INI 1ST ARENA LIVE TOUR [BREAK THE CODE] 初アリーナツアー完走!



自身初のアリーナツアーは、全国120,000人を魅了。追加公演は日本武道館2DAYS開催!

2021年11月3日(水)にDEBUT SINGLE『A』で華々しくデビューしたINIは、デビュー1年目にして初の全国ツアーそして、初のアリーナツアーを開催。

ファン待望の本ツアーは、2022年12月17日(土)の愛知・AICHI SKY EXPOを皮切りに、全国4都市5会場(全13公演)を巡り、1月7日(土)・8日(日)に追加公演として日本武道館2DAYSを実施しました。ツアー全公演を通して120,000人を動員し、チケットは即完売。

初の全国ツアーにして初のアリーナツアー、さらには日本武道館公演。そんなINIにとって初めて尽くしの公演をレポートします。

本公演は、Billboard総合アルバム・チャート“HOT Albums”やオリコンウィークリーアルバムランキングなどの各種音楽チャートで初登場1位を獲得し7冠を達成した、1ST ALBUM『Awakening』の収録曲を中心に構成。アルバムのタイトル曲「SPECTRA」はもちろん、デビュー曲「Rocketeer」やストリーミング累計再生回数1億回突破「CALL 119」などヒット曲を含む全22曲を披露し、日本武道館に集まったMINI(ファンの呼称)を沸かせました。

オーディション楽曲から最新ヒット曲まで全22曲を披露!

今回レポートする日本武道館公演は、INIにとって2023年初のライブ。気合十分のINIは、デビュー曲「Rocketeer」からタイトル通りのロケットスタートを切り、「Cardio」「BOMBARDA」とダンスナンバーが続き、一糸乱れぬパフォーマンスを披露。これには、メンバーもMINIも冒頭からボルテージは最高潮に。ダンスナンバーが終わった後のトークでは、新年一発目のライブということで「あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします!」と会場に集まったMINIに新年のご挨拶。

年男の藤牧京介は「今年はMINIの皆さんにもっとたくさん会えるようにしたいです!」と2023年の抱負を語りました。挨拶の流れで佐野雄大が”僕たちの大切な曲を、成長した僕たちでお届けします”と紹介した「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の課題曲「RUNWAY」「ONE」をINIバージョンで披露。

デビューメンバーでの構成となり、オーディション時からダンス・ボーカル・ラップ全て各段に成長した姿で会場を魅了しました。

VTR明けに登場したINIは、先ほどの黒衣装から変わり白を基調とした衣装をまとい、アルバム収録曲「Do What You Like」、そして木村柾哉・西洸人が振り付けを担当した「KILLING PART」を特別にホリデーバージョンで披露。

ライブ中盤には、木村柾哉・後藤威尊・松田迅によるダンスユニット「DANCE #1」、池﨑理人・田島将吾・西洸人によるラップユニット「How are you」、尾崎匠海・佐野雄大・許豊凡・髙塚大夢・藤牧京介のボーカルユニットによる「Mirror」を初披露。

さらに、追加公演だけのスペシャルとしてアルバム『Awakening』収録曲から「Runaway」をハンドマイクで歌唱。メンバーのバックモニターには、INI公式HPで募集した“MINIによる”愛を伝えるメッセージが映し出されました。本楽曲は、メンバーの田島将吾が作詞に参加。「僕たちの等身大を表せるように詞を考えたので、こうしてライブで披露することができて嬉しいです。」とコメントしました。

ライブも終盤に差し掛かり、これまでのタイトル曲「Password」や
「CALL 119」、「Shooting Star」、「Dramatic」など息つく暇もないパフォーマンスを披露。「Password」では、11人が1列になってリ
フターで登場。圧巻の登場に会場全員が圧倒されました。大ヒットアルバム『Awakening』のタイトル曲「SPECTRA」で本編が終了。

アンコールを求めるMINIの大きな拍手に応え流れた映像は、これまでリリースしたタイトル曲の最新曲「SPECTRA」からデビュー曲「Rocketeer」までを振り返るもの。最後に現れた文字は「Let Me Fly」。

この楽曲は彼らが選ばれた「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」のテーマ曲でオーディションの最終回にも披露した楽曲をこのツアーのために構成を変えたINIバージョンで披露。

そんなファンにとって”エモい”楽曲が終わり、最後の挨拶ではリーダーの木村は涙を浮かべながら「こうしてステージに立てるのもMINIの皆さんのおかげです。ありがとうございます。これから老若男女問わず愛されるようなグループになれるように頑張りますのでよろしくお願いします。」と感謝を伝え、年男の髙塚は「”大夢”だけに大きな夢をみている気分でした。オーディションに応募した時に自分がこのようなステージに立つとも思ってなくて、僕がここに立っているのはいま僕を応援してくれているMINIの皆さんのおかげです。」と伝えた。

最年長の西は涙を浮かべながら「ほかのメンバーが言ってくれたように感謝してもしきれません。僕たちは本気で世界に行きたいです。MINIの皆さんを含めたINIチームで世界を目指したいと思います!」と感謝の気持ちと今後の意気込みを語りました。公演の最後「We Are」では撮影OKタイムがあり、最後の最後までMINIを楽しませ歴史のある日本武道館の地で初アリーナツアーの幕を下ろしました。

20歳を迎えた松田迅を終演後サプライズでお祝い!

1月9日(月)は成人の日。INIメンバーの中で20歳を迎えた松田迅を、
公演終わりにメンバー全員でサプライズ祝福しました。メンバーを代表して池﨑理人から松田のメンバーカラーである赤いバラが11本詰まった花束が渡されました。

松田は「これからもめちゃくちゃかっこいい自分でありたいと思います!」と20歳の意気込みを語りました。さらに、昨年お祝いできなかった池﨑も一年越しのお祝いを。メンバーを代表して西洸人から池﨑のメンバーカラーである青いバラ11本が送られた。この模様は、INI Official Twitterでも映像が公開されています。

PHOTO:©LAPONE Entertainment

SETLIST

『2022 INI 1ST ARENA LIVE TOUR[BREAK THE CODE]』
2022年1月8日(日)17:30開演

M01.Rocketeer
M02.Cardio
M03.BOMBARDA
M04.RUNWAY(INI Ver.)
M05.ONE(INI Ver.)
M06.Do What You Like
M07.KILLING PART
M08.AMAZE ME
M09.Brighter
M10.STRIDE
M11.DANCE #1(木村・後藤・松田)
M12.How are you(池﨑・田島・西)
M13.Mirror(尾崎・佐野・許・髙塚・藤牧)
M14.Runaway
M15.Password
M16.CALL 119
M17.Shooting Star
M18.Dramatic
M19.BAD BOYZ
M20.SPECTRA

ENCORE

EC1/M21.♪Let Me Fly~その未来へ~
EC2/M22. ♪We Are

MUSIC
Liveen Times

コメント