PKCZ®︎ 初の単独ライブ東名阪3公演完走! 何でもありの熱狂の宴!

フロントメンバーとして、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)、EXILE MAKIDAI、DJ DARUMAを擁するクリエイティブユニット・PKCZ®が、初の単独ライブ『「PKCZ®感謝祭2023」〜100万回のアリガトウ〜』を東名阪で開催。6月23日、渋谷・Spotify O-EASTにて東京公演を行なった。

PKCZ®は昨年12月に「T.O.K.Y.O.」(DA PUMP「U.S.A.」の公認アンサーソング)のMVを公開した際、「公開から2週間で100万回再生を超えたら初の単独LIVEを開催!」という公約を掲げており、ぴけし隊(PKCZ®ファンの総称)の強力サポートのおかげで見事ミッションをクリア。華金の渋谷を舞台に、全力で“ぴけし隊”への感謝の気持ちを伝える3人と、単独ライブを待ちわびていた“ぴけし隊”による、熱狂の宴が繰り広げられた。

「えっ、俺って気づいてる?(笑)」

開演前から、白濱による影アナウンスで一気に沸くフロア。見渡せば、1階はすでに後方まで埋まり、ライブハウスでのオールスタンディングに慣れていない観客には、なかなかハードな空間が広がっていた。そんな不安を察するように「お隣の人、前後の人に優しい気持ちを持って、ライブをご覧になってください。“はい”は?」と語りかけると、フロアから元気な返事が届く。それはまるで“お互いに身体と心を預け合って全力で楽しむこと”への選手宣誓のようで、コロナ禍以降、封印されていた密度の高いライブが、今まさに始まろうとしていた。

ほどなくして、ラジオ『TOKYO M.A.A.D SPIN』(J-WAVE)の番外編と題し、同番組の金曜パーソナリティを務めるMAKIDAIとDARUMAが影アナウンスに登場。軽快なトークでひとしきり盛り上げた後、凄まじい歓声を浴びながら、満を持して3人が姿を現した。ステージ中央にはDJブースが3つ並んでおり、上手にはDARUMA、下手にはMAKIDAIがスタンバイ。お立ち台に上がった白濱がマイクを握ると、感謝祭を開催するきっかけとなった「T.O.K.Y.O.」が、「PKCZ®感謝祭2023」〜100万回のアリガトウ〜』の幕開けを告げた。

ステージスクリーンには、百戦錬磨のVJチーム BENZENEが手掛けた映像が賑やかに踊り、白濱のパワフルなボーカルが鳴り響く。MAKIDAIとDARUMAも、“T.O.K.Y.O.”コールや御輿を担ぐようなTOKYOおみこしダンスで参戦。早くもお祭りモード一色のフロアを、新生PKCZ®の代表曲「GLAMOROUS」、中毒性の高い「Sonic Special Stage(PKCZ® REMIX)」が容赦なくかき混ぜていった。間髪容れずにMAKIDAIが「まだまだ楽しんでいける人? hands up!」と煽り、「PLAY THAT feat. 登坂広臣,Crystal Kay,CRAZYBOY」へ。同曲は2015年に開催された『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2015「BLUE PLANET」』で初披露されて以来、数々の会場を沸かせてきた代表曲で、〈騒ごう Tonight〉と繰り返すØMI(登坂広臣)のボーカルにMAKIDAIがスクラッチで華を添えれば、“パーリーピーポー”のテンションは高まるばかり。LDHの仲間たちと育ててきた“絶対的なアンセム”が、特別な夜に打ち上がった。

次の瞬間、美しいハイトーンボイスが舞い込み、フロアを少しクールダウンさせる。今年、ソロ活動を再始動させたEXILE SHOKICHIとのコラボ曲「Cult of Personality feat. EXILE SHOKICHI」である。また、今回のライブは、PKCZ®に縁のあるLDH所属アーティストからのシャウトが随所に盛り込まれており、この曲もSHOKICHIからのメッセージを織り込んだ仕上がりに。粋なサプライズ演出に、フロアの至るところから悲鳴に似た歓声が上がっていた。

ガールクラッシュブームの先駆けとなった2NE1の元リーダーCLと、世界的プロデューサー AFROJACKを迎えた「CUT IT UP feat. CL & AFROJACK」では、映画『キル・ビル』の殺陣チームが制作に参加したという和テイストのMVを背にして、MAKIDAIと白濱が華麗なステップを披露。2人の姿を見守りながら、黙々とプレイするDJ DARUMAの表情は実に優しい。縁の下の力持ちとしてグループを支えるDARUMA、臨機応変に立ち回るムードメーカー MAKIDAI、新たな刺激を持ち込む陽気な末っ子・白濱。これこそが、今のPKCZ®のベストなバランスなのだろう。

