AKB48 新成人17名!倉野尾成美が「雑草魂世代」の飛躍を誓う!

スポンサーリンク


例年、成人の日に国内AKBグループの新成人が神田明神に会し、合同で成人式を執り行ってきたが、今年は新型コロナウィルスの影響で各地方からの移動を自粛し、それぞれのグループで成人式を開催。AKB48は約2か月遅れで21日、17名の成人式を神田明神で執り行った。

朝から東京はあいにくの大雨だったが、色鮮やかな振袖に身を包んだ新成人メンバーが凛として御神殿に向かう姿は、成人を迎えた自覚と喜びに溢れており、御神殿では厳かな雰囲気の中でご祈祷を受けた。


成人の儀を終え、浅井七海、倉野尾成美、坂口渚沙、福岡聖菜、横山結衣の5名が、成人を迎えた感想をそれぞれが語っていた。

坂口渚沙は「頼りないと思われがちなので、『坂口渚沙なら何でも任せられる!』と思われるような大人になりたいです!」とコメント。横山結衣は「年齢にとらわれず、何ごとにも物怖じせずにチャレンジしていきたいです。また一つ一つ小さなことにも感謝できる人になりたと思います」と語った。浅井七海は「成人式をこうして無事に迎えることは自分一人ではできなかったことだと思うので、家族やファンの皆さま、AKB48メンバーやスタッフの皆さま、関わってくださっている全ての方に感謝したいです」と挨拶した。

また、地元の成人式には参加せず、友達が会場から出てくるのを待っていたという倉野尾成美は「1月から少し経ってしまいましたが、無事に成人式の開催が決まり、うれしく思います! 振袖を着る機会は、これからの人生でもあるかないかというくらい貴重なことだと思っているので、ぜひ、この機会に見ていただけたらうれしいです。よろしくお願いします!」とコメント。


福岡聖菜は「12歳からAKB48に加入して8年が経ちますが、毎年先輩方の晴れ姿を見てAKB48の成人式に憧れていたので、こうして開催できて、晴れ姿を皆さまに見ていただけたことが何より嬉しいです」と喜びを語った。

その後、AKB48成人式恒例の「今年の新成人を表現するなら何世代?」の問いには、倉野尾は「雑草魂世代です!」と回答した。

「個性が強く、色々なメンバーがいる世代だと思います。エリートコースではないけれど、中学生からAKB48として活動している子も多く、根性があると思います。それぞれがいろいろな道で活動しているので、これからも「雑草魂」を忘れず、AKB48を新成人17名でさらに盛り上げていきたいです!」と熱意を込めた。

成人式という人生で一度しかない経験できない今日の為に、一人一人が想いを込めて用意した振袖も、新成人メンバーに一層の華やかさを加えていた。


倉野尾は「ちょうど1年くらい前に状況がガラッと変わって、活動もだいぶ制限されてしまいました。ただ、時間ができたので、自分の中でいろいろ考える時間ができた。良くも悪くもいろんなことを考えて、自分的にはラスト10代でしたけど、ラスト10代でここまで思ったような活動ができないことはすごく悔しかった。悔しかったからこそ、20歳を迎えた今は「これからだ」と決心もついきました。みんなが飛躍できるように、そんな20代にしたい」と誓った。

劇場公演が再開したことにも触れ、倉野尾は「皆さんにステージで見せていける機会をつくっていきたい。私たちメンバーも期待を込めていきたい。AKB48を盛り上げていきたい」と語った。

成人式終了後にはライブ配信アプリ「17LIVE」で、「2021年新成人メンバー成人式&スペシャルアフタートーク」を開催。12時からは成人式の模様をVTR配信し、13時からは、MCを先輩メンバーの武藤十夢が務め、晴れやかな表情の新成人メンバー17名による振袖の披露や、今年の抱負などを発表した。

■新成人:計17名

前田彩佳・山根涼羽(チームA)
長友彩海・武藤小麟(チームK)
福岡聖菜(チームB)
浅井七海・黒須遥香・佐藤妃星(チーム4)
尾上美月・倉野尾成美・坂口渚沙、鈴木優香・高岡薫・永野芹佳・橋本陽菜・服部有菜・横山結衣(チーム8)

ⒸAKB48

STAR
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント