櫻坂46 小池美波、小林由依の卒業コンサートにサプライズで駆けつける!

櫻坂46一期生・小林由依の卒業コンサートが2月1日に国立代々木競技場第一体育館で行われた。

2015年8月、欅坂46のスターティングメンバーとして活動を始めてから約8年半にわたり、グループの中心メンバーとして活躍してきた小林。近年はファッションモデルや女優としての露出も増えている中、1月31日と2月1日の2日間にわたる卒業コンサートをもってアイドル活動に終止符を打った。

小林の櫻46としてのラストステージを見守ろうとBuddies(櫻坂46ファン)会場に足を運び、両日とも国内外へ向け、ネット配信も行われた。

ライブの終盤に、現在休養中の小池美波も小林の最後のコンサートに駆けつけた。
同期の上村莉菜、齋藤冬優花とのトークを経て、「もうひとり一期生がいますよね。今日は来てくれました!」と休業中の小池美波をステージに招いた。

小林のアイドルとしてのラストステージを見送りつつ、一緒に同じ場に立ちたいという思いから駆けつけた小池は、「ゆいぽんの最後の姿を見させていただきたかったので、駆けつけました!」と語った。

小林は同期の3人とともに「タイムマシーンでYeah!」をフロートに乗って、満面の笑みで会場を1周した。

最後の楽曲「櫻坂の詩」では、曲中でメンバーからのメッセージが贈られた。

小池は「最後まで一緒に活動できなくて申し訳ない気持ちです。ゆいぽんのこととか、何も気づいてあげられなかったことが多いと思うんだけど、私がゆいぽんに対して何ができるだろうと考えてみると、たまに私に甘えてくれるときがあって。それが私にできることなのかなと。いっぱい甘えられる場所であればいいなと思っていました。お姉ちゃんのつもりで、ゆいぽんと接していました」と今までの思いの丈を伝えた。

続けて「申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、ゆいぽんと思い出を作れたことが私にとって幸せだし、櫻坂46でシンメになることが多くて、お互い何も言ってないけど、パフォーマンスで通じ合っていると思うことも多くて、それが私にはうれしかったです。本当にありがとう。お疲れ様です」と花束を渡した。

 

BROAD
Liveen Times

コメント