表紙解禁『with』3号目は「綾瀬はるか大特集」!

「写真集クオリティの一冊」を目指し、「親密な時を届けるヴィジュアルインタビュー誌」へと生まれ変わった『with』第3弾の表紙は、綾瀬はるかさんに決定! 2022年12月にフルリニューアルして以来、最大ボリュームとなる合計46ページでその魅力に迫ります。国民的俳優として人気を誇る綾瀬さんですが、「雑誌の大特集」という形での出演は過去になく、今回が初めてとのこと。本人の撮り下ろしやインタビューはもちろんのこと、共演者や関係者の方々への徹底取材などを通じて、「綾瀬はるかが愛される理由」を全方位から紐解きます。

  • 2人の写真家が、異なる美しさを映し出す

巻頭企画「LUXURYな肖像」では、「Natural Bone Beauty」をテーマに、写真家の水谷太郎氏が撮り下ろし。“ただ座っているだけでも絵になる俳優”と称される綾瀬さんが生まれ持つ(=natural-born)骨格の良さ(=natural bone)を、水谷氏が撮る写真を通して表現しました。思わず息を呑むほどの美しさを感じられる企画となっています。

「LUXURYな肖像」ではモードな表情を見せる一方、まるで綾瀬さんの私生活を覗き見しているかのような企画「時に少女、あるいは少年のように」では、写真家の石田真澄氏が何気ない表情を切り取ります。部屋でジェンガをしながら遊んだり、それに飽きたら傘を持ってフラッと散歩に出かけたり。何も気負わない、自然体な綾瀬さんの日常が垣間見えます。1万字に迫るロングインタビューと、2ページにわたる「1問1答」インタビューも必見。

  • 共演者や関係者への徹底取材で見えた「綾瀬はるかが愛される理由」

「誰もが知っているようで、実は知らない綾瀬はるか」企画では、俳優陣より市川実日子さん、中谷美紀さん、西島秀俊さん、長谷川博己さん(50音順)が登場。“俳優としての綾瀬はるか”から、“素顔の綾瀬はるか”まで、あらゆる視点からその魅力を語っていただきました。

また、クリエイター陣からは数々の名作を生んできた石丸彰彦さんと脚本家の森下佳子さん、映画プロデューサーの紀伊宗之さん、映画監督の是枝裕和さんが、製作側から見た綾瀬さんの魅力を明かします。撮影の舞台裏エピソードも必見です。

  • 綾瀬はるかには、ずっと紡ぎ続けていることがある

綾瀬はるかさんには、“ずっと続けていること”があります。一例をあげると、2014年から参加している「会津まつり」。「東日本大震災の傷跡がまだ残る福島をすこしでも元気つけようと参加してくれた」元会津若松市職員の江川忠さんがその舞台裏を明かしてくれます。本号では歴代の「会津まつり」写真とともに、様々なエピソードが語られています。また、TBS『news23 綾瀬はるか「戦争」を聞く』も長く続けていること。その制作担当である萩原豊さんが知られざる綾瀬さんの一面を語ってくれました。

さらに、2019年よりスタートした写真集プロジェクト『ハルカのイセカイ』もずっと続けていることの一つ。過去に刊行した全4冊の舞台裏エピソードはもちろんのこと、スタッフが撮影した秘蔵カットも今回、特別に公開。制作に関わったクリエイティヴスタッフからのコメントも必見です。合わせて、待望の第5弾のお知らせも。発売前の先行カットも初公開します。

  • リニューアル3号目となる「with9月号」は予約受付中

本号制作にあたり、数回にわたり撮影を行った綾瀬さんとwith編集部。朝から夜まで、また移動も多く、何着も衣装を着替える長丁場の撮影でしたが、どんな時でも朗らかにスタッフを気遣ったり、無邪気に現場を笑わせたり、かと思えばふいにアメリカンチェリーやカルボナーラをつまみ食いをしたり……決して飾らず、どんな時も等身大な綾瀬さん。会うだけで「好きになっちゃう」と誰もが語るその理由を、ぜひwith9月号から見つけてみてください。誰もが知っている、「綾瀬はるか」。だけど、まだ知らない「綾瀬はるか」が見えてくるはずです。

  • 商品情報

誌名:with2023年9月号
表紙:綾瀬はるか
定価:1,540円(税込)
発売日:7月31日(月)発売  ※首都圏基準

発行元:株式会社講談社  https://with.kodansha.co.jp/

BOOK
Liveen Times

コメント