AKB48の特番:NHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」が放映!「根も葉もRumor」バズりまくりの秘密を深堀!

スポンサーリンク

国民的アイドルグループAKB48がNHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」に出演。同番組は30分間の特集番組で、12月29日に放送された。

番組に登場したのは向井地美音・柏木由紀・岡田奈々・村山彩希・本田仁美・小栗有以・下尾みう・山内瑞希の8名。

AKB48は日本の女性アーティストで売り上げ歴代一位を記録。「2021年9月に1年半ぶりに発売した『根も葉もRumor』がバズりまくり!」と番組の冒頭で紹介された。

■AKB48を知るきっかけとなった「ゆうなあもぎおんチャンネル」

番組アンケートで「AKB48が好きになったきっかけ」について聞いてみると、「ゆうなあもぎおんチャンネル」(村山・岡田・茂木・向井地4名によるYOUTUBEチャンネル)との声が沢山あった。

「ゆうなあもぎおんチャンネル」で、目隠しダンス・イントロドンなどの全力チャレンジする姿が紹介。

総監督の向井地美音は、ゆうなあもぎおんチャンネルで「一番伸びたのは、ランダムプレイダンスって言って、AKBの曲がいきなりかかって踊れるかというのをやっていく企画が100万回以上再生されました。嬉しかった~」と手ごたえを感じているようだった。

ハマッたさんが好きなAKB48の楽曲がイントロクイズとなった。

ハマッたさんが好きな結果は、

第一位:「根も葉もRumor」
第二位:「涙の表面張力」(岡田奈々が歌い出しを任されているユニット曲)
第三位:「少女たちよ」(横山由依卒業コンサートでは2度登場)

として発表され、最新曲「根も葉もRumor」が一位に輝き、新生AKB48を象徴するような結果となった。


■ダンスで世界一となった経験がある振付師も難しいと語る「根も葉もRumor」のダンス

「根も葉もRumor」のダンスの大変さについて、本田仁美は「基礎から学ぶののも大変でしたし、全身が毎日痛かったです。普段使わない筋肉も使ってました」とロックダンスの大変さについて語った。

山内瑞希は「サビのウイッチウェイが一番大変で、曲のテンポの早さについていけなく一日中ウィッチウェイしかやらない日がありました。」と練習の日々を振り返った。

小栗有以は「指さすポイントというのも、ただ指しているだけに見えるのですが、位置によって格好のつけかたが違うなどすごく細かいです。」とロックダンス特有の難しさについて言及した。


△横山由依卒業コンサートで「根も葉もRumor」を披露した選抜メンバー

ダンサー世界一となった経験もある振付師のFISHBOYは「根も葉もRumor」のダンスの難易度ついて「物凄く難しいです。今回はロッキングという昔のダンスを使っていますが、アイドルと言われる方々がやるダンスではないとされているんですね。激しさの中でも上手さを要求されるところがあって、『全速力で走りながら梁に糸を通してください』という感じです。それをやっていたんで、相当練習したんだろうなと思っています」としみじみと語った。

その後、岡田奈々と振付師・ダンサーのFISHBOYによるウイッチダンスのワンポイントレッスンが行われた。

AKB48「根も葉もRumor」の貴重な練習風景が番組の中で公開された。

柏木由紀は「AKBに15年いて、メンバー同士、ここをカウントで揃えようというのは初めてだと思います。」とグループ内で起こった初めての変化について語っていた。


■「根も葉もRumor」のダンスを牽引した本田仁美 

AKB48史上最高難度のダンス、練習を引っ張ったのはIZ*ONE(アイズワン)の活動を終えて日本に帰国した本田仁美。

練習法について本田は、「みんなで動画撮って、動画を細かく止めながら確認するという方法」をとって練習したことを語った。

村山彩希は「本田仁美ちゃんが帰ってきてくれたおかげで練習方法が変わってきました。雰囲気も変わりますし、ひぃちゃんがいるだけで締まります。」と本田仁美効果を実感していた。


△IZ*ONEデビューショーケース(韓国):2018年10月29日 撮影

司会者の高橋茂雄(サバンナ)は「本田警察が発動するんですね。IZ*ONEというグループで韓国の練習を見てきたから変わったのかな?」という問いに、本田は「1曲にかける時間が本当に凄くて、韓国から学んだ練習法をみんなに共有したいなと思って、練習の時に動画撮って、ズレていると思ったら、先輩後輩関係なく『ズレてます』と。」と飽くなき向上心をみせた。

ダンススキルが高いことで知られる下尾みうは「ひぃちゃん(本田)が帰ってきて、後輩が言いやすくなった」とグループ内で起こった雰囲気の変化について語った。

@miumiu_0403

練習について本田は「練習は覚えるというより質を上げることに概念が変わって、完成度を高めるのがすべて練習。」との考え方を示した。

司会の高橋から「韓国のアーティストの練習している量などは違います?」との問いに、FISHBOYは、「全然違いますね。韓国の方々に教えることが度々あったのですが『何でやさしくするんですか』と逆に怒られちゃったり…。それだけ妥協のない練習が求められたので、本田さんが入って来年、AKB48はものすごいことになると思いますよ」と期待を込めた。

柏木由紀は「今までは個々のポテンシャルで頑張ってねということだったのですよ。こんなに難しい曲は今までなかったので、必然的に練習しないと揃わないですし、揃えていく過程でメンバー同士がすごく仲良くなれました。今回の曲でみんなが自信を持てましたし、初めて曲をやる前に円陣組むようになりました。」と確かな手ごたえを感じたことを語った。

その後、渾身の「根も葉もRumor」のパフォーマンスが披露された。
2022年のAKB48の躍進は大いに期待できる。そう思わせてくれた内容が濃い放送だった。


(C)NHK
(C)AKB48

■番組:NHK Eテレ「沼にハマってきいてみた」

初回放送日: 2021年12月29日

AKB48登場!今話題の「根も葉もRumor」にまつわる裏話満載!どん底からの逆襲を始めた新生AKB48の魅力にとことん迫る!柏木由紀、本田仁美も大活躍! ほか

内容:〇今話題のYouTubeチャンネル「ゆうなぁもぎおん」の真実とは!? 〇「根も葉もRumor」にハマった人続出! そのダンスの魅力に迫る! 〇ダンスの練習に潜入!韓国仕込みの本田仁美が伝授する新レッスンスタイルとは!? 〇懐かしの秘蔵VTRでつづるAKBヒストリー 〇「根も葉もRumor」フルサイズで披露! 〇ハマったさんゲスト・FISHBOY 他
https://www.nhk.jp/p/hamatta/ts/KNY2YKWLG9/episode/te/W3K7ZVQVXG/

もういちど放送が見たいキミはNHKプラスへ
https://www.nhk.jp/p/hamatta/ts/KNY2YKWLG9/episode/te/W3K7ZVQVXG/

参考:
【ライブレポート】IZ*ONE ONLINE CONCERT [ONE, THE STORY] (Day2) 「必死に駆け抜けてきた最高の2年半」
https://www.lvtimes.net/broad/2805/



コメント