日本最長5,481mの苗場ドラゴンドラで新緑の空中散歩! 春の運行期間は、2021年4月24日~5月30日!


春のMt.Naebaで、日本一の長さを誇るドラゴンドラに乗って気分をリフレッシュ&リラックス

日本有数のマウンテンリゾートMt.Naebaの苗場スキー場(所在地:新潟県南魚沼郡湯沢町三国)では、毎年紅葉の季節に好評をいただいております苗場ドラゴンドラの観光営業を、2021年4月24日(土)から5月30日(日)の季節にも実施される。

苗場スキー場とかぐらスキー場(田代エリア)を結ぶ日本最長5,481mの「苗場ドラゴンドラ」は、ゴンドラとしては日本一の長さを誇り、アップダウンを繰り返しながらおよそ30分間の空中散歩をお楽しめる。

この春は、「五感で楽しむ癒やし旅」をコンセプトに、密を避けたプライベート空間でリフレッシュ&リラックスできる新緑の癒やし旅を提供いたします。五感とは、視覚(見る)、聴覚(聴く)、味覚(味わう)、嗅覚(香る)、触覚(触る)の5つの感覚のことで、雪解けの春は大自然のなかで新緑と残雪に包まれた美しい景色を眺めることができ、周辺に広がる「ブナ林」や「ホウの木」や「トチの木」、そして「フジ」等の木々も芽吹きはじめ、春の訪れに喜ぶ野鳥たちのさえずりや雪融けの川のせせらぎが心地よい音を奏で、生命力あふれる山々のさわやかな空気にこころ癒され春の訪れを感じることができます。さらに、この春はドラゴンドラ山頂駅付近のレストランアルム横テラスにて本場フィンランド式「山頂ハイジのテントサウナ®」を実施いたします。大自然のなかで、新緑と残雪に包まれながら特別な癒やしの外気浴をお楽しみいただけます。

苗場ドラゴンドラ山麓駅付近には「ミズバショウ」の群生地があり、4月中旬頃よりその可憐な花を咲かせます。雪解けの爽やかな春の新緑の季節に心癒されるおすすめの観光スポットです。

◎苗場ドラゴンドラ新緑運行概要

峰づたいに繰り返されるアップダウンは迫力満点で、下降する時はまさに大自然に包まれているようです。
眼下に流れる清津川の清流や神秘的に輝く二居湖(ふたいこ)に心癒やされます。
また、運がよければニホンザルやニホンカモシカ等の野生動物たちに遭遇することもあります。
【全  長】5,481m(日本最長)
【標  高】山麓駅:921m、山頂駅:1,346m
【標 高 差】425m
【乗車時間】片道約30分
【運 行 日】2021年4月24日(土)~5月30日(日)
【運行時間】9:00A.M.~3:00P.M.
(下り乗車の最終は4:00P.M.となります。)
【料  金】 おとな¥2,200 こども¥1,100(往復)※消費税込
※ゲージを使用してのペット乗車も可能(大型犬を除く)有料:¥600
※スキー・スノーボード等の滑走用具の持ち込みはできません。


●新緑のドラゴンドラで空中散歩 ~五感で楽しむことができる癒やし旅のご提案~


春の季節の苗場は、新緑の森の香りに包まれながら、
淡く芽吹く木々をはじめ、柔らかな光を浴び春色に
染まっていく花々、そして透き通った森に優しく木霊する
鳥のさえずり等、冬から春へと変わる季節の移ろいと
自然のエネルギーや生命力を感じることができます。

視覚(見る)・・・新緑や残雪等の季節の移り変わりの景色

聴覚(聴く)・・・鳥のさえずり、雪融けの川のせせらぎ

味覚(味わう)・・・地元新潟の食、地産地消メニュー

嗅覚(香る)・・・春を感じるフィトンチッドの香り、春の匂い

触覚(触る)・・・雪に触る。自然に触れる

日本最長の新緑空中散歩|苗場スキー場
TRAVEL
Liveen Times

コメント