横浜・八景島シーパラダイス、自然の海の水族館『うみファーム』が7月10日リニューアルオープン!

スポンサーリンク

​『横浜・八景島シーパラダイス』では、2021年7月10日(土)に自然の海の水族館『うみファーム』がリニューアルオープンいたします。


水族館『うみファーム』は、自然の海を舞台に、海の環境や生きものたちを「観る」「知る」「獲る」「食べる」ことを通じて、海の環境を身近に感じ、そして考えるための“海育”をコンセプトとした水族館です。

今回のリニューアルは水族館からレストランエリアへ向かうゾーン一体を改装することでお客さまの満足度向上を図るほか、自然・環境やSDGsへの取り組みの大切さを知ってもらい、興味をもっていただくことを目的としています。
水族館『うみファーム』にあわせ、釣った魚を調理する『うみファームキッチン』、そして海を臨むワッフル&クラフトビールのお店『ドルフィン』もリニューアルオープンいたします。
『横浜・八景島シーパラダイス』の特性でもある“海・島・生きもの”の魅力をさらに高め、時代にあわせた施設作りを行ってまいります。

自然の海の水族館『うみファーム』

水族館『うみファーム』は、自然の海を利用し、海の環境や生きものを「観る」「知る」「獲る」「食べる」ことができる施設で、海の環境を身近に感じ、そして興味を持っていただくための“海育”をコンセプトとした水族館です。

海の環境に育まれている生きものを観察しながら、身近な海のすばらしさや海を守る活動を楽しく学ぶことを目指しています。

『うみファーム』は魚釣りやビオトープが楽しめる「フィッシャーマンズオアシス」と、四季を通じて変化する自然の海の様子や海藻に集まる生きものの生態を観察することができる「オーシャンラボ」があり、その両軸をより深く楽しめるよう、視覚的にもリニューアルいたします。

今夏のリニューアルでは、『うみファーム』のエントランスを視認性が高いデザインに変更し、“橋を渡って行ってみたくなる海の上の水族館”を演出いたします。“海育”について伝えるためのガイダンスルームは海の中にワープしていくようなわくわくするデザインに変更し、小さいお子さまも海について興味をもっていただけるような演出を施しています。

「フィッシャーマンズオアシス」ではアジやマダイなど季節の魚をご自身で獲ることができる魚釣りのほか、今回新たに、お子さまが波打ち際の生態系を遊びながら学ぶことができ、ご家族がゆったりとお子さまの様子を見守りながらくつろげるような「マリンビオトープ」や、近海の漁港から直送された新鮮な魚介類を販売する「おさかなマルシェ」を新設いたします。

「オーシャンラボ」では、自然の海を観察するだけでなく、当館のスタッフによる海や生きものについて学べるガイドツアー「東京湾ワンダーウォッチャーズ」を実施し、子どもから大人まで楽しみながら海の環境と生きものについて学べる新たなエデュテインメント施設へと進化いたします。

海と島と生きもののテーマパーク | 横浜・八景島シーパラダイス – YOKOHAMA HAKKEIJIMA SEA PARADISE

TRAVEL
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント