本田仁美、チームA「重⼒シンパシー」公演で新衣装の特徴を活かすパフォーマンスを披露!

スポンサーリンク

4⽉19⽇(⽕)から始動したAKB48 新チーム体制。倉野尾チーム4「サムネイル」公演、⽥⼝チームK「逆上がり」公演、浅井チームB「アイドルの夜明け」公演に続き、AKB48グループ総監督でもある向井地美⾳がキャプテンを務める新チームA「重⼒シンパシー」公演が初⽇を迎えました。

向井地美音、大竹ひとみ、込山榛香、千葉恵里、中西智代梨、福岡聖菜、本田仁美、武藤小麟の8人が初日に出演。AKB48最新シングル「元カレです」(5月18日発売)でセンターを務める本田仁美が出演し、ゲネプロには多くの報道陣が集まった。

冒頭の自己紹介では「AKB48に加入して9年目ですが、チーム8以外の公演に出るのは初めてです!チームBと兼任していましたが、リハには出ていましたが公演は出ていませんでした。今日は緊張していますが、みんなと力を合わせて頑張りたいです」と意気込みを語っていた。

本田は、ユニットでは大竹、中西と「そのままで」を明るく華麗にパフォーマンス。

ソロでは高橋みなみの持ち曲であった「お手上げララバイ」をアグレッシブに髪を振り乱しながら披露した。

「お手上げララバイ」について、向井地は「私的には、一番良いのはひぃちゃん(本田)の『お手上げララバイ』。たかみな(高橋みなみ)さんの曲なわけじゃないですか。たかみなさんが歌っていた時、面白い曲みたいな感じになっちゃってたんですけど、ひぃちゃんがやると『こんなにおしゃれになるんだ』って。全然まだ違う『お手上げララバイ』」と目を丸くしていた。

ラストは本田仁美と千葉恵里のダブルセンターで「旅⽴ちのとき」をしつとりと熱唱。存在感がある圧巻のパフォーマンスだった。

ゲネプロ後の囲み取材で本田は「リハーサルとか準備する期間はすごく⻑かったんですけど、本番をこうして迎えて、いざパフォーマンスをするとあっという間だったなと感じます。みんなで時間をかけて準備してきて、この準備期間の中で仲も深まり、『これからチームAがスタートする』という想いをみんなで共有できたと思います」と挨拶。

振り付けに厳しいことで知られる本田は、「(新チームAに)話したことのないメンバーがたくさんいたので、レッスンをしていく中でちょっと気になったところとかも「言っていいのかな」と思ったりもしたけど、すごくみんなレッスンにも意欲的に取り組んでいて、みんなでいいものを作ろうという思いがすごくあったので、このチームはもっともっと成長していけるなと思いましたし、私自身もまだまだ未熟なんですけど、もっともっとブラッシュアップしていって、いい公演を作っていきたいな、とゲネプロを終えて改めて思いました」と語った。

歌唱力で公演を盛り立てた大竹は「パフォーマンスの話になるとどうしても本田警察の話になりがちだと思うんですけど、みーおん(向井地美音)さんもそれぞれの曲でものすごくたくさんメモしてきてくださっていて。全体の見栄えもそうなんですけど、1人ひとりの振りのここがこう違うというところまで全部動画とかで確認していただいていて、次のレッスンには修正ポイントを全部て訂正してくださっていたところが、私的にはすごく助かって」とコメント。

続けて「第1警察と第2警察によってパフォーマンスが見られている」と大竹が語ると、本田は「みーおんさんは動画とかを見てしっかりチェックする感じ。私は即座に言うという感じです」と違いを語っていた。

新公演にあたって、新衣装もお披露された。ファッションについて拘りがある本田は「ユニット曲2つとも新衣装で、これ(囲み取材での衣裳)も新衣装です。本当に一人ひとりのイメージに合わせて作ってくださったなと思っています。衣装さんも『ひぃちゃんに似合うように頑張って考えてるよ』と言って作ってくださったので、衣装の特徴を活かせるようなパフォーマンスを個人的にも頑張っていきたいなと思います」と意気込んでいた。

続けて本田は「私はユニットは早替えなのですが、装着するものがすごく多いので、早替えなどよりも衣裳に拘ってくださったんだという想いがあります。感謝の気持ちを込めてパフォーマンスしたいなといつも思います。」と感謝を語った。

●AKB48 新チーム A 本⽥仁美 コメント

リハーサルとか準備期間は⻑かったんですけど、いざ本番を迎えるとあっという間だったなと感じます。みんなで時間をかけて準備してきて、この準備期間の中で仲も深まったなと思います。「良い公演にしよう」という想いがみんなにあったので、このチームはもっともっと成⻑していけるなと思いましたし、私⾃⾝もブラッシュアップして、さらに良い公演をつくっていきたいです。私の⾐装は韓国⾵になっていたりとか、⼀⼈⼀⼈のイメージに合わせた新⾐装も⽤意していただいたので、⾐装の特徴とかも活かせるようなパフォーマンスをお⾒せしたいです。

■AKB48 向井地チームA 「重力シンパシー」公演

セットリスト

M1.女神はどこで微笑む?
M2.ハートのベクトル
M3.重カシンパシー
M4.水曜日のアリス
M5.そのままで
M6.君のc/w
M7.思い出す度につらくなる
M8.お手上げララバイ
M9.キンモクセイ
M10.1994年の雷鳴
M11.涙に沈む太陽
M12.素敵な三角関係
M13.デッサン

ENCORE

EN1.AKBフェスティバル
EN2.キミが思ってるより⋯
EN3.旅立ちのとき

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント