FTISLAND、3年ぶりのツアー開催で決意表明 「FTISLANDの音楽は変わらない」

FTISLANDが、約3年ぶりとなるツアー『FTISLAND AUTUMN TOUR 2022 〜DOOR〜』を開催。10月5日の東京・日本武道館2Daysを皮切りに、名古屋、神戸で計5公演を行い、「歌詞でメッセージを伝えたい」と、インディーズ時代からの楽曲を含めた22曲でファンに想いを届けた。

FTISLANDはイ・ホンギ(Main Vocal)、イ・ジェジン(Bass & Vocal)、チェ・ミンファン(Drums)から成るロックバンド。メンバーの入隊やコロナ禍が重なり長く来日が叶わず、今年7月に『FTISLAND FANMEETING 2022 〜WELCOME〜』で2年10ヶ月ぶりに来日。そして今回、念願のライブツアーに至った。ここでは、10月6日の東京・日本武道館2日目の模様をレポートする。

 

3年ぶりのツアーを待ちわびていたファンは、メンバーの登場を手拍子で迎え入れる。SEの音楽が流れ、ステージ中央のDOORが開くと逆行でシルエットになった3人が登場。「Revolution」のイントロで両手を拡げたホンギ。力強いミンファンのドラムに乗って、ホンギとジェジンのツインボーカルで曲が進むが、久々のライブとあってホンギは少し緊張している様子。重いリズムの「Shadows」では語るように丁寧に歌いあげ、「GAME」、「TOP SECRET」と、徐々にギアを上げていく。

MCでは「急に寒くなったから、スタイリストさんがこの衣装を用意してくれたんだけど、暑いよね、かわいいけど」と鮮やかなピンクのダウンベストとグローブに言及し、会場を笑わせるホンギ。「武道館2日目、皆さんと会えてすごく楽しい気分です。声は出せないけれど、ここでは思い切り遊んでください」(ジェジン)、「僕たちは武道館で、そして日本でライブをするのが久しぶりで緊張もしていますが、楽しみな気持ちもいっぱいです。マスクなのは残念ですが、いっぱい動いたり、心の中で歌ったりして、いい思い出を作ってください」(ミンファン)と挨拶を続ける。

ホンギは今回のライブについて、「今回のライブはいつもより、さらに歌詞で皆さんに僕らのメッセージを伝えようと思っているので、歌詞に集中してください。3年ぶりのツアーですが、その間たくさんのことが変わりました。だから、皆さんと何を話せばいいのか、ライブで何を歌えばいいのか、俺らがこれから何をすればいいのかを3人でめちゃくちゃ話し合いました。昔の曲を聴き直してみたら、今の僕らが伝えたいメッセージを含んでいる曲が多くて。それで今回は、僕らが話した内容を音楽で伝えようと思ったんです。皆さんは声が出せないから、聞くしかないでしょ?(笑)」とセットリストに込めた想いを語った。

MCの後は、MCでも話していたように、メッセージを込めたバラードのセクション。ホンギの話をきいてからの「I believe myself」、「Raining」、「In the Room」の歌詞は心に刺さるものがあったが、彼の言うように歌詞を伝えるためなのか、このツアーのセットリストに韓国語曲はない。元々英語詞の「Champagne」以外は、すべて日本語の曲だ。

バラード後のMCでホンギが「100%答えが出たわけじゃないけれど、俺らはこのままでいい、今、俺らができることをやろうって結論を出しました。僕らが3人になっても、皆さんが声を出せなくても、FTISLANDのライブに来たら、幸せな気持ちで帰れるってことは変わらない。昔からずっと目指していたFTISLANDは変わらない。そんな気持ちを込めて歌いました」というと、会場が大きな拍手に包まれた。

「シアワセオリー」からのロックセクションでは、いつものコール&レスポンスの場所でホンギが客席にマイクを向けてすぐにひっこめるという場面も。やはりロックが彼らの本領だ。圧倒的な音楽の力に、ファンはグイグイと惹きつけられていく。声が出せなくても、いつものFTISLANDのライブのムードだ。「1234」ではまるで客席の心が聞こえるかのように、会場が一体化し、フロアの熱がガンガン上がった。

9月21日に約4年ぶりにリリースした19thシングル「DOOR」に関するトークでは、「久々のMV撮影でメンバーたちの演技を見て、恥ずかしくてトリハダがたった」と言うミンファンが、「でも家でMVを見ていたら、3人で手を握るシーンで感動して、泣きそうになった」といい話に持っていくも、「俺、ヤダ。俺がデブだったから!」とホンギがちゃちゃを入れて爆笑モードに。新曲「DOOR」は「何もかも受け入れて、未来へ――」というポジティブで爽やかなロック曲。この曲も歌詞に注目だ。ここから本編ラストまではライブのテッパン曲が続いたが、声が出せない中でも武道館は一体感に包まれ、「FREEDOM」では会場中が一緒にタイミングを合わせてジャンプを楽しんだ。

