aespa(エスパ)のメンバー、カリナが案内する韓国旅行ドキュメンタリー「韓国ソウル伝統とモダンの融合」

スポンサーリンク

カリナが昌慶宮、聖水洞、東大門デザインプラザ(DDP)などソウルの伝統と現在の魅力をキュートに紹介!

”ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメ(以下ヒストリー テャンネル)”で、グループ会社HISTORY KOREAと韓国ソウル市が共同製作したドキュメンタリー番組シリーズ「Travel Diary:  韓国ソウル伝統とモダンの融合」を放送いたします。本作は、4話のシリーズ作品で、K-POPガールズグループaespa(エスパ)のメンバー、カリナさんと俳優のデビッド・マクイニスさんが出演。K-POPカルチャーの中心地や、隠れたヒーリングスポット、韓流ドラマや映画の舞台となったロケ地や、伝統的なストリートフードから最新フードまで、あらゆる人気スポットを自らレポートし、ナレーションも担当しています。

「第一話:ソウルの変貌」では、カリナさんが、昌慶宮(チャンギョングン)を案内します。歴史深いこの宮殿は映画や韓国ドラマなどのロケ地としても有名。番組では、世界的に人気の韓国ゾンビ時代ドラマで、王子が王妃にひざまずくシーンが撮影された場所を紹介します。宮殿の気品あふれる雰囲気の中、カリナさんが伝統の衣装を試着。その美しさは、王朝時代まで時を超えたような気分を誘います。「第二話:ソウルの感性」では、6.3キロに及ぶ帯状の公園、京義(キョンイ)森の道を散策。おとづれていた家族連れと気さくに触れ合います。

「第3話:ソウルの食文化」と「第4話:ソウルの出会い」では、マクイニスさんが韓国フードや一人旅を体験。通りを一歩はいった路地を尋ね、悠久の歴史と静けさに迷い込み、心が癒される旅を紹介します。

洗練された最先端都市の顔と、素朴な感性を併せ持つ韓国ソウル。現代文化を象徴するK-POPアイドルのカリナさんの体験レポートを通じて、若者が感じる韓国の人気スポットの楽しみ方を知ることができます。一方、マクイニスさんのひとり旅は、美味しい食事、人々との触れ合い、喧騒を離れた静けさによって癒される旅の醍醐味を伝えます。ソウルの魅力が詰まった、見どころ満載のシリーズです。11月13日(土)よりヒストリーチャンネルの独占放送。是非、全エピソードをご覧ください。

<番組情報>
Travel Diary:韓国ソウル 伝統とモダンの融合
#01 ソウルの変貌
11/13(土) 21:00、11/27(土) 13:00
概要:近年、劇的な変化を遂げている街・ソウル市。その変化を語る上で外せないのが、K-POP。カリナがそのカルチャーの中心スポットを巡り、InstagramLiveを使って旅を記録しながら、ソウルの「今」をお届けします。
#02 ソウルの感性
11/14(日) 21:00、11/27(土) 17:30
概要:刺激と経験を求めるミレニアル世代の若者にとってホットな街・ソウル。洗練された最先端の街の顔と、素朴な感性を併せ持つこの世界的大都市が刺激する感性をお伝えします。あなたは何を感じますか。

#03 ソウルの食文化
11/20(土) 21:00、11/28(日) 13:00
概要:旅行の目的地を選ぶ時に大事な食べ物。ソウルは伝統的韓国料理はもちろん、トッポギ、スンデ、ピンデトックなどのストリートフードまで、魅力たっぷりのソウルの食文化を紹介します。
#04 ソウルの出会い
11/21(日) 21:00、11/28(日) 17:30
概要:実は、ひとりでも楽しめるのがソウル市の魅力。華やかな街を一歩裏に入ると、長い歴史とそこに根付いた静かな雰囲気が味わえます。そこにはどんな出会いが待っているのでしょうか?

エーアンドイーネットワークスジャパン合同会社とは数々の受賞歴を持つコンテンツを提供するグローバルメディア企業A+E Networks®グループ会社で、TV放映開始から20年以上の歴史がある「HISTORY」 犯罪捜査コンテンツ「C+I(シーアイ)」ブランドなどを運営し、VOD配信、デジタルリニア配信、クリエーティブサービス事業を行っています。
公式サイト https://jp.aenetworks.com/

ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメとは全世界185カ国以上、3億3000万世帯に視聴されている、世界最大の、歴史エンターテインメントブランド。語られなかった過去の事実や実際の出来事、実在の人物など、“ファクト”をベースにしたドキュメンタリー、リアリティーショーのほか、過去の事実をベースにしたドラマまで広くコンテンツを提供しています。番組は、スカパー!、J:COM、全国のケーブル局のほか、動画配信サービスでもご覧いただけます。
公式サイト https://jp.history.com/

 

TRAVEL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント