BTSをはじめK-POPアーティストがリスペクトする“タブロ”氏とは? 『BLONOTE』重版決定

スポンサーリンク
2022年2月2日に発売した書籍『BLONOTE』の重版が決定。

  • 韓国ヒップホップ界の雄・タブロ氏のメッセージ集、重版決定!

韓国で2016年に刊行され、トルコ、ベトナム、タイ、インドネシアで翻訳されるなど世界中で親しまれているメッセージ集『BLONOTE』。BTSの公式Twitterでも紹介されたことによる「BTS効果」もさることながら、その鋭いメッセージ性に心を掴まれる人が続出。発売直後から大きな話題となり、このたび重版が決定いたしました。

本書は、韓国のヒップホップグループ「EPIK HIGH(エピックハイ)」のタブロ氏が、自身のラジオ番組のエンディングで、リスナーに贈った言葉をまとめたメッセージ集。短いながらも本質を突く言葉の数々に、「これは自分のことではないのか」という共感の声が続出しています。

<著者・タブロ氏 公式インタビューより>

 ラジオ番組は夜10時~12時に放送されていて、放送が終わる頃には多くの人が一日を終えるような時間帯でした。ですから「ラジオを聴いているリスナーが寝る前にいろんなことを考えてくれるといいな」と個人的に思っていたんです。 番組の最後に一言添えることで、素敵なことを考えてくれたり、自分の人生に対して考えを巡らしてくれたらな、って。こんなに多くの方達が共感してくれるとは思っていなかったし、当初は本にすることも全然考えていませんでした。でも何年も続けるうちに、いろんな方がいろんなところでその言葉に触れてくれたり、手書きの文字にしてくれる中で、「まとまった本として手元に置きたい」という要望も出てきたんですよね。それでこういう形になりました。

 

タブロ氏といえば、その繊細で文学的な歌詞に、BTSのRM、SUGAをはじめ多くのアーティストが影響を受けたことでも知られています。世界最高峰の音楽の祭典・グラミー賞に2年連続でノミネートされたBTSのまさに「源流」とも言うべき、感性の高さをぜひ体感してください。

■『BLONOTE』日本語版刊行記念 オンラインイベントも開催!

イベントには、本書の解説を手掛けた、韓国ヒップホップキュレーターでBMSGクリエイティブディレクターのSAKIKOさんと、翻訳者の清水知佐子さんが登壇。本書とタブロ氏の魅力を深掘りするとともに、K-POPをはじめとした韓国文化に迫ります。

< BTSの言葉の源流にいた⁉ EPIK HIGHのリーダー・TABLOを知る!>

  • 日時:2022年4月14日(木)20:00~21:00
  • 参加費:イベント参加券1500円/イベント参加+書籍付き券3130円(税、送料込み)

※詳細は韓国書籍専門ブックカフェ「CHEKCCORI」WEBサイトをご確認ください。
https://www.chekccori.tokyo/mc-events/general/31683?mc_id=863

<著者プロフィール>

タブロ
1980年生まれ。インドネシア、スイス、香港などで幼少期を過ごす。高校時代に廃刊されていた構内文芸誌『望遠鏡』を復刊し、編集長を務めた。作家のドバイアス・ウルフの教えのもと、スタンフォード大学創作文芸・英文学科を首席で卒業した後、英文学科の修士課程を修了。演劇、文芸誌、短編映画など大学内外でのさまざまな活動を経てニューヨークで独立映画の助監督として活動していた頃、ハーレムでの生活を機に音楽の世界に足を踏み入れた。現在は、2003年にデビューしたヒップホップグループ「EPIK HIGH」のリーダーを務め、音楽界において高い評価を受けるとともに大衆からも広く愛されている。MBC(文化放送)ラジオの音楽番組「タブロと夢見るラジオ」(2008~2009年、2014~2015年)のDJとしても人気を集めた。著書に「BLONOTE」のほか、短編集『あなたのかけら』(月出版、2008、未邦訳)がある。

<刊行概要>
『BLONOTE』

■発売日:2022年2月2日(水)
■定価 :1,430円(税込)
■発行 :株式会社Begin
■発行・発売:株式会社世界文化社

BOOK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント