徳永羚海、AKB48 TeamBゲネプロ初のフル参加! 「新衣装は初のオリジナル衣裳でテンションあがります」

スポンサーリンク

4 ⽉ 19 ⽇(⽕)から始動したAKB48 新チーム体制。倉野尾チーム 4「サムネイル」公演、⽥⼝チーム K「逆上がり」公演に続き、浅井七海がキャプテンを務めるチーム B「アイドルの夜明け」公演が初⽇を迎えました。

この日はキャプテンの浅井七海、石綿星南、稲垣香織、大盛真歩、坂口渚沙、佐藤美波、徳永羚海、左伴彩佳が出演しました。

チーム8鳥取県代表と兼任している徳永羚海は、ゲネプロ初のフル参加となった。

MCの場⾯では、本⽇が初の劇場フル出演となる徳永が「始まる前は本当に緊張していたんですけど、思っていたよりあっという間でした。ファンの⽅もたくさん⼿拍⼦をしてくださっていて、とても楽しいです︕」と話し、浅井も「本当にしっかりしている」と徳永をベタ褒め。

ユニットでは坂口、稲垣とともに「残念少女」を純白の衣装でキュートに披露。

徳永は浅井、佐藤とともに「片思いの対角線」をカラフルな衣裳で熱唱。

終盤には、制服⾐装で『⼥⼦⾼⽣はやめられない』がパフォ―マンスされた。ぬいぐるみを持ちながら踊るというキュートなパフォーマンスで目が釘づけ。続けて『好きと⾔えばよかった』『そばかすのキス』をノンストップで披露された。

最後は『タンポポの決⼼』を全員で歌唱し、本編を締めくくりました。


アンコールが開けると『B Stars』『横須賀カーブ』を2曲続けて披露。アンコールの最後は、可愛い王道アイドルを伝統としてきたチームBらしく『アリガトウ』をしっとりと歌唱しました。

ゲネプロ後の囲み取材で徳永は「私自身、初めての劇場公演フルデビューとなりました。本当にずっと前から緊張していました。こうしてようやくゲネプロを迎えることができて凄く嬉しく思います。これからもっと浅井チームBに馴染めるように、劇場公演にも何回も立って成長していきたればよいとおもいます。ありがとうございます」と挨拶。

浅井新キャプテンへ期待するメンバーへの質問をあった。浅井は「徳永羚海ちゃんは今日、はじめてフル出演でしたが、初のフル出演とは思えないくらい堂々とステージに立ってくれたので、これからの活躍を期待しています。」とベタ褒め。

徳永は「そう思っていただけたのはとても嬉しいし、初日メンバーに選ばれて初日を迎えられて嬉しいです」と喜びを表した。

新衣裳について徳永は「この新衣装は初めての自分のオリジナル衣裳でメチャクチャかわいくてテンションあがります。ひとりひとり違う形なのですごくお気いりです」とAKB48の衣裳が大好きなようだ。

お気に入りの曲について徳永は「曲は『残念少女』がすごく好きです。衣裳もメチャクチャ可愛いし、いまはスマホの時代だけど(今の時代あまり使われない)ガラケーを曲中に出して使うのはワクワクします。」と楽しく語っていました。

■AKB48 チームB「アイドルの夜明け」公演

セットリスト

M1 アイドルの夜明け
M2 みなさんもご一緒に
M3 春一番が吹く頃
M4 拳の正義

M5 残念少女(稲垣、坂口、徳永)
M6 口移しのチョコレート(石綿、大盛、左伴)
M7 片思いの対角線(浅井、佐藤、徳永)
M8 天国野郎(石綿、稲垣、大盛、左伴)
M9 愛しきナターシャ(浅井、坂口、佐藤)

M10 女子高生はやめられない
M11 好きと言えばよかった
M12 そばかすのキス
M13 タンポポの決心

ENCORE

EN1 B Stars
EN2 横須賀カーブ
EN3 アリガトウ

MUSIC
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント