『エヴァンゲリオン』シリーズ公式アンバサダー・高橋洋子が初の配信単独ライブ !

人気アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズの公式アンバサダーを務めるシンガー・高橋洋子が5日、東京・新宿の日清食品 POWER STATION [REBOOT]で、初の配信単独公演となる「『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌「残酷な天使のテーゼ」高橋洋子スペシャルライブ【Refrain】」を開催した。

『エヴァンゲリオン』シリーズにおいて、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の主題歌「残酷な天使のテーゼ」、そして『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌「魂のルフラン」などを歌っている高橋。本シリーズにおいて欠かせない存在であることはもちろん、彼女の楽曲を通じて、世界中のファンを虜にし続けている。

「気が付いたら26年前。1995年にTVシリーズの主題歌を歌わせてもらいました」と回想した高橋は、完結編となる最新映画が今年3月に公開された影響もあってか、新たなファンとの出会い・交流もあったと明かし、「26年後、今でも変わらず、(反響が)続いているなんて想像していなかった。アニソンは、国境を超える最強のパスポートだと思っています」と嬉しそうに語った。

2020年11月に配信型ライブハウスとしてオープンした同ステージで、初めての試みに挑む高橋は開演前、「コロナで、なかなかお客様とお会いしてライブをする機会は随分なかったのですが、こういう新しい形で皆様に歌を聴いていただき、楽しんでいただけること、スタッフ一同楽しみにしていました。皆さんからコメントを頂きながら、コンサートを進めることができるので、コメントをお寄せいただき、お答えしていきたい」と抱負も語っていた。

今回のステージは、ダンサー4人を引き連れた5人編成によるパフォーマンスで展開。最初からトップギアを入れるかの如く、「エヴァ」の世界観を演出した「TENSIONS – welcome to the stage」で幕開けすると、高橋は、クリアなファルセットを効かせ、圧倒的な存在感を放った。

3曲目「心よ原始に戻れ2020」披露時には、昨年10月に発売されたコンピレーション・アルバム『EVANGELION FINALLY』のレコーディングにも参加したサックス奏者・松下洋氏をゲストとして呼び込み。松下氏のサックスソロから始まると高橋は、彼の演奏に合わせてリズムを刻みながら歌唱。「せっかく来てもらったので、もう1曲」(高橋)と、続けざまに福島復興応援ソング「魂と呼ぶもの」でもコラボ。松下氏の色気あるサックスの音色と、高橋のしっとりした優しい歌声が相まって、一夜限りのスペシャルコラボは幻想的な雰囲気を生み出した。

5曲目「赤き月」からは、BEATBOX世界大会に日本人で初の日本代表として出場を果たし、世界にその名を知らしめたBEATBOXER・HIRONA氏がゲスト参加。ダンサーたちとHIRONA氏の息の合ったダンス・セッションで、これまでステージに流れていた空気をガラリと変えると、高橋の「いくよー!」という声掛けをきっかけに、高橋自身も手を左右に振りながら“ダンスナンバー”を楽しんだ。

「洋子の部屋」と題したトークセッションでは、HIRONA氏に対して、「お口の中に太鼓あるんでしょ?」「今、一節、見たい」と、本家ばりの“無茶ぶり”をして、ダンサーやHIRONA氏の笑いを誘うなど、お茶目で陽気な一面も垣間みせた。

そして、「エヴァ」の主題歌を歌うきっかけとなった「私にとって、最高に大好きな曲」という「FLY ME TO THE MOON 2020」を披露。さらに「東京で、フルサイズで歌うのは初めて。レア」という「暫し空に祈りて」を歌い上げた。

ライブも終盤に差し掛かると高橋は、「この曲をやらないと!これを聴きたくて観て下さっていると思うので」と煽り、自身の代表曲「残酷な天使のテーゼ」へ。「エヴァ」シリーズの代表的な場面カットを背景に、情熱的に歌い上げると、視聴者から寄せられたコメントもヒートアップした。ラスト曲は、本ライブタイトルにも冠している「魂のルフラン」。高橋は「奇跡は起こるよ。何度でも。そういう気持ちでお届けしたい」と、カメラ越しにファンにメッセージを届け、まさに魂を込めた歌唱で締めくくった。

今年12月には、ソロデビュー30周年を迎える高橋。「いろんな国の方に聴いていただいている。去年、ワールドツアー中で、伺うはずだった予定の国のお客さまもいらっしゃいましたが、明けない夜はない。いろんなことがクリアになって、直接お会いして、世界中の皆さんと、さらに歌っていけるように活動していきたいと思っています」。そう、意気込んでいた。

なお、本ライブの模様は、6月5日(土)23時頃から6月12日(土)23時59分まで見逃し配信を実施予定。

【セットリスト】

M1:TENSIONS – welcome to the stage
M2:真実の黙示録(TVアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」後期オープンニングテ―マ)
M3:心よ原始に戻れ 2020
M4:魂と呼ぶもの(福島復興応援ソング)
M5:赤き月
M6:FLY ME TO THE MOON 2020
M7:暫し空に祈りて(パチスロ「EVANGELION」テーマソング)
M8:残酷な天使のテーゼ(TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」主題歌)
M9:魂のルフラン(「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」主題歌)

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント