2022 Asia Artist Awards in Japan」にTHE RAMPAGE、BE:FIRST 出演決定!第7弾発表

12月13日(火)日本ガイシホール(名古屋)にて、アジア最大級アワード「2022 Asia Artist Awards in Japan」の出演アーティスト情報第7弾を発表。

日本の大人気アーティストTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE 、BE:FIRST、そしてインドネシア(リオドラ)、タイの人気俳優・アーティスト(ピーピー・クリット、ビルキン、ペック パリットチョーク)らの出演が決定しました。

日本からはTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE、BE:FIRST、インドネシアからはリオドラ(Lyodra Margareta Ginting)、タイからはピーピー・クリット(PP KRIT)、ビルキン(BILLKIN)、ペック パリットチョーク(PECK PALITCHOKE)が参加し、12月13日(火)に開かれる「2022 Asia Artist Awards In Japan (2022アジアアーティストアワード、略:2022 AAA)」で、グローバルファンを前に強烈な印象を残します。

写真提供: THE RAMPAGE from EXILE TRIBE (LDH JAPAN)、BE:FIRST(BMSG)、リオドラ(Star Media Nusantara)、ピーピー・クリット(Krit Amnuaydechkorn)、ビルキン(Billkin Entertainment)、ペック パリットチョーク(Gmm Grammy)

「2017 AAA」以降5年ぶりに AAAのステージに登場するTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEは、オーディションを通じて選ばれた若き才能たちが集う16人組ダンス&ボーカルグループ。 2017年1月25日 1stシングル『Lightning』にてメジャーデビュー。 2017年12月には総勢約12万人を動員した、初の全国47都道府県全58公演のホールツアーを開催。 2021年7月には、初の単独東京ドーム公演を成功させた。シングル『ツナゲキズナ』が「2022世界バレー」TBS公式テーマソングへの起用が決定するなど、デビュー5周年を迎えた今年、個人活動も含め精力的に活動の幅を広げています。

SKY-HIが率いるBMSGに所属する、7人組ダンス&ボーカルグループBE:FIRSTも「2022 AAA」への出演が決定。デビュー前ながらオーディション番組で制作された楽曲が、発売や公開される度にチャート1位、急上昇1位などを獲得し続け話題を呼んだBE:FIRSTは、それぞれが歌、ダンス、ラップに対して高いクオリティとポテンシャルを持っているのと同時に、作詞・作曲・コレオグラフまでに発揮される音楽的感性の高さ、そして7者7様の個性を持った華やかさが魅力。日本はもちろん、海外の音楽ファンからも注目が集まっています。

インドネシアのポップアーティスト、リオドラはデビュー後、初めて「Asia Artist Awards」の舞台に登場します。『Pesan Terakhir』、『Dibanding Dia』、『Kalau Bosan』などの曲で知られたリオドラは昨年、初アルバム『Lyodra』で「インドネシア・ミュージック・アワード」のアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。また彼女の歌はインドネシアのすべての音楽プラットフォームで1位を記録するなど、人気急上昇のアーティストです。

タイのアーティスト、ピーピー・クリット、ビルキン、ペック パリットチョークも今回、初めて「Asia Artist Awards」に参加します。

ライジングスターの俳優ピーピー・クリットは2019年ドラマ『My Ambulance』を筆頭に、『I Told Sunset about You』や『I promised You the Moon』で大ブレイクしています。

ビルキンは俳優兼アーティストとして、ドラマ『My Ambulance』で注目を浴び、ドラマのオリジナルサウンドトラックとなった『You Are My Everything』で歌手としてもデビュー。ピーピー・クリットと一緒に出演した作品『I Told Sunset about You』、『I Promised You the Moon』でタイ国内のみならず、海外にもファン層を広げています。

タイの人気アーティスト、ペック パリットチョークは歌手だけでなく、モデル、声優、MCとしても、その才能を見せつけています。 『Mai Mee Krai Ru』、『Rue Kae Kum Kum』、『Ni Tan Hing Hoi』など多くのヒット曲を出し、2019年開催した『Peck Palitchoke Concert#2:LOVE IN SPACE』は前売り開始5分で完売するなど、タイでは空前の人気を博しています。

「2022 Asia Artist Awards in Japan」は12月13日(火)、日本ガイシホール(名古屋)で開催されます。本イベントは、主催は韓国・STARNEWSと株式会社メディアボーイ(本社:東京都港区 代表:稲垣登)。主幹はTHE STAR PARTNER、カルチュア・エンタテインメント株式会社(本社:東京都品川区 代表:中西一雄)です。

なお、本イベントの入場チケットは、非売品となります。協賛会社のプレゼントキャンペーンのチケット、もしくはオフィシャル・ツアーにてご参加いただけます。詳細につきましては、公式Twitterにてご案内致します。

