ホテル椿山荘東京、デザインアワード「日本空間デザイン賞」&「プリ・ヴィレジアトゥール」受賞!

~開業70周年のホテル椿山荘東京。“東京雲海と7つの季節”が国内外で評価されました~

ホテル椿山荘東京(東京都文京区・総支配人:山下 信典)は、空間デザインの価値を未来へ繋ぐために設立された日本最大級のデザインアワード「日本空間デザイン賞2022」の「エンターテインメント&クリエイティブ・アート空間」カテゴリにおいて「ホテル椿山荘東京 東京雲海と7つの季節」が銀賞を、ホテルの国際アワード[OT1] 「プリ・ヴィレジアトゥール(Prix Villégiature Awards)」において「The Best Hotel Ambience in the World(雰囲気が最高のベストホテル)」部門で2022年度のグランプリを受賞しました。

特設ホームページ https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/page/award2022

  • ホテル椿山荘東京 “東京雲海と7つの季節”

本年11月の開業70年に向けて、2020年より3カ年計画で「庭園プロジェクト」を始動。「いつの時代も、その時代が必要とするオアシスであり続ける」というコンセプトの下、2020年に日本の高い技術で作られたノズルを用い、雲と同じ細かい水粒を発生させて造る霧と、歴史ある庭園の自然を融合させた、国内最大級の霧の庭園演出「東京雲海」を開始しました。さまざまな条件が整わなければ発生しない自然雲海の風情を、東京にいながら毎日ご体感いただける“見て”“触れられる”奇跡の絶景を創り出しました。

この「東京雲海」は、人工的な霧の演出でありながら、風や気温、湿度、陽の射し方などの人智を越えた力の活用もデザイン時の重要な視点といたしました。それにより、一秒として同じ景色がなく、瞬間瞬間の圧倒的な絶景をお楽しみいただけます。

更に、ホテル庭園の風情は四季だけでは語りつくせず、「七季」としてお客様にお楽しみいただいております。その、椿・桜・新緑・蛍・涼夏・秋・冬の7つの各季節の美しい情景と「東京雲海」を連動させ、いつお越しいただいても心をゆさぶる景色と風情があることを目指しデザインしました。

日本最大級のデザインアワードで、空間デザインの価値を未来へ繋ぎ、日本から優れたデザインを世界に発信することを目的としているアワードです。展示会やイベント、映像や光などによる演出空間、博物館や公共施設など11のカテゴリで金賞・銀賞・銅賞が選定されます。この度、2022年10月21日に開催された贈賞式にて、全761の応募作品の中から33賞が発表され、ホテル椿山荘東京は「エンターテインメント&クリエイティブ・アート空間」カテゴリにて『銀賞』を受賞いたしました。

日本空間デザイン賞2022年度三次・最終審査会より(一部抜粋)

壁もないところに(空間をデザインする)素晴らしい試みである点、人間ができる美しい自然現象を創っている点、歴史のある場所に現代的な新しいきっかけが創られ、新しい空間体験を創出している点などをご評価いただきました。雲海のミストはスモークなどの熱を活用したものではなく、衛生面の観点から貯水できない井戸水を用いられ環境への配慮も考えられている点も議論の中で語られたほか、屏風絵の中に入っていけそうなそんな印象が素敵だとのコメントもいただきました。

フランス人のレミー・ル・リエーヴル氏とソフィー・ル・リエーヴル氏夫妻により主宰され、約20年の歴史をもつホテルの国際的なアワードです。国籍の異なる著名なジャーナリスト22名が、世界五大陸に位置する247軒ものノミネートホテルを多様な角度から審査し、各カテゴリのグランプリを選出します。最高のサービスを誇るベストホテル賞やインテリアデザイン、グループホテル、レストランなどのカテゴリがあります。2022年10月17日パリ市内でグランプリの発表と表彰式が行われ、「The Best Hotel Ambience in the World(雰囲気が最高のベストホテル)」部門で『グランプリ』を受賞いたしました。

プリ・ヴィレジアトゥール2022年度審査総評より(一部抜粋)
庭園の歴史を十分に考慮した上で、過去と現在の融合によりすばらしい演出が生まれています。また四季だけではない7つの季節があるということ、まさか東京の真ん中にこのような霧の演出が出現するということは、さまざまな国や地域 (アメリカ、中東、ヨーロッパ、アジア)の非常に影響力のあるジャーナリストで構成された審査員を完全に魅了しました。

◆プリ・ヴィレジアトゥール2022の表彰式がパリで開催され、日本のホテルがグランプリとして表彰されるということで、大使館を表敬させていただき、在フランス日本国特命全権大使 伊原純一様より温かいご祝辞を賜りました。

 

  • ホテル椿山荘東京 総支配人 山下信典より受賞の喜びとご挨拶

国内の空間デザインという視点と、世界のジャーナリストからという視点と、異なる角度から、それぞれ、“東京雲海と7つの季節”がご評価いただけましたことを大変光栄に思います。関わってくださった全ての皆様に感謝申し上げます。

2020年からのコロナとの闘いが始まり、ホテルも初めての休業も経験し、大変長く苦しい時期でもありました。世界中の方々も同様159に大変な時を過ごされたことと思います。今後、機会がありましたら、圧倒的な絶景による癒しのひとときを、国内外の多くの皆様にご体感いただければ嬉しく、またこの取り組みと受賞が観光促進の一助となれば幸いです。心より御礼申し上げます。

  • <2022年アワード受賞記念> Healing Gardenステイ

受賞への感謝を込めて、受賞と開業70周年を記念したステイプラン「<2022年アワード受賞記念> Healing Gardenステイ」をご提供いたします。

本プランは、ホテル椿山荘東京でのステイを存分にご体験いただけるよう、シティビュー料金のままガーデンビューのお部屋を確約。客室から眺める「東京雲海」、これから冬の季節に嬉しい温泉がご使用いただけるスパ施設利用、庭園を眺めながらのお部屋での朝食など、東京の真ん中で癒しのひとときをお過ごしいただけます。

期間中の「東京雲海」は、2月7日までホテルオリジナルアロマ「Healing Garden」の香りをのせた『香る、東京雲海』と70周年記念の『森のオーロラと祈り星~アニバーサリーフラッシュ~』、2月8日以降はさくら色に雲海が染まる『夜桜雲海』がご体験いただけます。
さらに「Healing Garden」のアロマオイルとキューブ型ディフューザーを1室1つプレゼントいたします。ご帰宅後も癒しの時間をお楽しみください。

ステイプラン概要

■期 間:2023年1月4日(水)~ 3月17日(金)
■ご予約:2022年11月11日(金)~
■料 金:プライムスーペリア ガーデンビュー(45㎡)1室2名様ご利用時 ¥57,300~
※消費税・サービス料込み、宿泊税別。
■内 容:
・ガーデンビューのお部屋確約
・ホテル椿山荘東京オリジナルアロマ「Healing Garden」ギフトセット
(アロマオイル5ml&ヒノキキューブ型ディフューザー)1室1セット
・スパ施設のご利用(プール、温泉、サウナ、フィットネスジム)
・選べるご朝食(洋食・和食レストラン、ルームサービス)
■ご予約・お問い合わせ:03-3943-0996(9:00~20:00)

  • 贈賞式・表彰式の様子

日本空間デザイン賞(2022年10月21日 日本・品川区にて)

Prix Villégiature Awards(2022年10月17日 フランス・パリにて)

  • ホテル椿山荘東京とは

都心にありながら、森のような庭園の中に建つホテル椿山荘東京は、2022年11月11日に開業70年を迎えます。

267室の客室では、第二の我が家のようにお寛ぎいただけるよう充実した機能やアメニティを備えるだけでなく、都心のパノラマ、またはガーデンビューをご堪能いただけます。そのほか、庭園内や館内の9つのレストラン、自然光を感じられる直営のスパ・トリートメント施設、最大2,000名様までご利用いただける大会場を含む38の宴会場、チャペル・神殿、理・美容室、フォトスタジオなどを完備しています。

散策できる広大な庭園には、国の有形文化財の三重塔や茶室、史跡があり、また春の桜、きらめく新緑、初夏の蛍、夏の涼やかな滝のしぶき、紅葉、雪景色の中の椿と、四季の風情が東京にいることを忘れさせる特別なひとときをお過ごしいただけます。又、国内最大級の霧の庭園演出「東京雲海」も都心の絶景として通年お楽しみいただけます。

ホテル椿山荘東京は、「フォーブス・トラベルガイド」が発表した格付けの「ホテル部門」・「スパ部門」では、おかげさまで名だたるホテルが並ぶ4つ星を獲得できました。また、特に最高級の施設とサービスにより、記憶に残る体験を提供するホテルとして認められ「プリファードホテルズ & リゾーツ」の「L.V.X. Collection」に加盟いたしております。

東京のホテルならホテル椿山荘東京。【公式サイト】
ホテル椿山荘東京は、四季折々の庭園とともに、ご宿泊、レストランでのお食事、結婚式や結納などのお祝いなど皆様のお集まりの場をご用意しております。世界に誇る都市、東京のホテルだからこそ、日本らしさ、を求めて。世界をもてなす、日本がある。ホテル椿山荘東京
TRAVEL
Liveen Times

コメント