NMB48 Summer Fes.2023 ~アッチッチーム祭り~が開催!

7月14日(金)にコンサート「NMB48 Summer Fes.2023 ~アッチッチーム祭り~」を大阪・Zepp Osaka Baysideで開催しました。

本公演は、TeamN、TeamM、TeamBⅡがチームごとのステージを繰り広げる対バン形式をメインとしたコンサート。9期研究生も参加し、チームそれぞれの個性をぶつけ合う熱いパフォーマンスで観客を楽しませました。

トップバッターは“TeamBⅡ”。間奏中にメンバーが夢を語る「すべては途中経過」、リクエストアワーで1位に輝いた「スワンボート」など5曲を、元気さとフレッシュさを前面に出してパフォーマンス。

続くTeamMはバラエティー力の高いメンバーが多いということで、お芝居(寸劇)を交えた構成に。「彼女になれますか?」「なぜ僕は立ち上がるのか」など5曲を自由奔放に、メンバーそれぞれの個性を生かして魅せました。

TeamNはメンバーの萌え台詞が聴ける「永遠プレッシャー」や“ダンス”のスキルの高さを生かした「点滅フェロモン」「命のへそ」などを披露しました。

MCコーナーでサプライズ音が鳴り、女性ファッション誌のスタッフが作る「山本望叶の女性ファッション誌」の出版決定が発表されました。仮タイトルは「and Mikana」で2023年秋に刊行され、季刊で定期発行されることに。それを聞いた山本は「初知りです! えぇ、嬉しい! ありがとうございます!頑張ります!」と喜びを伝えました。

終盤は最新アルバム『NMB13』のリード曲「Done」、定番の夏曲「ナギイチ」「僕らのユリイカ」などを全員で披露。「サササ サイコー!」を歌ってハッピーな雰囲気の中、「みなさんのおかげで夏のサイコーのスタートを切ることができました。今日はお越しいただき、本当にありがとうございました!」とキャプテン小嶋花梨が挨拶し、本編が終了しました。

アンコールでは、メンバーがTシャツに着替えて再登場し、「想像のピストル」を披露。その直後にこの日2度目のサプライズ音が鳴り、金子剛NMB48劇場支配人が登場。「NMB48、更なる活性化のために組閣いたします!」と、この秋から新チームがスタートすることを発表しました。

それぞれのメンバーの所属チームが発表され、新たにNMB48独自の役職「プレイング・パフォーマンス・師範」に石田優美を抜擢することも発表されました。

サプライズ発表はそれだけではなく、緊急告知として13周年を記念した“周年コンサート”を9月に開催することを発表しました。今回は東名阪ツアー。9月14日(木)が愛知・Zepp Nagoya、22日(金)が東京・Zepp Haneda、23日(土)が大阪・オリックス劇場。さらに24日(日)はオリックス劇場で「13th Anniversary LIVE」として昼夜2公演で開催が決定。

更なるサプライズとして、10月4日(水)に28thシングルのリリースが決定、そのカップリングに新チーム曲も収録されることも発表されました。たくさんのサプライズ発表が行われましたが、最後は「青春のラップタイム」を歌唱し、この日の公演の幕が下ろされました。

(C)Showtitle

【NMB48 13周年東名阪ツアー】

9月14日(木)Zepp Nagoya/9月22日(金)Zepp Haneda/9月23日(土)オリックス劇場

【NMB48 13周年コンサート】

9月23日(土)オリックス劇場

MUSIC
Liveen Times

コメント