Nicori Light Tours、現体制でのラストLIVEを開催!

Nicori Light ToursがSHIBUYA CLUB QUATTROにて、現体制でのラストLIVEを開催した。

Nicori Light Toursは、Janne Da Arc の元メンバーである you(Gt)・kiyo(Key)の2人に、ハイトーンボイスで歌い上げる歌唱力に定評のあるボーカリストɑyumu、甘いマスクに甘い歌声で見る者全てを魅了するボーカリストko-heiの2名の全く異なるキャラクターを持つ男性ボーカリストを迎え、新たなスタイルを確立したロックバンド。

この度、Vo. Ko-heiが1月末をもって脱退することが決まり、1月13日にSHIBUYA CLUB QUATTROにて開催の『Nicori Light Tours LIVE TOUR 2024“Departure”』が、現体制でのラスト・ステージとなった。

デビューLIVEも雨だったという彼らのラストLIVEは、初雪となった東京でko-heiの雄叫びからスタート。初っ端から激しい楽曲でヒートアップした会場も悲鳴のような歓声で応え、ステージと一体になる。youが「やっぱりいなくなるのは寂しいから、応援したくなくなった」と拗ねたような表情を見せると会場からは笑いが。ko-heiと共にメンバーとなったαyumuからは「どんな時でもko-heiがそばにいてくれたから乗り越えられました」「ko-heiがいなくなるのは寂しいですが、これからもずっと仲間だと思っています。だからずっと応援しています」とホロリとするメッセージが寄せられた。

ko-heiがNicori Light Toursに加入前の思いを綴った曲「東京」では、これまでの想いを込めて歌唱。シングル曲やアルバム収録曲など、ko-heiが考えたというセットリスト全18曲を披露した。本編ラストにko-heiは、「旅立ち。なにも悲しいことはありません。ここからNicori Light Tours、そして僕、そして皆さん、それぞれの人生を歩んでいきましょう。Nicori(ニコリ)=笑顔、Light=希望の光、これを絶やさず2年半やってきたと思っております。これからも僕たちそれぞれその想いでやっていきますので、これからも応援よろしくお願いします」と挨拶し、kiyoが中心となり作曲されたko-heiを送る新曲「Departure」で締めくくった。

アンコールでは彼ららしく、明るくアップテンポな「Welcome to the Destiny」でタオルを振り回し、デビュー曲「蜃気楼Girl」を再披露。名残惜しくも会場からは笑顔で大きな拍手が送られた。

©2024 Zest, Inc.

『Nicori Light Tours LIVE TOUR 2024“Departure”』 

2024年1月13日(土) 16:30/17:00 ※ライブ 19:30/20:00 ※トークライブ&撮影会
出演 Nicori Light Tours:αyumu (Vo)、ko-hei(Vo)、you(Gt)、kiyo(Key)
サポートメンバー 高井 淳(Ba)、北村 望(Dr)

<Set List>
M1. Mr.JIVE
M2. unknown
M3. パラサイター
M4. DATSU!!!
M5. Re Do
M6. ヒーローの正偽
M7. 東京
M8. またね
M9. コマンド疑似恋愛
M10. カリスマメイカー
M11. ごじゅうおんの終着。
M12. 砂漠の果実
M13. 蜃気楼Girl
M14. サイハテ
M15. The Brand New World Destiny
M16. Departure(新曲)
En 1. Welcome to the Destiny
En 2. 蜃気楼Girl

MUSIC
Liveen Times

コメント