GENERATIONS、10周年ANNIVERSARY YEAR集大成! アリーナツアー最終日に三代目がサプライズ出演!

2023年3月に長野県オリンピック記念アリーナエムウェーブでスタートし、全国7都市17公演を駆け抜けた「GENERATIONS 10th ANNIVERSARY YEAR GENERATIONS LIVE TOUR 2023 “THE BEST”」が12月13日のマリンメッセ福岡公演で最終日を迎えた。

昨年、11月21日にデビュー10周年を迎え、2023年は10周年ANNIVERSARY YEARとして、「集まれ!騒げ!繋がれ!」をスローガンにアリーナツアー、ホールツアー、オーケストラライブの3本の全国ツアーに加え、全国各地の音楽フェスに積極的に参加してきたGENERATIONS。

ライブの幕が開け、1曲目の「ワンダーラスト」、2曲目の「チカラノカギリ 」と、この空間をDREAMERS(GENERATIONSのファンの名称)とともに全力で楽しむというメンバー意気込みが感じられるパフォーマンスで、会場が一気に歓声に包まれた。
その後に続く、「Y.M.A.C.」「EXPerience Greatness」の楽曲でより一層会場の一体感が増していた。

ライブ後半では彼らが今まで開催してきたツアーのオープニング楽曲を披露。
当時の演出をオマージュしたパフォーマンスで会場を沸かせた。

パフォーマーの白濱亜嵐が自分たちのツアーや、初めてGENERATIONSの音楽やパフォーマンスを体感していただく人と一緒に盛り上がれる曲が欲しいということで、作詞・作曲を手掛けた「NOW or NEVER」を披露。メンバーがステージを駆け降り、DREAMERSの席の間を駆け抜け、タオルを回し一緒にジャンプをし、ボルテージは最高潮に達していた。

この光景は、まさにGENERATIONSのメンバーが思い描いていた光景そのものだったのではないだろうか。

そして、アンコールが始まり、最新曲「Diamonds」のパフォーマンスを終えると、LEDに10周年の思いを綴ったコメント映像が流れるが、途中でノイズが走り怪しい雰囲気と共に見覚えのあるロゴが浮かび上がってきた。

そのロゴの全貌が明らかになると会場全体が揺れるような歓声が起こり、三代目 J SOUL BROTHERSのメンバーステージに登場し、2013年にリリースした「BURNING UP」を披露した。

今回、三代目 J SOUL BROTHERSが出演した経緯は2020年に遡る。デビュー10周年を迎えた三代目 J SOUL BROTHERSが、周年記念LIVEとしてABEMA LIVE×ONLINEを開催した際に、GENERATIONSがお祝いに駆けつけ、三代目 J SOUL BORTHERSとのコラボパフォーマンスを披露。

その後に放送されたGENERATIONSのレギュラー番組「GENERATIONS高校TV」でGENERATIONSが自身の10周年LIVEにゲストで来てほしいとお願いしたところ三代目 J SOUL BROTHERSから快諾をもらい今回の出演となった。

さらにEXILE TRIBE「24karats TRIBE OF GOLD」を披露し、パフォーマンスが終わると、高揚感と響めきが渦巻く中、GENERATIONSのメンバー小森隼から「あの時間は幻だったのでしょうか?!」という言葉で笑いを誘った。それにもまして、各メンバーから三代目 J SOIUL BROTHERSのメンバーと同じステージに立てたことへの感謝の言葉をそれぞれ綴った。

2023年をまさに「集まって、騒いで、繋がった」1年になったGENERATIONS。
2024年の活動にも大いに期待したい。

■公演情報

GENERATIONS 10th ANNIVERSARY YEAR
GENERATIONS ORCHESTRA LIVE 2023 “THE LOVE”
12月19日 (火):兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール
12月20日 (水):東京都 東京国際フォーラム ホールA

MUSIC
Liveen Times

コメント