HKT48、劇場で12周年記念特別公演が開催!研究生7名のチーム昇格を発表

2011年に誕生したHKT48は今年で12周年。HKT48劇場がオープンした記念すべき日に、拠点となるHKT48劇場にて、全メンバー出演「12周年記念特別公演」を開催いたしました。※松本羽麗 休演・大庭凜咲 一部出演

ステージはオープン当時を再現し、劇場名物だったステージ前にせり出した「出臍」(でべそ)を設置。

これまで上演してきた公演楽曲をパフォーマンスし、アンコールでは12月20日(水)発売の17枚目シングル「バケツを被れ!」を初披露いたしました。また、公演の最後には研究生7名のチーム昇格を発表を行いました。

メンバー総出演による「HKT48劇場 12周年記念特別公演」は、これまで劇場公演で上演してきた様々な楽曲たちを一挙披露。温かいお祝いムードに包まれる中、全42曲をパフォーマンスしました。

チームKIVキャプテンの松岡はなは「ファンの皆さんにもっともっと劇場に立っている姿を見に来たいって思ってもらえるように頑張りますので皆さんどうか温かい目で見守ってもらえたら」と話していました。

盛大な拍手に迎えられたアンコールでは、12月20日(水)に発売する17枚目シングルで、石橋颯と竹本くるみが初センターを務める「バケツを被れ!」を初披露。バケツを被ったダンスパフォーマンスに会場からは大きな拍手が起こりました。

石橋は「ほら見て!被ってるよバケツー!」と話すと、竹本は「アイドルがバケツを被ってパフォーマンスをするっていう斬新さに注目していただけたら」とPR。

前向きな歌詞にも触れ、「皆さんが辛い時や悲しい時に、この曲でクスッと笑える心の支えになるような曲になれば」と意気込んでいました。17thシングル収録曲すべての振り付けは、5人組TikTokクリエイター集団<Hoodiefam>が担当。「バケツを被れ!」は本日11月26日(日)21:00より音源配信をスタートいたします。

公演終盤には、研究生7名のチーム昇格をサプライズ発表。生野莉奈、北川陽彩、渋井美奈はチームHへ、大庭凜咲、立花心良、福井可憐、森﨑冴彩はチームKIVへ来年1月より昇格いたします。

17thシングルの選抜メンバーでもある渋井美奈は研究生ながら今回、選抜メンバー入りしたことが不安だったと吐露し、「昇格させていただいたので、チームHの渋井美奈として『なんで?』って思われないように、これからも一生懸命頑張ります」と涙ながらに話していました。

最後は「HKT48ファミリー」を披露し、感謝の気持ちを込めて、全員で一礼。客席からは温かく、盛大な拍手が起こっていました。

明日は、Zepp Fukuokaにて「HKT48 秋LIVE2023~博多にまつわるエトせとら~」を開催いたします。

(C)Mercury

BROAD
Liveen Times

コメント