AKB48 本⽥仁美 卒業公演がAKB48劇場で開催!「みんなのことが⼤好きだ〜」

●本⽥仁美がAKB48を卒業︕「みんなのことが⼤好きだ〜︕︕」と愛を叫んだ 涙と笑顔の卒業公演

2014 年に AKB48 チーム 8 栃⽊県代表メンバーとして 12 歳で加⼊した本⽥仁美。2018 年からは約 2 年半、⽇韓合同のアイドルグループ「IZ*ONE(アイズワン)」のメンバーとして⽇韓を中⼼に活動。AKB48 復帰後は 59th シングル『元カレです』・61st シングル『どうしても君が好きだ』の 2 作でセンターに抜擢。IZ*ONE での経験を惜しみなくグループに還元し、“AKB48 を変えた存在”として活躍してきました。

⼀昨⽇の 2024 年 1 ⽉ 26 ⽇(⾦)にパシフィコ横浜 国⽴⼤ホールで⾏った卒業コンサートでは、ダンスナンバーを中⼼に本⽥らしい華やかなパフォーマンスでファンを魅了。⾃⾝の集⼤成のみならず、彼⼥の存在によって⼤きく変化してきた 新たな AKB48 の姿をも印象づけた公演となりました。そのストイックさとパフォーマンスを追求する情熱で誰からも尊敬され、愛された彼⼥は、本⽇ 1 ⽉ 28 ⽇(⽇)AKB48 劇場での卒業公演をもって約 10 年におよぶ AKB48 ⼈⽣に終⽌符を打ち、新たなステージへと⽻ばたきます。

卒業公演はチーム 8 の楽曲『夢へのルート』でスタート︕『私たちの Reason』『唇に Be My Baby』とエネルギッシュなパフォーマンスでオープニングを飾り、場内の熱気を⼀気に⾼めました。公演前は普段通りの様⼦だったという本⽥ですが、卒業公演を迎えた⼼境を聞かれると、急に実感が湧いたのか「やばいですぅ…」と早くも感極まった様⼦。⽬を潤ませながらもなんとか⾔葉を絞り出し、「AKB4Bとして最後の私を⾒ていただける場なので、笑顔で終わりたいと思います︕」と挨拶しました。続くパートでは、卒業コンサートでも会場を沸かせた『ハート型ウイルス』『思い出以上』などユニット 4 曲をパフォーマンス︕

さらに、チーム 8 の代表曲『47の素敵な街へ』を全員で披露。ファンも待ってましたと⾔わんばかりに⼤きな「ガチ恋⼝上」のコールで応えました。元チーム 8 メンバー以外も混ざっていたことから、曲中で各々の出⾝都道府県名を叫んでいく場⾯では、「神奈川県」が 4 回登場するなど被りが発⽣︕岡部 麟は「チーム 8 だと絶対に被らないから新鮮(笑)」とほほ笑み、向井地美⾳・村⼭彩希らは「この曲やったことなかったけど、(ファンの⽅が)こんな熱量なんだね︕すごい︕」「幸せだった︕」と⼝々に感激しました。

MC の場⾯では、⼀昨⽇の卒業コンサートを振り返りながらトーク。柏⽊は「ひぃちゃんが初めて選抜になった『NO WAY MAN』とか『私たちの Reason』が全部新規の振付になっていて、ストイックの⽅向がすごすぎて、あの⼈はどこまで⾏っちゃうんだろうと思った」と本⽥のこだわりに改めて驚愕したことを明かし、「私は 17 年間 AKB48 やってきたけど、1 番教えてもらった⼈。本⽥警察は私にとっては師匠︕」とその存在の⼤きさを語りました。

また、倉野尾成美は「最後ということで…」と得意の本⽥の声真似を披露し、そのクオリティの⾼さに思わず爆笑が起きました。

エンディングでは卒業ドレスに⾝を包んだ本⽥が登場し、全員で『ジワる DAYS』を歌唱。本⽥は「私は 12 歳の時に初めてこの劇場に⽴ったんですけど、加⼊して⼀番最初の夏休みの時には毎⽇ここに通っていて、チーム 8 のメンバーと合宿をしながら過ごしていました。ステージに⽴つだけじゃなくて、学校の宿題をやったりとか、ロビーでみんなでお味噌汁を飲んだりとか、⽣活の⼀部を共に過ごした思い⼊れのある場所です。

