櫻坂46 小林由依 「私を私でいさせてくれてありがとう」<卒業コンサート・スピーチ全文>

櫻坂46一期生・小林由依の卒業コンサートが2月1日に国立代々木競技場第一体育館で行われた2015年8月、欅坂46のスターティングメンバーとして活動を始めてから約8年半にわたり、グループの中心メンバーとして活躍してきた小林。

近年はファッションモデルや女優としての露出も増えている中、1月31日と2月1日の2日間にわたる卒業コンサートをもってアイドル活動に終止符を打った。

アンコールで革とドライフラワーをあしらったドレス姿で登場した小林は、アンコール1曲目「君がサヨナラ言えたって…」ソロパフォーマンス後にメッセージを伝えた。

<卒業コンサート・スピーチ全文>

改めまして櫻坂46の小林由依です。本日は小林由依卒業コンサートに来ていただき、ありがとうございます。

ついにこの日は来たな、という感じですね。皆さんに卒業をお伝えしてから約2カ月くらいしか時間が無かったですが、私の中では2カ月間いい時間を過ごさせていただきましたし、今まで以上にグループの活動を大切に、1日1日を過ごすことができました。

ここで何を話そうか凄く考えていたのですが…まとまらない部分もありますが、ぜひ座りながらでもいいので聞いてほしいです。

まずこの場を借りて、支えて下さった方々に感謝を伝えたいです。まずはメンバーから。

3期生。1年前に入ってきてくれて、櫻坂の雰囲気とかも、もっと明るくなって…1、2期生は本当に3期生が可愛くて可愛くて、凄く大切な存在。これから凄く悩むこととかあると思いますが、本当に傷つかなくていいことで傷つかなくていいので、本当に楽しんでグループ生活を送ってくれたらうれしいです。入ってきてくれてありがとう。

2期生。最初に欅坂として入ってくれて、あまり思うような活動をさせてあげられなかったという気持ちが大きくて…申し訳なかったと思います。でも、それを感じさせないくらい明るくて、気がついたら凄いいじってくるようになった(笑)。

みんなとの距離がどんどん近づいたのが嬉しかったし、2期生が先頭に立って櫻坂を愛されるグループにしてくれたと思う。いつまでも感謝の気持ちでいっぱいです。私も卒業して、2期生がどんどん先頭に立ってグループを引っ張る存在になると思う。けど、責任感はみんなで分け合って、みんなで櫻坂をどんどん愛されるグループにしてくれると嬉しいです。

1期生。グループに残ってる1期生には、「このメンバーが残ったんだね」って、みんなで不思議だねって(笑い)。みんな凄く根性があって優しくて、人の気持ちも考えられるいい人。私は長いこと年少組として、お姉さん達に良くしてもらったと思う。

感謝の気持ちでいっぱいですし、8年半、本当に毎日一緒にいて、喜怒哀楽全ての感情を共有し合った1期生。これから活動して行くにあたって、楽しんで幸せに活動していってくれたら嬉しい。私も皆の笑顔がテレビで見れるのを楽しみにしています。ありがとうございました。

スタッフの皆さん。そう一括りにしてしまうには、たくさんの方に支えてもらい、色んなわがままにも答えていただいた。私は高校生でグループに入ったんですけど、この世界で育てて下さったのはスタッフの皆さんだと思う。長い間、こんな子供な人を支えてくれてありがとうございました。

そして家族にも感謝を伝えたい。いつも伝えられないので…。私の感情とかを否定せず、ずっと味方でいてくれたのは家族のみんな。今までたくさん甘えさせてくれてありがとうという気持ちと、これからも甘えさせて下さい。

Buddiesのみなさん。お待たせしました。欅坂の時から応援して下さる方もいれば、改名の時に離れてしまった方もいると思う。櫻坂の魅力を知ってBuddiesになってくれた方もいるでしょう。人それぞれの愛を下さってありがとう、という気持ちと、みなさんがいなかったら本当に私たちの存在はないです。

私が存在している意義、理由を皆さんのおかげで知れたというか…自分はそんな大それた人間じゃないのに、1人の人生に影響を与えるような活動をしていたという不思議な気持ちと、誇らしさでいっぱいです。私を私でいさせてくれてありがとうございました。

長くなってしまいましたがたくさんの方に感謝の気持ちでいっぱいです。8年半凄く辛かったこともあるんですけど、本当に楽しくて…。皆さんとこうしてライブできたことも楽しかったですし、メンバーと楽屋にいる時間も楽しくて。そういう時間が私にとっての青春だったと思います。

皆さんの中での青春を思い出した時に、小林由依っていうのがいたなって思い出してくれたら嬉しいし、皆さんの記憶の片隅にちょこっといさせてくれたらいいな。

ちょっとまとまらないですが、8年半、たくさんの方に支えられて、今日まで幸せに生きて来れました。本当にありがとうございます。

BROAD
Liveen Times

コメント