NiziU、初のドーム公演「NiziU Live with U “Burn it Up”」が京セラドーム大阪で閉幕!

ミュージックシーンを席巻中の9人組ガールズグループ“NiziU”(読み:ニジュー)初のドーム公演「NiziU Live with U “Burn it Up”」の大阪公演が、12月17日(土)、18日(日)に京セラドーム大阪で開催。二日間で8万人以上を動員し、大盛況の中閉幕した。

NiziUは今年8月よりアリーナツアー「NiziU Live with U “Light it Up”」を開催。同ツアーは発表とともに大きな話題をさらい、チケット一般発売後10分足らずで、全てが完売しプラチナチケットに。急遽、宮城での公演が1日追加され、全国7都市16公演を巡る“初”にして大型の単独ツアーとなった。今回行われたドーム公演「NiziU Live with U “Burn it Up”」は、そのアリーナツアーの東京公演最終日に急遽発表され、来場のオーディエンスは歓喜。東京・大阪2大都市のドーム公演4daysで18万人以上を動員、先のアリーナツアーと合算すると累計33万人以上を動員し、全ての公演がソールドアウトしている。

記念すべき初のドーム公演「NiziU Live with U “Burn it Up”」は開演すると先述のアリーナツアーからの新たな旅を示唆するピンク色の船型セットに乗り登場したメンバーによる、デビュー曲「Step and a step」のドーム公演オリジナルアレンジバージョンのパフォーマンスからスタート。

先日初の『THE FIRST TAKE』でのパフォーマンスも注目を集めた「Make you happy」を始め、「Take a picture」「Poppin‘ Shakin’」など、これまでリリースしたヒット曲の数々をたたみ掛け、さらに12月14日(水)にリリースされたばかりで、12/17付けオリコンデイリーシングルランキングで1位を獲得したニューシングルから「Blue Moon」も披露し、バラエティー豊かなセットリストを次々に展開し会場を熱狂させた。

「Twinkle Twinkle」や「9 colors」などのナンバーでは彼女たちの歌唱力を存分に聴かせ、彼女たちの楽曲の多様性を知らしめつつ、どんどん上がる会場のボルテージ。ライブの中盤には、MAKO、RIO、MAYA、RIKU、AYAKA、MAYUKAによる「Heartbeat」(2PM カヴァー)と、RIMA、MIIHI、NINAによる「Nobody」(Wonder Girlsカヴァー)のパフォーマンスを行う。

鮮烈なパフォーマンスが視聴者の脳裏にも焼き付き、NiziUを生み出したオーディション・プロジェクト「Nizi Project」の中でも注目を集めた2曲を披露するというサプライズは会場を大いに沸かせ、さらに先のアリーナツアーでも印象的であった、ラップ、ダンス、ボーカルの3チームに分かれたユニットステージも然り、ドーム公演ならではのステージの数々はオーディエンス全てを魅了した。

その後も「CLAP CLAP」や「Chopstick」などNiziUを代表する楽曲を次々に披露し、アンコールではこちらもドーム公演ならではのフロート上での歌唱など、大規模で特別な演出が満載の初のドーム公演は約3時間半にも及び、2日間を通して来場の約8万人が熱狂。2022年締めくくるにふさわしい彼女たちのコンサートは大盛況の中終了した。

また、12月18日(日)公演のアンコールでは、新曲「Paradise」(読み:パラダイス)が、2023年3月3日(金)に公開の『映画ドラえもん のび太と空の理想郷(ユートピア)』の主題歌となることが発表された。ステージ上に、ドラえもんとのび太が登場し、待望の最新予告映像が流れると、会場は大きな拍手に包まれた。NiziUメンバーと、全世界で愛されるドラえもん・のび太との掛け合いは会場を大いに沸かせ、新曲が大型映画作品の主題歌に決定したというビッグニュースに、来場のWithU(NiziUファンの呼称)全てが歓喜した。

アリーナツアーから始まり、メンバーの更なる可能性を見出すことができたNiziU初の単独ライブがついに終了した。この間、『KCON』や『2022 MAMA AWARDS』など韓国のイベント・授賞式にも積極的に出演し、さらに先日12月13日に行われた『2022 Asia Artist Awards in Japan』では“HOT TREND”と“BEST MUSICIAN”の2賞を受賞し、日本のみならず海外にもその存在感を知らしめて来た彼女たち。今回のライブを経て、さらに成長をとげた彼女たちが我々に見せてくれるであろう“ネクスト・ステージ”はどのようなものか、引き続き目が離せない。
さらに大型タイアップが決定している、新曲「Paradise」についても乞うご期待。

撮影:田中聖太郎

<Info>
【新曲「Paradise」が、2023年3月公開『映画ドラえもん のび太と空の理想郷(ユートピア)』主題歌に決定!!】

<作品概要>

■公開日 :2023年3月3日(金)公開
■タイトル:『映画ドラえもん のび太と空の理想郷(ユートピア)』
※「映画ドラえもん」と「のび太と空の理想郷」の間は半角スペースでお願いします。
■原作:藤子・F・不二雄
■監督:堂山卓見
■脚本:古沢良太
■キャスト:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一
マリンバ:井上麻里奈 ハンナ:水瀬いのり
ソーニャ:永瀬廉(King & Prince)
■主題歌:NiziU『Paradise』(ソニー・ミュージックレーベルズ)
Ⓒ藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2023
■公式HP:https://doraeiga.com/2023/

【THE FIRST TAKE初出演!!「Make you happy」公開中】
https://youtu.be/bV0VA2AOYJc

■YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」チャンネルトップページ
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

■NiziU コメント
この曲は”あなたを笑顔にする”という意味の曲なので、私たちがエナジーたっぷりで歌ってみなさんを笑顔にさせたいっていう気持ちを込めて歌いました。

■RULES
白いスタジオに置かれた一本のマイク。
ここでのルールはただ一つ。
一発撮りのパフォーマンスをすること。

A microphone and a white studio.
And 1 rule.
You’ve got 1 TAKE.

■STATEMENT
ありのままの自分を。
ありのままの音楽を。
一度きりにこめる。

THE FIRST TAKE
ありのままの世界へ。

Your Music.
Your Everything.
All in this one take.

THE FIRST TAKE
Less Filter, More Music.

■「THE FIRST TAKE」とは

「THE FIRST TAKE」(ザ・ファースト・テイク)はミュージシャンによる一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル。
2019年11月15日(金)にローンチし、チャンネル登録者は706万人(※12/16時点)を達成し、日本の音楽ジャンルでのYouTubeチャンネルのなかで、アーティストの公式チャンネル以外では最多の登録者数となり、音楽ジャンルでは、最速で500万人そして600万人を達成したチャンネルとなっている。グローバルチャンネルとしての注目度も高く、配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や、今年の5/3、5/4には初の有観客ライブ「INSIDE THE FIRST TAKE supported by ahamo」(会場:舞浜アンフィシアター)も開催。今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルである。

■「THE FIRST TAKE」OFFICIAL
Web Site:https://www.thefirsttake.jp/

MUSIC
Liveen Times

コメント