ZIPANG OPERA、リアルとデジタルの融合「XR LIVE」世界配信決定!

「ZIPANG OPERA」のデジタル領域として始動したWeb3プロジェクト”Another World”をプロデュースする株式会社ツインプラネット(代表取締役 矢嶋健二 / 本社 東京都渋谷区)は、プロジェクトの一環として、メンバーをモデルにしたNFTアートの販売と、リアルとデジタルの融合によるXR LIVE「ZIPANG OPERA TALK & LIVE」の開催を発表した。

「ZIPANG OPERA」は佐藤流司、福澤 侑、⼼之介、spiによる伝統的な⽇本カルチャーとは⼀線を画す、全く新しいジャパニーズポップを世界に向けて発信する⾳楽パフォーマンスユニット。2023年4月に開催されたライブは全世界に配信され、世界中から注目を集める。

Web3プロジェクト”Another World”は、ZIPANG OPERAのジャパニーズポップコンテンツを、NFTやメタバースなどの先端技術を用いて、日本、そして世界へと展開。このプロジェクトの特色として、ZIPANG OPERAのメンバーとファン(愛称:ANCHOR(アンカー))が一緒に交流できるDiscordコミュニティ『ANCHOR CHAIN』もオープン。これまでメンバーやファン同士のコミュニケーションや、生配信などを行ってきた。

そしてこの度、プロジェクトの一環として、ZIPANG OPERAのメンバーをモデルにしたユニークなデジタルアートNFTを販売することが決定。今回のデジタルアートは、Ado等のMVやTVアニメ「うる星やつら」のEDを担当し、サイバーパンクな世界観で世界的に多くの注目を集める人気イラストレーター「ケイゴイノウエ」氏がデザイン。デジタルアートのデザインは服装、背景などのパーツの組み合わせが全て異なる。「NFT」でアーティストとファンの新たなつながりを創出していく。

そして、ZIPANG OPERAが発信するジャパニーズポップとテクノロジーの融合による「ZIPANG OPERA TALK & LIVE」の世界配信も決定。リアルとデジタルを融合した新しいLIVE形式で、リアルタイムのパフォーマンスを楽しむことができ、まるで現場にいるかのような没入感を提供する。NFTを所有している方は、LIVEチケットを割引価格にて購入することが可能。制作・演出は、驚異的なリアリティと没入感に満ちた革新的なXR LIVE体験を提供する新スタジオ「150 labs」が担当する。

詳細は各サイトをチェックしてほしい。

NFT 販売情報

■販売期間

2023年9月1日(金) ~ 9月3日(日)

■販売数
全2809体 (運営分を含む)
※販売方法などの詳細はオフィシャルHP・X(旧Twitter)・Discordコミュニティ『ANCHOR CHAIN』でお知らせいたします。

ZIPANG OPERA TALK & LIVE情報

■公演名
ZIPANG OPERA TALK & LIVE
■公演日
2023年9月15日(金) 22:00~
※販売方法などの詳細はオフィシャルHP・X(旧Twitter)・Discordコミュニティ『ANCHOR CHAIN』でお知らせいたします。

PROFILE

「ZIPANG OPERA」は、佐藤流司・福澤 侑・spi・⼼之介の4⼈による、これまでの伝統的な⽇本カルチャーとは⼀線を画す、全く新しいジャパニーズポップを世界に向けて発信する⾳楽パフォーマンスユニット。アーティスト名「ZIPANG OPERA」は⼀曲⼀曲が歌劇になっているようなパフォーマンスを⾏うことから命名。EDM、エレクトロ・ポップ、ミクスチャー、ラップ、ポップなど様々な⾳楽アプローチで独特の⽇本(和)の世界観を表現する。楽曲によってそれぞれのメンバーの特性を⽣かして世界観が変化する所も⾒どころ。アーティストプロデューサーは演出家としても活躍するPaniCrewの植⽊豪が務める。

■オフィシャルHP
https://ldhrecords.jp/zipangopera/ 
■プロジェクトHP
https://z-anotherworld.jp

BROAD
Liveen Times

コメント