半生を振り返った『水谷豊 自伝』発売翌日に重版決定! 

「父親が家にいないのが普通」の家庭に育ち、「夜遊びをするよりはマシ」と思った母に許されて芸能界に入ったのは小学6年生のときだった――俳優として、監督として、第一線を走り続ける水谷豊さんが出演作の秘話のみならず、生い立ちから現在に至るまでの人生の起伏、日常生活や多彩な交友録まであますところなく語り尽くした初の著作『水谷豊 自伝』。13日発売、その翌日にたちまち重版となりました。

7月13日発売『水谷豊 自伝』7月13日発売『水谷豊 自伝』

「長い雑談集です」と本書のことを笑いながら話す水谷豊さん。知り合ってから50年近く、同世代の「雑談相手」松田美智子さんによる聞き取り取材は回数にして10回、期間は1年半近くに及びました。水谷さんの言葉通り、話題はあっちに行ったりこっちに戻ったりしながら、松田さんの問いかけで記憶の糸を胸の奥から手繰り寄せ、とても正確に「その時」を語ってくれました。また、共演の俳優さん方のお話では、松田さんが「タダで聞くのが申し訳ない」というほど上手な物真似が交じることも。

初めての著作刊行へ水谷豊さんの背中を押したのは、そんな松田さんが聞き手になってくれるなら、長いあいだ自分が繰り返し自問し続けてきたことの答えが見つかるかもしれないという「淡い期待」でした。ともに20代で知り合い親友だった故・松田優作さんと、当時優作さんの妻だった美智子さんも一緒に、松田邸でしばしば夜中まで話し込んで泊めてもらったという水谷さん。今回の取材でもいつも予定時間を大きく超えて、貴重なエピソードや意外な想いが飾らない言葉で明かされていきました。いわく、世も人の生も有為転変。ですが、水谷さんに湿った気配はありません。淡々と、ときにウイットを交えて語られる肉声を、松田さんは旧友の情愛と作家の感性で受け止め、書き留めました。

7月14日が誕生日の水谷豊さん7月14日が誕生日の水谷豊さん

<目次>
第一章  彷徨
おいたち/初恋のようなもの/芸能界デビュー/14歳で初主演/高校時代/
初めての挫折/アルバイト気分の仕事/親友との出会い/
『傷だらけの天使』の忘れられない共演者/海外ひとり旅/
レポーターたちとのバトル

第二章  幾多の出会いと別れ
『青春の殺人者』/台本は持たない/『赤い激流』とピアノ/『熱中時代』/
歌手デビュー/優勝はしたけれど/僕は晴男で雨男/最初の結婚/
仕事をしろよ/二人の巨匠/心に残る名優/最も長いお付き合い/
“蘭ちゃんさん”/親友との別れ

第三章  地味にいい仕事
娘の誕生/スケールの大きな作品/先祖供養/不思議体験/愛されて京都/
刑事貴族/趣里との時間/地味にいい仕事に恵まれる/方向音痴/
『相棒』へ向かう前哨戦

第四章  相棒 顰蹙を恐れない
ヒットの予感/主役の心構え/好調スタート/なんでもあり/
ミスターサマー/右京は泣かない/長台詞/美和子スペシャル/
『相棒』劇場版/主役をやれ/一人だけの特命係/岸惠子との再会/
お言葉ですが/レギュラーの面々/シニカルとコミカル/官房長!/不仲説/
ダブルスコアの相棒/水谷が切望した相棒/水谷豊の裏相棒/棺を蓋いて

第五章   変幻自在
還暦祝いの共演/監督という仕事/根も葉もない嘘/演技論/
ネットの功罪/煙草をやめた日/我が交友録/拍手で充分/
太陽が帰ってきた/老いについて/地獄の娯楽担当

 <内容紹介>
「こんなに自分の過去を振り返ろうとしたことは一度もなかった」。岸田今日子と蒲団の中でトランプをした子役時代、初めての挫折と衝動的な家出、『傷だらけの天使』の忘れられない共演者、『熱中時代』の本当のモデル、離婚と再婚、親友との永遠の別れ、切望した相棒と裏相棒、俳優としての美学と監督としての思い――出演作の秘話から実人生の起伏、多彩な交友録まで、旧友の作家・松田美智子を聞き役にあますところなく語り尽くした初の著作。

<著者紹介>
水谷豊/1952年7月14日生。北海道出身。12歳で劇団ひまわりに入団以降、テレビ、映画、舞台など出演多数。妻は伊藤蘭。女優の趣里は一人娘。

松田美智子/1949年8月7日生。山口県出身。松田優作と一子を設けて離婚。小説作品のほか、『越境者松田優作』(新潮社)、『サムライ 評伝三船敏郎』(文藝春秋)、『仁義なき戦い 菅原文太伝』(新潮社)など評伝多数。

<書籍データ>
【タイトル】『水谷豊自伝』
【著者名】水谷豊 松田美智子
【発売日】7月17日
【造本】四六判ハードカバー
【定価】1980円(税込)
【ISBN】4-10-306453-4
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/book/306453/

BOOK
Liveen Times

コメント