MAKIDAIや白濱も出演しているMVがスクリーンに映し出されると、EXILEの楽曲「PARTY ALL NIGHT(REMIX)」から【EXILE TRIBE ZONE】が始まった。EXILE NESMITHが「今日はみんなで一緒にA! SO! BO!」とリードしたのは、EXILE THE SECONDの「ASOBO! feat. Far East Movement」。SECONDのライブでお馴染みの「OH~」(横揺れダンス)はPKCZ®でも健在だ。各グループの人気曲が次々に会場をジャックし、三代目 J SOUL BROTHERS「Summer Madness(PKCZ® REMIX)」から繋いだGENERATIONS「Sing it Loud(ALAN EDIT Ver)」では、初の単独ライブ開催を祝い、関口メンディーが「おメンディ~~~!」とシャウト。「CHAIN BREAKER feat.登坂広臣,CRAZYBOY(MASH UP〜オリジナル AL ver.)」にはØMI、三代目JSBの「R.Y.U.S.E.I.(Maozon Remix〜オリジナル)」には今市隆二からのメッセージも加わり、EXILE TRIBEメドレーを華やかに彩った。

ちなみに、DJカルチャーに馴染みのない人の中には、DJ=既存曲を繋いで流すだけというイメージを持っている人もいると思うが、PKCZ®のライブは、それとは全く異なる。メンバー自ら歌唱するオリジナル曲もありながら、既存曲に関しても、楽曲そのものが持つパワーとDJプレイ、ダンスミュージックに寄り添う映像、当日限定のステージング――ありとあらゆる要素が融合し、目の前で新たなエンタテインメントが生まれていくのだ。そして、骨太のビートの上では、ある意味、アーティストもファンも変わらない。音楽が好き、この空間が好きという絆で結ばれている人間同士が、共に叫び、踊り、笑顔を交わすだけ。特に三代目JSBの「R.Y.U.S.E.I.」で、三代目メンバーがいない場内に“ぴけし隊”の歌声が充満する様は、PKCZ®のライブならではの光景だろう。ステージに立つ3人と共に誇らしげに掲げたポーズ(手で三角形を作って額に添える、三代目JSBのライブではお馴染みのポーズ)も、LDHにPKCZ®が存在する意味や、彼らが日々実感している“音楽の力”を示していた。

「もっともっと高くいけますかー!?」

MAKIDAIの声を合図に、DJブースやスクリーンに炎が映し出されると、『HiGH & LOW THE MOVIE』の主題歌としても人気の高い「HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike」(EXILE TRIBE)を投下。同作で雨宮兄弟の兄・雅貴を演じたEXILE TAKAHIROも名台詞「お兄ちゃんの話を聞きなさい!」をシャウトし、場内のボルテージを高めていく。MCでは、そんなシャウトがお気に入りになってしまったMAKIDAIが「お兄ちゃんの話をぉ〜!?」「聞きなさ〜い!」という斬新なコール&レスポンスを展開し、「ぴけし隊ならではの瞬発力!」と、観客のノリの良さを大絶賛。ようやくマイクを握ったDARUMAは、PKCZ®が感謝を伝えるための感謝祭なのに、自分たち以上の感謝を“ぴけし隊”からもらっていると述べつつ、「最高です!」と絶叫。現在、GENERATIONSの一員としてデビュー10周年ツアーを行っている、アイデアマンの白濱は「こんなライブってできるんだ! っていう新たな発見がありました」と声を弾ませた。

トーク面でも繋ぎ上手なところを見せた3人は、【DJ TIME】でも三者三様のプレイスタイルでフロアを沸かせた。トップバッターのMAKIDAIは、EXILE「Choo Choo TRAIN」のイントロから、SWAYのシャウトで加速した「DJ MAKIDAI feat.GENERATIONS from EXILE TRIBE & SWAYの「Organ Donor ~OFF DA HOOK~」や三代目JSB「J.S.B. DREAM」で熱狂に導いていく。DARUMAは、PKCZ®のオリジナル曲「ROAM AROUND feat. GENERATIONS from EXILE TRIBE」で助走をつけてから、DOBERMAN INFINITY「JUMP AROUND ∞」のイントロをサンプリングし、観客と共にジャンプ。

それでも「もっとできる気がする!」と納得いかない様子で、しゃがんでからのジャンプを求めると、“ぴけし隊”はダイナミックなジャンプでメンバーへの愛を表現。その後も、DARUMAの絶妙なさじ加減でボリュームが変わるサウンドに合わせて、時に弱々しく時に力強く「HEY!」を叫んだ。続く白濱のターンでは、学校のチャイムが鳴り響く中、「夢のような課外授業に連れて行きます」と語りかけ、単独ライブのために作ってきたという「T.O.K.Y.O.(ALAN Remix)」を披露。

ここでは新たな試みが用意されており、場内の照明を全て落とし、音に身を委ねるという新感覚の音楽体験を届けた。白濱が紡ぐ音を全身に浴びて、ただひたすらビートに突き上げられる不思議なひととき。感覚が研ぎ澄まされたブレイクから一転、一斉に照明が点くと、あらゆる情報が急激に飛び込んできて、世界はより鮮やかな光を放った。さらに【DJ TIME】の後には、「Gekka Bijin」「HARD LUCK MADNESS」という新曲2曲をプレゼント。初見の観客が多いとは思えないほど、自然とリズムを刻む手拍子がPKCZ®を温かく包み込んだのだった。