アンコールは最新シングル『DOOR』に収録されている新曲「SCARLET」からスタート。「メンバーたちと話し合ったって言ったけれど、その中で来年は日本の全国を回りたいという話もしました。昔みたいにZeppとか、ライブハウスを回りたい。だから来年、俺らのツアーがあったらぜひ、遊びに来てください。今年もまだ、俺らと遊べる時間はもう1回、「FNC KINGDOM」(12月17日(土)、18日(日)@幕張メッセ)があります。後輩や俳優も来るので、見どころが多いと思います。昨日、今回のツアーの曲は「FNC KINGDOM」でやりませんって言っちゃったんだけど、3曲くらい許して(笑)。新曲はやらなきゃいけないじゃん!でもその時はもうちょっとロックしようかな」とファンを笑わせたホンギ。

最後に「僕らはこれまでのFTISLANDでいいと思っている。何かのためにやりたくない音楽をするのはイヤ。僕ららしい音楽を守りたい。僕らが目指していたものを守りたい。それを守りつつ、FTの色を守っていきたい。だから皆さん、楽しみにしていてください。頑張ります。皆さんと遊ぶのが一番楽しいです。今日は来てくれてありがとうございました!」と決意と感謝を伝えて「YOU DON’T KNOW WHO I AM」に突入。そして、ホンギ、ジェジン、ミンファンとメンバーがひとつずつボーカルを執る「We are…」でライブを締めくくったが、このラストの「We are…」も、ぜひ歌詞を見返してほしい。

そして、「やめようかと思ったけれど、やらないと心に残っている何かが発散できない。皆さんの声がきけないのは寂しいですが、感謝の気持ちを伝えられるのだったら、やります!」と、いつからかFTISLANDのライブの恒例となっていたジェジンタイム。オフマイクで「いつも感謝しています。みんな、ありがとー!」の言葉と投げキスでライブの幕が閉じた。

この後FTISLANDは、12月に再びFNCのファミリーコンサート「FNC KINGDOM」(12月17日(土)、18日(日)@幕張メッセ)で来日ライブを予定。

さらに12月23日にホンギのソロイベント「LEE HONG GI SOLO SPECIAL LIVE & TALK SHOW 2022 ~MERRY HONG’S MAS~」の開催も決定。ライブステージから、トークコーナーまで、様々なホンギの魅力を見ることができるスペシャルイベント、ぜひ期待して頂きたい。

取材・文/坂本ゆかり

==========================================

■リリース情報

2022年9月21日(水)Release
「DOOR」

【初回限定盤A】(CD+DVD)
WPZL-32012/13 価格 ¥2,640(税込)
[CD](全形態共通)全3曲収録

1.DOOR
2.SCARLET
3. In the Room

[DVD] “DOOR” Music Video&Making Movie

【初回限定盤B】(CD+PHOTO BOOK)
WPCL-13406 価格¥2,420(税込)
[CD](全形態共通)全3曲収録
[PHOTO BOOK] 撮り下ろしカラーフォトブック36P

【通常盤】(CD)
WPCL-13407 価格 ¥1,320(税込)
[CD](全形態共通)全3曲収録

【Primadonna限定盤 】(CD+DVD)
WPZL-60034/35 価格 ¥2,970 (税込)
[CD](全形態共通)全3曲収録
[DVD] 2022.3.20『FTISLAND JAPAN ONLINE FANMEETING 2022 -LIGHT-』
ライブ&トークダイジェスト

■ライブ情報

「LEE HONG GI SOLO SPECIAL LIVE & TALK SHOW 2022 ~MERRY HONG’S MAS~」
<神奈川>パシフィコ横浜国立大ホール
2022年12月23日(金) 昼公演 14:00 開場 15:00 開演 / 夜公演 18:00 開場 19:00 開演
※詳細は、公式ホームページよりご覧ください。

「2022 FNC KINGDOM – STAR STATION -」

<千葉>幕張メッセ 国際展示場 9-10ホール

Day1: 2022年12月17日(土) 15:00 開場 16:00開演 (公演時間 16:00-20:30 予定)
Day2: 2022年12月18日(日) 15:00 開場 16:00開演 (公演時間 16:00-20:30 予定)

参加アーティスト:FTISLAND, CNBLUE, JUNG HAEIN, N.Flying, SF9, Cherry Bullet, P1Harmony, PRIKIL

※詳細は、「2022 FNC KINGDOM – STAR STATION -」公式ホームページよりご覧ください。

———————————————-

◆FTISLAND JAPAN Official HP

https://www.ftisland-official.jp/

◆FTISLAND ワーナーミュージック・ジャパン アーティストページ

https://wmg.jp/ftisland/

◆「2022 FNC KINGDOM – STAR STATION -」 Official HP

https://www.fnckingdom.jp/

MUSIC
Liveen Times

コメント