HKT48コンサート みんな 元気にしとった?矢吹奈子・宮脇咲良も出演 夜公演は森保まどかの卒業式!

スポンサーリンク


HKT48の拠点・福岡の北九州ソレイユホールにて、約1年4カ月ぶりとなるコンサートを開催いたしました。

本公演は、福岡県に発令された緊急事態宣言に伴う「収容人数50%」等のイベント開催要請や政府が定める感染症対策ガイドラインに従い、来場者は会場収容人数2008名に対し半数以下の830名(SOLDOUT)、入場時に検温・手指消毒、またフェイスシールド着用にご協力いただき、有観客にて開催しております。

1曲目は「転がる石になれ」からスタート。3曲目のライブチューン「ぶっ倒れるまで」では今月、HKT48に復帰した宮脇咲良と矢吹奈子が登場しました。


2018年12月以来のコンサート出演となった二人。お客様からの大きな拍手の中、メンバーの「おかえり」の声で迎えられると、矢吹は「こうやってファンの方に会えて本当に嬉しいです」と笑顔を見せるも、宮脇は「まだ2曲しか出てないんですけど、ちょっと体力落ちたなって…」と息切れしつつ苦笑い。

まわりのメンバーから一斉に「ウソでしょ!?」と笑いが起きていました。公演中盤には、今回のために練習を重ねた和太鼓のパフォーマンスや、ダンスユニット・Lit charm (リットチャーム)の「汚れている真実」で、熊沢世莉奈と上野遥がアクロバットを披露。矢吹と田中美久の“なこみく”コンビで「生意気リップス」も久しぶりにパフォーマンスし、会場を盛り上げました。

そして迎えた夜公演。セットリストや演出など、森保自身が考案した<卒業式>は、森保が演奏する美しいピアノの音色で幕を開けました。森保は「まずは無事に開催できたことに感謝したいです」と話し、“なつまど”として、コンビで活動することが多かった松岡菜摘は、開演直前に森保に呼ばれ、手を握って「頑張ろうね」と声をかけられたエピソードを明かし、さっそく涙ぐむ一幕も。なぜか聞いていた田中美久が号泣する展開に笑いも起こり、松岡は「最後まで涙もありつつ、笑いもありつつ、楽しく見送っていけたら」と話していました。

7曲目からのユニット楽曲では、森保が全曲出演。所属するビジュアルユニット・Chou(シュー)の「キスの花びら」や、松岡とこれまで何度も一緒に歌い上げてきた「てもでもの涙」などを披露しました。後半には、後輩メンバーとの共演が続き、最後は1期生でデビュー公演楽曲「手をつなぎながら」をパフォーマンス。ステージ後のMCも10年の絆を感じさせる息の合ったMCが繰り広げられ、笑いの絶えない時間となりました。終盤では、「早送りカレンダー」や「メロンジュース」などHKT48のシングル曲を披露。そして本編のラストは、森保がAKB48のシングルに初選抜された思い出の楽曲「希望的リフレイン」を披露し、会場中のペンライトが大きく揺れていました。

そしてオーディションから総選挙ランクイン、大舞台でのピアノ演奏など10年間の軌跡映像が流れ、アンコールへ。ドレスに身を包んだ森保が登場し、初のソロ楽曲「この道」をしっとりと歌い上げました。ひとりステージに立った森保は、家族をはじめ、スタッフやメンバー、そしてファンの皆様への感謝を丁寧に伝え、最後は「あなたがいてくれたから」を全員で披露。「今日は本当にありがとうございました!」と改めて挨拶し、約10年に渡り、駆け抜けたアイドル活動に幕を閉じました。


6月19日(土)には、同じ1期生・宮脇咲良の卒業コンサートをマリンメッセ福岡にて開催いたします。

<森保まどかコメント ※アンコール明けの挨拶⼀部抜粋>

今日で10年続けたアイドル生活が終わるなんて自分でも信じられないし、今後のことが想像つきません。まずメンバー、ここまで一緒にHKT48をつくってくれてありがとう。みんなは本当に明るくてかわいくて家族みたいで一緒にいると笑顔が絶えません。今までもこれからも、きっとHKT48が1番かわいくて、1番輝いているグループだよ。

そして何より、ファンの皆さん、見つけて好きになって応援してくれてありがとうございます。ファンの皆さんがいたからこそ続けられました。このメンバーで、スタッフさんで、この家族で、ファンの皆さんだったからこそ10年続けられました。たくさんのめぐり逢わせと、出会いに感謝したいなと思います。今日は完全燃焼出来ました。本当に来てくださった皆さん、配信で見届けてくださった皆さん、ありがとうございました。

©Mercury

コメント