  • Asia Artist Awardsとは

Asia Artist Awards(アジアアーティストアワード、略:AAA)は、K-POP、K-Drama、K-Movieが融合した韓国初のアジアの授賞式。一年を通じてアジアと韓国の音楽界で輝いたアーティストを中心に、視聴者投票、デジタルチャート、CDの販売数、専門審査委員会の審査結果を総合して受賞者を選出する「音楽部門」、そして、地上波またはケーブルテレビ等、全てのチャンネルの作品を審査する「ドラマ部門」の授賞式が融合したアジア最大級のライブイベントです。

今年(2022年)は日本での開催が決定。12月13日(火)日本ガイシホールにて行われ、SEVENTEEN、THE BOYZ、Stray Kids、ITZY、TREASURE、IVE、Kep1er、LE SSERAFIM、NewJeans、PENTAGON、KARD、チェ・イェナ、NiziU、NMIXX、TEMPEST、キム·ソンホ、ソ·イングク、ファン·ミンヒョン、イ·ジェウク、カン·ダニエル等々、K-POPシーンを代表するアーティストや、豪華俳優陣が本会場に集結いたします。
https://www.asiaartistawards.jp

  • 「2022 Asia Artist Awards in Japan」 開催概要

 イベント名: 2022 Asia Artist Awards in Japan
 開催日: 2022年12月13日(火)
 開催場所:日本ガイシホール (愛知県名古屋市南区東又兵ヱ町5-1-16)
 主催: STARNEWS、株式会社メディアボーイ
 主幹: Asia Artist Awards 組織委員会、THE STAR PARTNER、カルチュア・エンタテインメント株式会社
 公式サイト : https://www.asiaartistawards.jp
 公式Twitter  : https://twitter.com/aaa2022_jp
 出演アーティスト(予定): SEVENTEEN、THE BOYZ、Stray Kids、ITZY、TREASURE、IVE、Kep1er、LE SSERAFIM、NewJeans、PENTAGON、KARD、チェ·イェナ、NiziU、NMIXX、TEMPEST、宇宙少女Chocome、VERIVERY、AleXa、CRAVITY、TFN、KINGDOM、LIGHTSUM、Billlie、TRENDZ、Lapillus、ATBO、キム·ソンホ、ソ·イングク、ファン·ミンヒョン、イ·ジェウク、カン·ダニエル、イム·ヨンウン、イ·ジュノ、ナインウ、キム·セジョン、ボナ、キム·ヨンデ、パク·ミニョン、クォン·ユリ、ハン·ソヒ、イ·ジュンヨン、リュ·ギョンス、イム·ジェヒョク、ソ·ボムジュン、&TEAM、SAGONG_EE_HO、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、BE:FIRST、リオドラ、ピーピー・クリット、ビルキン、ペック パリットチョーク(順不同)

写真提供 : VERIVERY・キム・セジョン(JELLYFISH ENTERTAINMENT)、KINGDOM(GF ENTERTAINMENT)AleXa(ZB LABEL)、Billlie(MYSTIC STORY)、THE BOYZ・ATBO(IST ENTERTAINMENT)宇宙少女Chocome・CRAVITY・IVE・ボナ(STARSHIP ENTERTAINMENT)、NewJeans(ADOR)、LIGHTSUM・PENTAGON・ナ・イヌ(CUBE ENTERTAINMENT)、TREASURE(YG ENTERTAINMENT)、SEVENTEEN・ファン・ミンヒョン(PLEDIS ENTERTAINMENT)、LE SSERAFIM(SOURCE MUSIC)、Stray Kids・ITZY・NiziU・NMIXX・イ・ジュノ(JYP ENTERTAINMENT)、KARD(DSP Media)、Kep1er(WAKEONE、SWING ENTERTAINMENT)、TFN・Lapillus(MLD ENTERTAINMENT)、TRENDZ(Global H media)、チェ·イェナ·TEMPEST(YUE HUA ENTERTAINMENT)キム・ソンホ(SALT ENTERTAINMENT)、ソ・イングク(STORY J COMPANY)イ・ジェウク(C-JES ENTERTAINMENT)、カン・ダニエル(KONNECT ENTERTAINMENT)、イム・ヨンウン(MULGOGI MUSIC)、キム・ヨンデ(OUTERKOREA)、パク・ミニョン・ソ・ボムジュン(HOOK ENTERTAINMENT)、クォン・ユリ(SM ENTERTAINMENT)、ハン・ソヒ(9ato ENTERTAINMENT)、イ・ジュニョン(Jflex)、リュ・ギョンス・イム・ジェヒョク(STUDIO SANTA CLAUS ENTERTAINMENT)

BROAD
Liveen Times

コメント