乃木坂46 10周年記念ライブで14万人動員!白石・西野・生田・高山・松村ら一期生OGが続々降臨!

人気ガールズグループ乃木坂46が5月14と15日、史上最大規模となる日産スタジアムにて「乃木坂46 10th YEAR BIRTHDAY LIVE」を開催した。各日70,000人、2日間で140,000人のファンを集め盛大に10周年を祝った。

結成10年を祝うライブの最終日には、卒業生の西野七瀬、白石麻衣、生田絵梨花、高山一実、松村沙友理がサプライズで登場した。

影アナのパートで乃木坂46合同会社代表の今野義雄氏が挨拶した。おなじみのovertureのあと、5期生井上和が口火を切ると、4期生遠藤さくら、3期生梅澤美波、2期生鈴木絢音、そして1期生の和田まあや、樋口日奈、齋藤飛鳥、秋元真夏が高らかに開会宣言。無数の風船が宙に放たれ、ファンのテンションは一気に上がった。

最初のMCのあと、人気卒業メンバーの西野七瀬が姿を現すと、会場から大きなどよめき溢れた。「楽しんでますかー!」との煽りの後、西野のセンター曲『帰り道は遠回りしたくなる』が披露された。

西野は日産スタジアムの大きさに圧倒されながらも、「なんで私のタオル持ってるんですか」と、西野の名前入り応援タオルを持っているファンを見つけ驚いた様子だった。

そして、白石麻衣が1年半ぶりに乃木坂46に登場。自身が最後に参加したシングル表題曲「しあわせの保護色」のパフォーマンスに途中から合流し姿が見えた途端、会場からドッと歓声が沸き起こった。白石は感激で目を潤ませながら「しあわせの保護色」を笑顔で披露。さらに「シンクロニシティ」とセンターで披露し、ファンを痺れさせた。

久々のパフォーマンスで白石が「ドキドキした。今までにないくらい、ライブで緊張した」と打ち明けると、キャプテン秋元真夏は過去にライブで緊張していたとき、白石から「大丈夫だよ」「楽しめば行けるよ」と言われていたことを回想した。続けて白石が「ステージ出たときも、ちょっとうるっと来ちゃった。みなさんに会えたのもそうですし、みんなで久しぶりにパフォーマンスできたのも本当にうれしくて」と感激していた。

さらに5ヵ月ぶりに生田絵梨花が登場。客席からの大きな拍手を受けた生田がステージ前方へ歩みを進めると、涙をこらえている表情のキャプテン秋元真夏ら1期生が駆け寄ると、生田は「わ〜っ」と歓声を上げた。生田をセンターで卒業記念曲「最後のTight Hug」を現役メンバーと共に熱唱。「みなさんありがとうございました!この後も盛り上がってください!」と挨拶し、笑顔のままステージを後にした。

本編の終盤、10周年記念特別企画で、日産スタジアム横に設置された特設会場にて、卒業生の白石麻衣、西野七瀬、生田絵梨花が3人そろって再登場。白石、西野、生田のOG3人が「きょうは私たち卒業生からみんなに、プレゼントがあります」とのメッセージが伝えられた。

10周年を記念する“10本のろうそく”に見立てたトーチに、聖火リレーする形で一本一本に火を灯した。10本目を3人で点火すると、会場から大きな拍手が沸き起こった。

西野は「これまで乃木坂46を応援してくださったみなさん、本当にありがとうございます。私たち卒業生もこれからも乃木坂46が皆様に愛されるグループになれるよう願っています」と語った。

白石は「乃木坂は11年目に入りますが、11本目のローソクはステージに用意してあります。11本目の火は皆さんで灯してください」と可愛い後輩の肩を押した。“11年目”を果敢に走ると決意した現メンバーへ”栄光のトーチ”が渡された。

アンコールでは、昨年7月に卒業した松村沙友理、昨年11月に卒業した高山一実も登場した。

松村は「最近みんなどんどん卒業して、個々の活動をやってるんですけど、こうやって集まると、乃木坂46から始まったんだなって改めて感じられて、このホーム感、私たちには絶対、乃木坂があるんだって安心して生きていけるなと思いました。本当に乃木坂大好きー!」と笑顔で語った。

高山は「やっほー!やっぱり乃木坂最高です。ライブを初めて観させていただいて、一体感に感動しました。メンバーの頑張り、スタッフさんの力添え、ファンの皆さんの会場づくりに感動した1日でした」と乃木坂愛を再認識した一日になったようだ。

■乃木坂46「10th YEAR BIRTHDAY LIVE」2日目ファイナル

セットリスト

M1:インフルエンサー
M2:逃げ水
M3:いつかできるから今日できる
M4:スカイダイビング
M5:三番目の風
M6:日常
M7:誰よりそばにいたい
M8:キャラバンは眠らない
M9:ジコチューで行こう!
M10:空扉
M11:帰り道は遠回りしたくなる
M12:ありがちな恋愛
M13:夜明けまで強がらなくてもいい
M14:Sing Out!
M15:4番目の光
M16:毎日がBrand new day
M17:I see…
M18:しあわせな保護色
M19:シンクロニシティ
M20:世界中の隣人よ
M21:Route 246
M22:僕は僕を好きになる
M23:ごめんねFingers crossed
M24:君に叱られた
M25:最後のTight Hug
M26:絶望の一秒前
M27:届かなくたって・・・
M28:Actually…
M29:制服のマネキン
M30:世界で一番 孤独なLover
M31:他人のそら似
M32:おいでシャンプー
M33:夏のFree&Easy
M34:太陽ノック
M35:裸足でSummer
M36:きっかけ
M37:サヨナラの意味
M38:君の名は希望

ENCORE

EN1:ガールズルール
EN2:ロマンスのスタート
EN3:乃木坂の詩

MUSIC
Liveen Times

コメント