THE RAMPAGE、映画『MY (K)NIGHT』メイキング映像・写真解禁!

物語の舞台は横浜。ある夜、3組の孤独な男女に訪れた、たった一晩の小さな冒険を描く完全オリジナルストーリーの映画『MY (K)NIGHT マイ・ナイト』が12月1日(金)に公開!監督は、『わたしは光をにぎっている』(19)、『やがて海へと届く』(22)を手がけた新鋭・中川龍太郎。

主要キャストには、川村壱馬、RIKU、吉野北人(共に、THE RAMPAGE)が、プロのデートセラピストとして一夜限りの恋人を癒していく刹那(せつな)役(川村壱馬)、イチヤ役(RIKU)、刻(とき)役(吉野北人)を演じる。その刹那、イチヤ、刻が癒していく一夜限りの恋人役を、安達祐実、穂志もえか、夏子が演じる。

プロ意識溢れる川村、気遣いが光るRIKU、寒空でもリラックスの吉野
貴重な撮影風景を収めたメイキング映像が解禁!

川村、RIKU、吉野が、一晩の小さな冒険を通して孤独な女性たちを癒すデートセラピストを演じる本作。この度、撮影現場での様子を収めたメイキング映像が解禁となった。撮影現場でも三者三様の個性が出ていたようで、台本に書かれたセリフを監督と吟味する川村、プリンの差し入れでスタッフたちを元気づけたり、“マナー脚”で自分より背の低いスタッフに気配りするRIKU、寒空の中でのクルーズデートの撮影でもリラックスした様子の吉野が捉えられている。

本作の監督を務めた中川龍太郎は、3人について「全員ちゃんと個性が違ってそれぞれ魅力的。撮っていて飽きません」と語る。川村については、「壱馬さんとはすごく話し合い、芯の部分で深く繋がりながらやりました。彼が納得することを大事にして撮りたかった」と振り返りつつ「チャーミングな面があるんですよ。絶対にそれを外に出したがらないけど、僕はこの映画でその部分を引き出したいと思いました」と意外な一面に注目。RIKUについては「男らしいイメージが強いけど、アーティスト肌で繊細」な部分をイチヤのキャラクターに反映。吉野については「普段は弟キャラみたいな感じ」としながらも「信念があって男らしく頭脳明晰なところを見えるようにしたかった」と語る。監督が語った3人それぞれの魅力は、メイキング映像からも垣間見ることができる。
3人の個性と、そこから生まれたキャラクターの魅力をぜひ劇場で体感してほしい!

◆映画『MY (K)NIGHT マイ・ナイト』【メイキング映像<ナイトたちの裏側編>】
URL:https://www.youtube.com/watch?v=D2nD4VO03ho

©2023 HI-AX「MY (K)KNIGHT」

BROAD
Liveen Times

コメント