本編終盤に待ち受けていたのは【THROW BACK ZONE】。「今、世界で一番ホットな場所はどこですか!?」という白濱の煽りにDARUMAが「Right here!」と答えると、『HiGH&LOW』シリーズの挿入歌『MIGHTY WARRIORS (ALBUM Ver) feat. Afrojack,CRAZYBOY,ANARCHY,SWAY,MIGHTY CROWN (MASTA SIMON&SAMI-T)』と、三代目JSBの「Feel So Alive」を立て続けに披露した。

EXILE THE SECONDの「GOING CRAZY」では、3人が「Choo Choo TRAIN」さながらのロールダンスをしながら、豪快にタオルを回す場面も。タオルを回すにあたって、持ち手を固く結びすぎて解けなくなってしまったMAKIDAIと、それを優しく解いてあげるDARUMAのやりとりには、ほのぼのとしたムードが漂っていた。きっとそこが、彼らが多くの人から愛される理由なのだろう。SNSを見ると、撮影タイムで“ぴけし隊”が撮影した写真にも、自然体で楽しむ3人の姿が収められていた。

撮影後のMCでは、PKCZ®がJR東日本「FUN!TOKYO!」応援隊長に任命されたことを受けて、MAKIDAIが東京の名所を紹介する流れに。だが、渋谷や浅草の良いところを語るたびに、白濱からLDHアーティストの第二の地元・中目黒を激推しされ、MAKIDAIもタジタジに。最終的には、「上京してもう今年で15年経つんですけど、僕は中目黒が好きなんですよ! 中目黒中目黒中目黒ぉ!」と叫ぶ白濱に、MAKIDAIが「もういいじゃん!」と言い返し、「もういいじゃん」に突入した。それだけでも爆笑必至なのに、ふと気づくとDARUMAも、同曲のMVで白濱が被っていたマッシュルームヘアに変身しており、前向きな歌声を響かせる白濱と、サラサラのキノコヘアをなびかせるDARUMAが、交互に視線を奪っていく。

MAKIDAIの「かいほぉ〜お!」コール&レスポンスから始まったのは、「もういいじゃん」と同じく、白濱が作詞(JAY’EDと共作)を手掛けた「煩悩解放運動」。今市隆二やJAY’ED、DJ DARUMAが作詞に参加したラストナンバー「Gravity」では、スマホのライトで星の光を演出した。しかし、やはりそれで終わらないのがPKCZ®。幻想的に感じたのは一瞬で、白濱が歌いながら枕を持ってくると、ライブは意外な方向へ。ステージ上で横になったり、枕を振ったりと、前代未聞のパフォーマンスに笑顔が溢れる中、何でもありの本編が終了した。

アンコールで再び登場した3人は、最後の力を振り絞って本邦初公開の「PLAY THAT(ALAN Ver)」を披露。本来、ØMIやCrystal Kayが分担しているパートを1人で歌いこなす白濱に、ボーカルとしてのプライドを感じる一方で、長年PKCZ®の音楽を止めずに走り続けてきたMAKIDAIとDARUMAの顔には、ここからますます楽しくなるであろう新生PKCZ®に対する期待が輝いている。DARUMAも先のMCで言っていたが、「『PKCZ®感謝祭』、楽しかったですか!?」と呼びかけたMAKIDAI自身が、“ぴけし隊”以上にたくさんの感謝をもらったようだ。最後は一列に並び、フロアに向かって深々と一礼。メンバーがどれだけ感謝を伝えても、彼らを求める声は止むことを知らず、3人が颯爽とステージを去った後も、心地よい残響と熱が“ぴけし隊”とPKCZ®を繋いでいた。

PKCZ®︎ info

LDH JAPAN 所属のクリエイティブ・ユニット。
音楽、ファッション、アート、カルチャー 等、様々なジャンルで「本物の感動や理屈抜きに カッコ良いと思える感覚」を MIXし、新しい価値を創造するクリエイティブユニットとして活動を開始。

フロントメンバーとして EXILE/GENERATIONS 白濱 亜嵐、EXILE MAKIDAI、DJ DARUMAに加え、クルーメンバーとしてJOMMYを擁する。2021年3月 白濱亜嵐がボーカルに初挑戦した新体制初デジタルシングル「GLAMOROUS」を皮切りに、2021年8月 LDH 史上最高にファニーでサイケデリックな楽曲「煩悩解放運動」、2022年5月に プロマイドの老舗・浅草マルベル堂にて撮影した昭和歌謡テイストのジャケットが話題となった「もういいじゃん」をリリース。

2022年12月には、DA PUMPの国民的ヒット曲「U.S.A.」にインスパイアされた公認アンサーソング「T.O.K.Y.O.」をリリース。2023年にはPKCZ®ファン「ぴけし隊」との公約を果たすべく【初の単独LIVE開催】を開催するなど、更なる活動/クリエイティブが期待されている。

【ホームページ】https://www.pkcz.jp

MUSIC
Liveen Times

コメント