『第8回カバーガール大賞』エンタメ部門は乃木坂46 遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめが揃って受賞

スポンサーリンク

エンタメ部門で見事1位に輝いたのは、乃木坂46の次世代を担う4期生・遠藤さくらさん、賀喜遥香さん、筒井あやめさんです!

なんと部門賞の同率受賞はカバーガール大賞始まって以来初!そんな3名は2018年より乃木坂46の4期生として加入しました。同じグループ所属であり、同じ時期に加入されたメンバーというのがなんともエモーショナルな展開ではありますが、グループ全体での活躍はもちろん、遠藤さん、賀喜さん、筒井さんそれぞれが単独で多くのエンタメ誌を飾っており、1人1人の活躍が集結した結果、見事3名でエンタメ部門の1位に輝きました。

第4回・第5回は齋藤飛鳥さん(乃木坂46)、第6回・第7回は与田祐希さん(乃木坂46)と、先輩から後輩へバトンのように受け継がれるエンタメ部門。今回も次世代のセンターを担っていく乃木坂46の4期生3名がその座を射止める結果となりました。

第8回カバーガール大賞』は下記の方々に決定いたしました。

【大賞】 えなこ

【メンズ部門】 平野紫耀(King & Prince)

【エンタメ部門】 遠藤さくら・賀喜遥香・筒井あやめ(乃木坂46)

【ファッション部門】 川口春奈

【コミック雑誌部門】 えなこ

【グラビア部門】 えなこ

【話題賞】  non-no 創刊50周年

【10代部門】 沢口愛華

【20代部門】 えなこ

【30代部門】 大政 絢

【トップ10】
1位 えなこ  2位 伊織もえ 3位 沢口愛華  3位 篠崎こころ
5位 桃月なしこ  6位 川口春奈 7位 大原優乃  7位 工藤美桜
9位 上白石萌音  10位 石田桃香  10位 伊原六花  10位 田中美久(HKT48)
(五十音順・敬省略)

受賞された皆様、おめでとうございました!
(※1)複数人で撮影された表紙についても、個人の登場回数に含み集計しています。

PHOTO
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント