【ライブレポート】IZ*ONE ONLINE CONCERT [ONE, THE STORY] (Day2) 「必死に駆け抜けてきた最高の2年半」


グローバルガールズグループIZ*ONEは、13日・14日の2日間に渡ってグループとして最後のオンライン単独コンサート「ONE,THE STORY」を開催。

デビュー曲La Vie en Roseから始まったセットリストが組まれており、この2年半IZ*ONEがリリースした楽曲順に構成。2年半のIZ*ONEのヒストリーを振る返ることができる貴重なものだった。

昨年9月に開催した「ONEIRIC THEATER」以来、6ヶ月ぶりに開催された今回の単独コンサートは、「ONE, THE STORY」というテーマと7つのチャプターで構成され、多彩なステージが披露された。

「La Vie en Rose」、「Mise-en-Scene」のステージで華やかに幕を開けたIZ*ONEは、「残念な状況のため1つの空間に一緒にいることはできないが、全世界で私たちを応援してくれるWIZ*ONE(IZ*ONEのファンの総称)を思うと心強いし、元気が出る。全世界のWIZ*ONEと一緒にいる気持ちでもっと頑張る」と意気込んだ。

IZ*ONEは「Colors」、「O’My!」「Sunflower」、「Highlight」、「Violeta」、「FIESTA」、「Rococo」、「Merry-go-round」、「Secret Story of the Swan」、「Panorama」、「Sequence」など、これまで発売したアルバムタイトル曲と収録曲のステージで、華やかなビジュアルとパフォーマンスで雰囲気を盛り上げた。また、「OPEN YOUR EYES」、「Up」、「Airplane」、「Island」、「Pretty」、「O Sole Mio」などを編曲し、アコースティックなメロディーでファンを魅了した。

この他にも、IZ*ONEのメンバーが作詞・作曲に参加した「SPACESHIP」、「DREAMLIKE」、「Really Like You」、「With*One」、「Slow Journey」などのステージでデビュー後、音楽において着実に成長してきた姿を見せた。

ユニットコーナーは1日目と2日目は違った構成で組まれていた。

ユニットコーナーでは、チャン・ウォニョン、カン・ヘウォン、宮脇咲良、矢吹奈子、本田仁美がピンクの衣裳を着てPINK BLUSHERを初披露した。ピンクの艶やかな衣裳に身をつつみ、キュートでポップな姿に画面越しのファンから大好評だった。

未発表曲「Lesson」(13日公演)と「平行宇宙」(14日公演)も初めて公開された。秋元康作詞・イェナ作曲の「Lesson」は、夢のために頑張ってきた過去を振り返りながらこれからもかっこよく前へ進もうというストーリーを込めた楽曲で、メンバーやファンと一緒にいる時の感情をメロディーで表現した。

「平行宇宙」はクォン・ウンビが作詞・作曲した楽曲で、WIZ*ONEとIZ*ONEの時間は平行世界のように、どこかに存在する永遠の記憶であり、いつも同じ気持ちでお互いを考えて見つめるという意味を込めた。

「平行宇宙」の後、大勢のWIZ*ONEがSlow Journey を歌っている映像が背景に流れた。2年半一緒に走ってきたIZ*ONEは、お互いに送るビデオレターをサプライズ公開し、感動を与えた。また、これまでの活動を振り返りながら、惜しみない愛と応援を送ってくれたファンに感謝の気持ちを伝え、涙を隠せなかった。ファンたちもリアルタイムコメントを通じて、IZ*ONEに心のこもったメッセージを伝えた。

最後にメンバー全員から別れの挨拶があった。

アン・ユジンは「今朝起きた腫れた目であとで何を言おうかなと思っていた時、ぼーとしてしまいました。昨日のコンサートはまだ夢のようでしたが、急に現実に追い出られたような気持ちになりました。それでも今日のコンサートを思いながら自分自身を慰めてこうやって最後まで走ってきたのですが涙がこぼれそうになります。
こうやって最後の挨拶をオンラインコンサートでやるとは思いませんでした。今日こうやってかっこよくWIZ*ONEの前でライブができるようにしてくださった監督さん、すべてのスタッフの皆さんありがとうございます。そして今まで毎回一緒にいながら頑張ってくれたマネージャーの皆さんと会社の皆さんにも心から感謝します。そして、最後の姿をキレイにしてくれたメイク、スタイリストのみなさん、ありがとうございました。」と周りへの心づかいを忘れなかった。

チェ・イェナは「私たちはいつか最後というのがくるだろうねというのは思っていたんですけどこうやって(別れが)来るとたくさん悲しすぎます。これからWIZ*ONEと言えないのが心痛いです。とても会いたくなると思います。ありがとうございます。愛してます」と泣きながら別れを惜しんだ。

キム・チェウォンは「最後のコンサートをするのが最近まで実感が湧かなかったのですがコンサートの前日に、団体練習をするときにもう最後だと思ったらそのときから状況が感じられ実感しました。こんなに大きな別れははじめて、心がもどかしくて変な気持ちになりました。もう2年半の時間が流れたのはあまりに時間が早い気がします。2年半、IZ*ONEとして活動しながら絶対に忘れられない思い出をつくってくれてとても幸せでした。私たちのWIZ*ONEに良い思い出であってほしいです」と泣きながら別れを惜しんだ。

チョ・ユリは「もう最後のコンサートまで来ましたね。新しく公開したユニット曲チョユリズで初めてライブもしましたがどうでしたか?数百回、数千回と踊ったダンスですが、今日は特に緊張して踊りました。デビューから今まで頑張ってきたのですが、隣にいてくれて愛してくれて本当にありがとうございました。WIZ*ONEのおかげて毎日が幸せでした。皆さんといるこの瞬間、絶対に忘れずに記憶します。だから皆さんも私たちを忘れないでください。WIZ*ONE、健康でいてくださいね。メンバーも健康でいてください。ありがとうございます。愛してます」とのメッセージで結んだ。

矢吹奈子は「今回、コンサートの準備をしながら、IZ*ONEが終わるのが信じられなくて。信じたくなくて。信じたくなくて実感がわかなかったです。昨日コンサートをやって、今も最後のコンサートが終わってから実感もしていて悲しいです。今日が終わらないでほしいです。
私は韓国に来る前に韓国のスタイルじゃないと思うって言われました。それで最初は、心配もして不安で怖かったです。でも、デビューしてからWIZ*ONEが言ってくれる言葉が私に力を与えて、自信を持たせてくれました。」と韓国語で支えてくれたWIZ*ONEに泣きながら感謝の言葉を述べた。

さらに矢吹奈子は「もう、違う道を進みますがメンバー、花の道だけ歩いて、健康でこれからも連絡して。大大好きです。」とメンバーに可愛らしい別れの挨拶をした。

宮脇咲良は、「昨日と今日、二日間本当にありがとうございます。コンサートをやりながら一曲が終わるたびに悲しかったです。IZ*ONEの曲をもうライブできないと急にあまりに実感して心痛かったです。今日のステージはWIZ*ONEのみなさんにずっといい思い出として残ってほしいです。もっと思い出を作りたかったですが、いよいよ来てしまいました。それでも12人で最後のライブができて感謝の気持ちを伝えられて良かったと思っています。
WIZ*ONEに会えないと思ったことがありますが、12人一緒にライブできただけで私は幸せです。今まで本当にありがとうございます。もう、違う道に行きますが、いつもお互いを応援する関係であってほしいです。IZ*ONEであることを忘れないでください。愛してます」と韓国語で別れの挨拶をした。

さらに宮脇咲良は日本語で、「2年半ありがとうございました。IZ*ONEとしての日々は今日で終わりとなります。私はとても幸せでした。WIZ*ONE、大変なときに私たちを支えてくれて、力になってくれてありがとうございました。 メンバーにも感謝の気持ちでいっぱいです。
私からお願いじゃないですけど、祈るのようなことがあって、WIZ*ONEがこの2年半終わった時に、悲しい気持ちや辛い気持ちだけが残らないことを祈ります。私は、IZ*ONEになって後悔した日は一日もないし、とても幸せな日々でした。終わりが決っているんだ、いつか来るんだと心のどこかで分かっていても、それでも必死に駆け抜けてきた最高の2年半でした。」と自身の2年半を振り返った。

チャン・ウォニョンは、「2年半という短ければ短くて、長くて長い時間の中で、さよならということが信じられません。今朝まで、メンバーと笑って話していたんですが11人の笑顔が見れないというのが心が痛みますし、メンバーのおかげで、幸せと思い出を分かち合えたので最後に感じる寂しさも大きいと思います。
私はハッピーエンドが好きです。それで、WIZ*ONEにも笑ってほしいです。IZ*ONEはさよならしますが、すべて終わりではないから。初めて会ったのが14才でしたが、こうやってかわいいメンバーが見守ってくれて応援してくれるのが幸せでした。どこにいってもこういうお姉さんたちには会えないと思います。さよならしてもお互いのこと思う関係であってほしいです。」と末っ子らしい別れの挨拶をした。

クォン・ウンビは「WIZ*ONE、今日、私にはとても悲しい日になりそうです。実は、誰よりも大変なのはWIZ*ONEなのに。WIZ*ONEはIZ*ONE泣かないでと慰めてくれました。WIZ*ONEは愛されるべき存在であること知ってますよね?私たちにいつも大切な存在だから痛まないようにしてあげたいです。
WIZ*ONEに会えて大きな愛をもらって特別な人になりました。そしていつも黙々と手伝ってくれるお母さん、お父さん、お兄さん、ここまでくるようにしてくれて心から感謝しています。そしてメンバー達、足らないところが多かったですがいつもよくついてきてくれてIZ*ONEのリーダーになれたと思います。心から感謝します。」と今まで支えてくれたWIZ*ONEとメンバーとの別れを惜しんだ。

本田仁美は、「こうやっていずれは最後の挨拶をする日が来るとは知っていましたが、いざとなってくると思ったら心が痛くなりました。言いたいことはたくさんありますが、まず、今までの感謝の気持ちを伝えたいです。WIZ*ONEはいつも私の日差しでした。2年半、いろいろな経験と挑戦ができました。
最初、言葉が分からずいつも隣にいてくれたWIZ*ONEのおかげで頑張れました。私には得意なこともないですし、他のメンバーと比べて足りないことが多かったですがそんな私を応援してくれて本当にありがとうございました。でもIZ*ONEとして送った歳月は、時間が過ぎても色あせない鮮明な時間として残ると思います。メンバー達、私を照らす日差しになってくれてありがとうございます。私が韓国に来た時、韓国語が分からず、大変でしたが助けてくれてありがとう。」と韓国語で泣きながらメンバーとの別れを惜しんだ。

キム・ミンジュは「二日目のライブが終わりましたが、IZ*ONEとしての最後のライブを終えました。WIZ*ONEの皆さん、一つ一つ、些細なことまで大事に思ってくれてありがとうございます。いつも傍にいてくれてありがとうございます。そして、メンバーのみんな、足りない私をありのまま受け入れて、すべてを愛情で埋めてくれてありがとうございます。
感想を分かち合える人たちがいたことが幸せでしたし、皆さんのおかげで癒されました。WIZ*ONEとIZ*ONEが私が頑張れる理由。幸せである理由。自分のすべての理由です。皆さんと会えたのは自分の人生で一番大きな幸運でした。すべての瞬間がいつまでも自分を守ってくれると思います。本当にありがとうございました」と泣きながら最後の別れを伝えた。

イ・チェヨンは「10人が言ってる間、自分の目は腫れてきました。二年半の間、たくさんのことがありました。別れがありますが、いつもWIZ*ONEの心にはIZ*ONEがいてほしいですし私たちにはいつもWIZ*ONEがいつことを知っていてほしいです。私という人間を愛してくれてありがとうございました。」と最後の挨拶を述べた。

カン・ヘウォンは「WIZ*ONEと一緒にいると時間が速すぎますね。今日も応援してくれるから楽に、楽しくライブできました。PINK BLUSHERも見たいという方が多かったですが、喜んでくれて私も幸せでした。WIZ*ONEにもらったのが多くて、私もWIZ*ONEが幸せであればいいなと思いました。みなさんといた時間が幸せでした。諦めずに頑張って教えてくれたダンサーの先生、メンバー。
足りなくても、励ましてくれてありがとうございます。そして、今日きれいに撮ってくれたスタッフのみなさん、マネージャーさん、いつもありがとうございます。そして、ヘア、メイク、スタイリストさん、ありがとうございます。WIZ*ONEがどこにいても何をしても、いつも想うからいつも幸せできてください。」と泣きながら最後のメッセージを伝えた。

さらにカン・ヘウォンは日本語で「日本のWIZ*ONEもありがとうございます。いつも韓国語で話そうとしてくれてありがございます。私の友達になってくれてありがとうございます。WIZ*ONEと話していると本当の気持ちが伝わってきて幸せでした」と日本のファンにも最後の挨拶をした。

IZ*ONE 2年半の集大成となるオンライン単独コンサート「ONE, THE STORY」は終了した。


(C)OFF THE RECORD

セットリスト:

01 La Vie en Rose
02 Mise-en-Scene
03 Colors
04 O’My!
05 Really Like You
06 Hey.Bae.Like.it.
07 Highlight
08 Violeta
09 SOMEDAY(チェウォン、イェナ、ユリ)
10 DAYDREAM(ユジン、チェヨン、ウンビ、ミンジュ)
11 PINK BLUSHER(咲良、奈子、仁美、へウォン、ウォニョン)

アコースティックバージョン
12 DERAMLIKE
13 Island
14 Pretty
15 O Sole Mio

16 FIESTA
17 Rococo
18 Merry-Go-Round
19 幻想童話(Secret Story of the Swan)
20 Sequence
21 Panorama
22 With*One
23 Only One(平行宇宙)
24 Slow Journey

コメント