田中美久、HKT48劇場にて卒業公演を開催!10年間の応援に感謝

2013年11月の劇場公演デビューから約10年。HKT48の第3期生として、そしてグループのエースとして活動してきた田中美久が本日、HKT48劇場にて卒業公演を開催いたしました。

公演冒頭のMCでは田中との思い出をメンバーが振り返り、ベトナムでの仕事の際に、他のメンバーは全員キャリーケースを引くなか、トートバッグのみの身軽な姿で空港に現れたエピソードなど、個性的でマイペースな田中の思い出話に終始、笑いが起こっていました。

そして迎えた卒業セレモニー。約10年間の軌跡映像が流れ、ピンクのミニドレスで登場した田中はソロで「私だってアイドル!」、そして同期の3期生メンバーと「卒業旅行」、そして最後は自身初選抜となった楽曲「桜、みんなで食べた」を出演メンバー全員で披露。スピーチではファンの皆さんに感謝の気持ちを伝え、感極まって涙を流すシーンもありました。また、2024年1月1日付でam(アム)合同会社へ移籍し、ファンクラブを開設することを発表。大きな拍手に包まれながら卒業公演は幕を下ろしました。

2024年3月9日(土)には、1日だけアイドルに戻り、福岡サンパレスホテル&ホールにて「田中美久 卒業コンサート ~10年分の感謝を込めて!みんなで一緒にみくもんもん~」を開催いたします。

<卒業スピーチ抜粋>

とうとうこの日が来ちゃったんだなって寂しい気持ちもあるんですけど、10年続けられるって自分で言うのもあれなんですけど、本当にすごいことだなって思って、でも何度も何度も辞めたいなって思うときはもちろんあったんですけど、どんな壁が立ちはだかっても、ファンの方がいてくれたから本当にやってこられたなって思っていて、順風満帆な日々ではなかったんですけど、最初の頃は握手会でファンの皆さんがたくさん並んでくれたから、きっと自分は選抜入り出来て、ずっと選抜を続けてこれて、自分が立ち位置とかで悩んでいるときも、ファンの方がAKB48の選抜総選挙で45・28・10位と、どんどん順位を上げてくださったから、今のこのHKT48でのポジションに立たせていただいているなって思います。ファンの方が私をここまで連れてきてくれたなって本当に思ってます。本当にありがとうございます。

ファンの方には本当に感謝していて、辛いこともいっぱいあったんですけど、たくさん支えてくれたから、どんなに辛くてもやってこれたので、これからグループを卒業して一人でやっていくっていうのは、正直不安でいっぱいなんですけど、変わらず応援してくださるファンの方がいるって思うと本当に安心するし、グループにいる後輩はどんどん頼もしく成長しているので、私も卒業してからもいい背中を見せ続けたいなって思います。

自分はまだ、芸能活動を続けるので、これからもTVだったり、グラビアだったり、色んなところで皆さんに見ていただけたらいいなと思います。

私も心配なんですけど、どんどん人間として成長していけるように頑張りたいなと思うし、ファンの方が一番心配していると思うんですけど、安心してもらえたらいいなって思います。本当に約10年間、応援ありがとうございました。

©Mercury

<公演概要>

18:30開演 チームKⅣ「ここにだって天使はいる」公演
田中美久 卒業公演
出演メンバー/秋吉優花・井澤美優・今村麻莉愛・江口心々華・栗山梨奈・坂本愛玲菜・竹本くるみ・田中伊桜莉・田中美久・地頭江音々・松岡はな・山下エミリー・石橋颯・最上奈那華・福井可憐・森﨑冴彩/荒巻美咲・栗原紗英・山内祐奈

MUSIC
Liveen Times

コメント