劇場公演に⽴ちたくて、“私を⾒つけて”という想いで健気に頑張っていたんですけど、今⽇は私のために集まってくださったみなさんで埋め尽くされているのがすごく幸せですし、いろんなきっかけで私を好きになってくださった⽅がたくさんいらっしゃると思うんですけど、⼀番伝えたいのは、どんな瞬間でもどんなに形を変えても、私を好きでいてくださって、愛してくださって本当にありがとうございます。

10 年間ずっと“AKB48 の本⽥仁美です”と⾃⼰紹介していたのが、明⽇からは AKB48 と名乗れなくなってしまうのはすごく寂しいですし、⼼にポッカリ⽳が空いたような気持ちになるのかなと思うんですが、秋元先⽣が紡ぎ出す世界観の中でメンバーのみんなとパフォーマンスできたことを誇りに、そして元 AKB48 として恥じぬように、これからも頑張ります。

AKB48 として幕が閉じる瞬間まで、⼤好きなみなさんと⼀緒に過ごせることが幸せです。少しだけ充電期間をいただいて、その後は新たな私をお⾒せできるように頑張ります︕これからもよろしくお願いします︕」と感謝を伝えました。

最後は⾃⾝のセンター曲『どうしても君が好きだ』をフルサイズでパフォーマンス︕泣き笑いの表情でメンバーとハイタッチをかわしていき、「みんなのことが⼤好きだ〜︕︕」と愛を叫びました。このまま終幕に向かうかと思いきや、本⽥は「最後にもう⼀回だけ話してもいいですか︖」と前置きし、再びスピーチへ。

「正直、順⾵満帆な 10 年間だったとは⾔えないけれど…」と涙で⾔葉を詰まらせながらも、「本当に楽しかった思い出もたくさんあるんですけど、⼤変だったり⾟い想いをしたこともありました。アイドルという職業はみなさんに元気を与える存在なのに、逆にいつも応援してくださっているみなさんから、いつも励ましてもらっていたところもたくさんあったと思います。ですが、どんな時もどんな私も好きでいてくれて、味⽅でいてくれたみなさんがいたからこそ、今まで本当に想像もできなかった世界をたくさん⾒ることができました。今こうして幸せに卒業を迎えられているのは、いつも応援してくださるみなさんのおかげです。これからも末⻑く、AKB48、そして本⽥仁美をよろしくお願いします︕」と万感の想いを語りました。

さらに、韓国語と中国語でもスピーチ。卒業コンサートでは上⼿く⾔えなかったという中国語にも成功し「ありがとうございます︕もう未練ないです︕(笑)」と満⾯の笑顔を⾒せました。

終始温かいムードに包まれ、涙とたくさんの笑顔で溢れた本⽥の卒業公演。「ひぃちゃん」の⼤声援を浴びながら、本⽥は晴れやかな表情でステージを後にし、12 歳から約 10 年間歩んできたアイドル⼈⽣に幕を下ろしました。

ⒸAKB48

●イベント概要

公演名︓ AKB48 本⽥仁美 卒業公演
⽇時: 2024 年 1 ⽉ 28 ⽇(⽇)17:30 開演
会場: AKB48 劇場 (東京都千代⽥区外神⽥ 4-3-3 ドン・キホーテ秋葉原 8F)
出演︓ AKB48 メンバー(19 名)
本⽥仁美・⼤盛真歩・岡部 麟・⼩栗有以・⼩⽥えりな・柏⽊由紀・倉野尾成美・下尾みう・髙橋彩⾳・⽥⼝愛佳・千葉恵⾥・永野芹佳・橋本陽菜・向井地美⾳・村⼭彩希・⼭内瑞葵・佐藤綺星・秋⼭由奈・成⽥⾹姫奈

BROAD
Liveen Times

コメント