Dream Ami、 配信シングル「Love & Laugh」リリース決定!

E-girlsの中心メンバーとしてのグループ活動を経て、2015年にE-girlsでは初のソロデビューを果たし、現在ではミュージカル出演など活躍の幅を広げているDream Amiが、2023年9月に約2年半ぶりとなる配信シングル「Love & Laugh」をリリースすることが決定した。

この配信シングルはDream Amiが作詞を手がけており、タイトルの通り聴いた人に愛と笑顔を届けるような楽曲になっている。

さらに、9月21日(木)には配信シングル「Love & Laugh」を引っ提げ、自身およそ6年ぶりとなる単独ライブ「Dream Ami Anniversary Live ~Love & Laugh」も開催決定。

昨年2022年に、Dream加入20周年を迎えたDream Amiにとって、これまで応援してきてくださった方々への感謝を伝える記念シングル&Anniversaryライブとなる。

是非会場で、Dream Amiと共に今までの軌跡を辿りながら、新たなスタートを切る瞬間に立ち会っていただきたい。

リリース情報

2023年9月発売
Dream Ami
「Love & Laugh」(読み:ラブ アンド ラフ)

※詳細は後日お知らせいたします。

Dream Amiプロフィール

2002年 dreamに加入し、デビュー。
2011年より、ガールズ・エンタテインメント・プロジェクト “E-girls” の中心メンバーとしても活動開始。

音楽活動のみならず、多数のテレビ出演やラジオのパーソナリティを担当するほか、2015年には「ドレスを脱いだシンデレラ」で、E-girls初のソロデビューを果たす。また2016年公開 ディズニー映画「ズートピア」の日本版主題歌「トライ・エヴリシング」を担当。

作品内で同曲を歌うズートピアの美しき実力派ポップスター “ガゼル” の日本語吹替にも挑戦した。そして2017年3月22日発売のシングル「はやく逢いたい」が、映画「ひるなかの流星」の主題歌として起用され、自身で作詞を手掛け多くのリスナーの共感を得る。

2017年6月 E-girlsが「E.G.family」という新たなガールズ・エンタテインメント・プロジェクトとして進化。E.G.familyの一員として、Dream Amiのソロ活動に専念。

10月4日に発売した1stアルバム「Re: Dream」を引っ提げ、11月より全国5都市5公演の初ソロツアー「Dream Ami 1st. Live Tour 2017 Re: Dream」を開催。

2018年10月にリリースしたシングル「Wonderland」は、映画「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」の主題歌として起用された。

近年では、ミュージカル「#チャミ」(‘21)、自身初のグランドミュージカル作品「ジキル&ハイド」(‘23)にエマ役(W)で出演するなど女優としても活躍。

2023年3月には自身がプロデュースを務めるライフスタイルブランド「Vintry(ヴィントリー)」を立ち上げるなど、活動の幅を広げている。

【公式ホームページ】https://www.ldh.co.jp/management/dream_ami/

MUSIC
Liveen Times

コメント