO(本社:東京都渋谷区、代表取締役:村上範義、以下:W TOKYO)は、昨年2022年11月1日(火)、株式会社LDH JAPAN(本社:東京都目黒区、代表取締役会長:五十嵐広行、以下:LDH JAPAN)とパートナーシップを組み、全国各地で開催されるTGCの場を活用して、ダンスをはじめとするエンタテインメントと自治体とのコラボレーションを通じた、地域社会への貢献、SDGsの推進を目指す新たなプロジェクトのスタートを発表。これまでに、SDGs推進 TGC しずおか 2023、TGC 和歌山 2023、TGC teen ICHINOSEKI 2023にてプロジェクトを展開して参りました。

そしてこの度、TGC 北九州 2023においても、2社が仕掛ける地方創生プロジェクトの実施が決定し、記者発表会を行いました。

■ 記者発表会に、EXILE 橘ケンチ氏、EXILE TETSUYA氏が登壇。「子供達の笑顔を見れることを楽しみに」

記者発表会には、俳優としての活動をはじめ、2021年3月には「福井市食のPR大使」に就任。今年2023年5月に福井市の道の駅「一乗谷あさくら水の駅」にサプライズ登場し地元の小学生らとともに田植え体験をするなど、様々な形で地方創生、社会貢献活動にも取り組んでいるEXILE 橘ケンチ氏と、本プロジェクトのリーダー的存在でもあるEXILE TETSUYA氏らが登壇。同じ横須賀市出身で、デビュー前から地元でダンスチームを結成、EXILE THE SECONDとしてデビュー後も、2016年には「横須賀盛り上げ大使」に揃って就任し、地元を盛り上げる様々な活動にも取り組んでいる両名および、辻本優一(東京ガールズコレクション実行委員会、株式会社W TOKYO 地⽅創⽣管掌役員)、TGC 北九州 2023の開催地である北九州市の武内和久市長が、プロジェクト実施に向けた想いを語りました。

<写真左から> 武内和久氏(北九州市長)、辻本優一(東京ガールズコレクション実行委員会、株式会社W TOKYO 地⽅創⽣管掌役員)EXILE 橘ケンチ氏、EXILE TETSUYA氏

EXILE 橘ケンチ氏

 地域社会への貢献やSDGsの推進を目指して、ファッションや音楽などが融合した人気イベント「TGC」を企画/制作するW TOKYOさんとLDH JAPANがパートナーシップを組み、今年よりプロジェクトを本格的にスタートさせ、活動をしてきました。LDHは、“エンタテインメントの力を信じて、自分たちが得意とする領域で少しでも世の中の役に立てるように”との想いで活動を続けてきましたが、その想いは、TGCさんとのプロジェクトにおいてもEXILEメンバーのTETSUYAが僕らの最も得意とするダンスを通じてここまでやってきてくれています。

僕はこれまで日本酒や日本文化を介して、あえて“日本創生”という言葉を使って日本の各エリアの生産者さんや職人さん、さらには自治体の皆さんと繋がってきました。EXILE TETSUYAがリードしてくれているダンスを通した活動もしっかりとサポートさせてもらいながら、橘ケンチなりの食や文化を通じたアプローチでも「日本を元気に」にしていけたらと思っています。

ここ北九州でも、しっかりとダンスを通じた地方創生やSDGsを実践しながら、僕自身がライフワークとしてきた食や文化のフィールドでも貢献できることを模索し、新たな出会いを通して日本文化の面からも日本創生やSDGsに取り組んでいけたらと思います。

・EXILE TETSUYA氏

 W TOKYOとLDH JAPANは、自治体とのコラボレーションを通じた「エンタテインメントだからこそできる社会貢献」と「SDGsの推進」を目指す新しい取り組みを行なっています。このプロジェクトでは、自分達の⻑所を活かし、SDGsの3つの目標に取り組んでいきたいと思います。

1、老若男女幅広くダンスに触れ合える機会の創出

各TGCの開催地にて、あらゆる世代の皆さんがダンスに触れ合える機会を創出し、体を動かす楽しさ、踊る楽しさを通じて、SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」を推進していきます。僕がプロデュースしたダンスワークショップショーを体験できるような機会を北九州市でつくりたいと思いますので、実現した際は、是非多くの皆さんに参加いただけたら嬉しいです。

2、ダンスを通じた次世代育成とエンタテインメント体験機会の創出

各TGCの開催地でダンサーを志す学生の皆様へ、TGCに出演するLDH JAPAN所属アーティストのステージにて、ダンサーとして共演できるという夢の舞台を創出。次世代育成と圧倒的なエンタテインメント体験を通して、たくさんの子どもたちの夢をサポートすると同時に、SDGs目標4「質の高い教育をみんなに」を推進していきます。

3、北九州市・W TOKYO・LDH JAPAN みんなで協力

W TOKYO、LDH JAPAN、そして北九州市をはじめとする自治体や地域の皆様とともに、SDGs目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の元、唯一無二の地方創生を実現し、そしてSDGsを推進していくとともに、色々な方へ貢献できるよう活動していきます。

また、これまで各地域で本プロジェクトを実施してきたEXILE TETSUYA氏は、「ワークショップショーでは前方にキッズエリアを設けている。そこで楽しく踊る子供達の笑顔がとても印象的なんです。」と今までの開催を振り返りました。「本当に世代を超えた方々に参加していただいていて、見ても楽しい・踊っても楽しい・歌っても楽しいというステージを作らせていただいています。ここ、北九州でも子供達の笑顔を見れることを楽しみにしています。」と述べ、「僕がダンスの指揮者になって、約1時間楽しんでもらうコンテンツを用意します。参加するみなさんは全く準備もいらないので、気軽に参加してほしい。」と呼びかけました。

最後に、TGC 北九州 2023の開催地、北九州市の武内和久市長より「北九州市では、今年2023年の2月にブレイキンの世界大会が開催された他、市内で多数のダンスイベントが毎年行われるなど、ダンスがとても身近な存在となっています。今回のEXILE TETSUYAさんのダンスを通じた健康づくりの普及活動は、市民主体の健康づくりを推進している北九州市としても大変有難く思います。今回のコラボレーションにより、市民が楽しみながら健康づくりに取り組むきっかけとなるように、イベントの成功に全力で協力したいと思っています。」と、メッセージを頂戴しました。

■ W TOKYO×LDH JAPANで唯一無二の地方創生を実現!エンタメの力で全国を盛り上げる!

W TOKYOはこれまでに、変わり続ける“社会課題”と“青年層”を繋ぐ架け橋として、SDGsという概念を分かりやすく伝え、さらに具体的アクションに繋げる様々なコンテンツをプロデュースしてまいりました。

 一方LDH JAPANは、“エンタテインメントだからこそできる社会貢献がある”という想いのもと、「Dreams For Children・子どもたちに、夢を。」をテーマに、日本、そして世界の未来を担う子どもたちに夢を持つことの素晴らしさを伝え、フットサル大会「EXILE CUP」、ストリートダンスコンテスト「DANCE CUP」、各界で活躍する人物を小・中学校に招き、共同で何かを創り上げるプロジェクト「夢の課外授業」をはじめ、その夢を応援する様々なプロジェクトを展開。所属アーティスト、タレント、スタッフ、LDH JAPAN全体で様々な社会貢献活動に取り組まれています。

これまでにエンタテインメントを志す数々の若者の夢を応援し、夢の舞台を提供し、そして幾多の夢が叶う瞬間を創造してきた日本を代表するエンタテインメントカンパニー2社が仕掛ける本プロジェクトの、今後の展開にご期待ください。

TRAVEL
Liveen Times

コメント