NMB48から初の小説家デビュー! 安部若菜『アイドル失格』11月18日(金)発売決定!

スポンサーリンク

NMB48・安部若菜が、11月18日(金)に初の小説『アイドル失格』を発売することが決定しました。
本作は、アイドルに恋愛感情を抱く「ガチ恋オタク」と、メジャーデビューを目指す「地下アイドル」の恋と成長を描いた長編小説です。

昨年行われた吉本興業×ブックオリティによる「作家育成プロジェクト」に参加した安部若菜のプレゼンと企画書を見てKADOKAWAが出版権利を獲得、今回の刊行に至りました。特設サイトでは、執筆の様子をお届けするブログ「安部若菜 小説家への道」を更新中です。

<あらすじ>

夢や目標がなく冴えない日々を送る大学生のケイタは、アイドルグループ「テトラ」のオタクをしている。推しメンはセンターの実々花で、叶わないと分かりつつも本気で恋をしていた。
一方、高校3年生の実々花は、グループの人気も順調に上がり、メジャーデビューも近いのではと噂されているが、アイドルとしての毎日に漠然とした不安を抱えていた。熱心にイベントに訪れるケイタが自分にガチ恋であることはSNSなどを通して気付いており、強い好意を抱いてくれていることを嬉しく思っている。そんな中、実々花は家族との衝突をきっかけに自暴自棄になり、SNSに載せていた情報を頼りにケイタのバイト先へ向かってしまう――。出会ってはいけない二人の恋と成長の物語。選ぶのは、恋か夢か。現役アイドル・NMB48の安部若菜が永遠のテーマに挑む!

<安部若菜 コメント>

この度「ガチ恋オタク」×「地下アイドル」というテーマで小説を出版させて頂くことになりました!小さい頃から本を読むのが大好きで、小説家になることを密かに夢見てきたので本当に嬉しいです。

私のアイドルが好きだった経験も、現役アイドルの経験もぎゅっと詰め込みました。勿論全てフィクションですが、アイドルの恋愛や裏側など、小説だからこそ書けた部分も沢山あります。
アイドル好きの方も、そうでない方にもドキドキしながら読んで頂けましたら幸いです!ぜひご一読ください。

<安部若菜 プロフィール>

大阪府出身、20歳。NMB48のメンバーで、現役大学生。
性格は内向的で、小さい頃は友達が出来ず、本が友達な幼少期を過ごす。毎日図書室に通い、1年で100冊程の小説を読んでいた。特に好きな本は、自分の想像力次第で世界が広がるファンタジー小説が好きで、小学生の頃の愛読書はミヒャエル・エンデの『はてしない物語』。本を読み続ければ、いつか本の世界に入れると本気で信じていた。中学、高校と進学するも、学校に行かなくて済む方法を考えながら日々過ごしていた。アイドルなら学校に行かなくて済むのではないかという考えと、アイドルが好きだった憧れからオーディションを受け、2018年1月、NMB48に合格する。
小説、落語、投資と様々なジャンルで積極的に活動の幅を広げており、今後も”100通りの楽しみ方ができるアイドル”として活動中。
ぴあ関西版WEB「わかぽん落語道」連載
朝日新聞デジタル「NMB48のレッツ・スタディー!経済編」連載
MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」パーソナリティ

<書籍概要>
書名:アイドル失格
著者:安部若菜
定価:1,650円(1,500円+税)
判型:四六判
ISBN: 978-4-04-112168-9
発売日:2022年11月18日
発行:株式会社KADOKAWA
『アイドル失格』特設サイト

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント