ホテル椿山荘東京 東京雲海をスクリーンにした新たな秋の庭園演出が誕生!

 ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:山下 信典)は、さながら森のような庭園において新たな秋の庭園演出「TOKYO MOON ~雲と月~」を、2023年9月19日(火)より開始いたします。

  当ホテルの庭園では、「椿」「桜」「新緑」「蛍」「涼夏・深緑」「秋」「冬」の 7 つの季節のうつろいに合わせて自然の絶景と各種庭園演出をお楽しみいただいております。

今回新たにお披露目する「TOKYO MOON」は、東京雲海を発生させる霧のノズルを空に向かって噴射することで、幽翠池の上に霧状の「雲海スクリーン」を作りだし、そのスクリーンに、ホテル屋上から撮影したクレーターまでしっかりとご覧いただける「東京の月」の映像を投影いたします。

昨今、月の周回旅行等が話題になっておりますが、幽翠池の水上に現れるタテ約6m×ヨコ約8mの「雲海スクリーン」に投影されるのは、直径約3mの「月」。東京で一番近く月を見られるお月見スポットかもしれません。

また、風や気象条件によって「雲海スクリーン」の形状も変わるため、投影される月も日々異なるところも新しい自然の楽しみ方のひとつです。

奈良時代や平安時代から楽しまれていたと言われるお月見。1200年以上も前から人々の心を魅了してやまない月を、手が届くほどの距離でお楽しみください。

特設ページ:https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/7s/tokyomoon2023/

ホテル椿山荘東京のお月見を楽しむ8つのこと

1.       庭園演出 :東京で一番近い月「TOKYO MOON ~雲と月~」で絶景お月見体験
2.       ご宿泊  :お部屋でホテルオリジナル月餅が楽しめる「TOKYO MOONステイ」
3.       レストラン:月をイメージしたオードブルなど、夜の優雅な時間「お月見イブニングハイティー」
4.       レストラン:東京雲海の絶景を望む特等席で、贅を尽くした中国料理に舌鼓「東京雲海レストラン」
5.       レストラン:お月見で一杯!月を想わせる色合いのカクテル「オータムカクテルセレクション」
6.       ショップ :家でもお月見を楽しむテイクアウトスイーツ「スイートポテトあんバター」
7.       イベント :中秋の名月9月29日(金)開催!お月見ヨガで癒しのひととき「MOONヨガ」
8.       イベント :ロクシタンのオスマンサスとコラボレーションしたディナーイベントやステイプラン

  • ホテル椿山荘東京とは

都心にありながら、森のような庭園の中に建つホテル椿山荘東京は、2022年11月11日に開業70年を迎えました。

「いつの時代も、その時代が必要とするオアシスであり続ける」という想いの下、7つの季節に7つの絶景を造り、国内最大級の霧の庭園演出「東京雲海」と7つの季節は、2022年「日本空間デザイン賞 銀賞」、「Prix Villegiature Awards グランプリ」、2023年「iF DESIGN AWARD」を受賞し、都心の絶景として通年お楽しみいただけます。

267室の客室では、第二の我が家のようにお寛ぎいただけるよう充実した機能やアメニティを備えるだけでなく、都心のパノラマ、またはガーデンビューをご堪能いただけます。そのほか、庭園内や館内の9つのレストラン、自然光を感じられる直営のスパ・トリートメント施設、最大2,000名様までご利用いただける大会場を含む38の宴会場、チャペル・神殿、理・美容室、フォトスタジオなどを完備しています。

散策できる広大な庭園には、国の有形文化財の三重塔や茶室、史跡があり、また春の桜、きらめく新緑、初夏の蛍、夏の涼やかな滝のしぶき、紅葉、雪景色の中の椿と、四季の風情が東京にいることを忘れさせる特別なひとときをお過ごしいただけます。

ホテル椿山荘東京は、「フォーブス・トラベルガイド」が発表した格付けの「ホテル部門」・「スパ部門」では、おかげさまで名だたるホテルが並ぶ4つ星を獲得できました。また、特に最高級の施設とサービスにより、記憶に残る体験を提供するホテルとして認められ「プリファードホテルズ & リゾーツ」の「L.V.X. Collection」に加盟いたしております。

東京のホテルならホテル椿山荘東京。【公式サイト】
ホテル椿山荘東京は、四季折々の庭園とともに、ご宿泊、レストランでのお食事、結婚式や結納などのお祝いなど皆様のお集まりの場をご用意しております。世界に誇る都市、東京のホテルだからこそ、日本らしさ、を求めて。世界をもてなす、日本がある。ホテル椿...
TRAVEL
Liveen Times

コメント