日向坂46、恒例のクリスマスライブ『ひなくり2022』が開催!

人気アイドルグループ日向坂46が12月18日、東京・有明アリーナで『ひなくり2022』2日目公演を開催。前日17日の公演と合わせて計2万4000人の選ばれしおひさま(ファンの総称)達が、ピカピカの有明アリーナに集結した。

「Overture」が流れると、スクリーンにメンバーの紹介VTRが映し出された。クリスマスの準備をする一期生たちのVTRに続き、現センターを務める齊藤京子が、サンタクロースへの願い事を書いた手紙をクリスマスツリーに結んだところで、映像が終了。

待望のメンバーたちが白とベージュの上品なグラデーションが印象的な新衣装をまとい、ステージに現れた。

最新シングルの表題曲「月と星が踊るMidnight」を披露された。続いて「青春の馬」へ。この楽曲のセンターを務めていた小坂菜緒は、休養や怪我のため久しくパフォーマンスに参加していなかったが、今回はセンターポジションに立って堂々と同曲を歌い踊り、おひさまを喜ばせた。

小坂の帰還はおひさまを大喜びさせ、エースの復活を印象づけた。さらに日向坂46のデビュー曲の候補でもあった名曲「ときめき草」が披露された。

久しぶりお披露目となる曲だが、キャプテンの佐々木久美を先頭に、アリーナ中央を縦断する花道を行進し楽しく歌い踊り、笑顔でおひさまの心を温めた。

最初のMCで、キャプテンの佐々木久美が、「おひさまの皆さん、メリーひなクリスマスー!」とひなくりにちなんだ挨拶を行った。

続くMCでは、丹生明里が「かめはめ波ー!」という言葉を合図に、客席の端から端まで、順に空色のサイリウムを点灯していき、光のウェーブを作るという難易度の高い挑戦を成功させた。鮮やかな点灯にメンバーたちは歓声をあげていた。

四期生の藤嶌果歩は、「私は北海道の出身で、クリスマスと言ったら雪があるのが定番だったんですけど、東京は雪が降らないみたいで。でも今回は雪じゃなくて、おひさまのみなさんとクリスマスを過ごせるっていうほんとに素敵な時間を過ごさせていただいて、ほんとに幸せで、ありがとうございます。四期生一同、今日のためにいっぱい準備してきたので、今日はどうぞよろしくお願いします」と、同期を代表して挨拶した。

「りまちゃんちっく」の5人(潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花)が登場し、ユニット曲「ママのドレス」を歌唱。昨年春以来のお披露となるレア曲。続いてほかの一期生が合流し、「My god」をパフォーマンスされた。

富田鈴花、松田好花によるギターデュオ「花ちゃんズ」の歌が聴きたいとメンバーが言うと、ふたりがステージに登場して「ジングルベル」が語り弾きで披露された。ひなくりらしい和気あいあいとした雰囲気に会場全体が満たされた。

そして二期生曲「世界にはThank you!が溢れている」がパフォーマンスされた。メンバーは会場後方に設けられたトラスのステージにのぼり、二階席のおひさまにも笑顔で挨拶し、交流を楽しんだ。

三期生のVTRが流れ、仲むつまじくクリスマスツリーの飾り付けをする映像から、メンバーがステージに登場して「Right?」が歌唱された。

齊藤京子が中森明菜を彷彿とさせる低音ボイスで「孤独な瞬間」をソロで熱唱。聴き応えたっぷりのパフォーマンスでおひさまを喜ばせた。

最後のVTRには四期生が登場。手に持ったロウソクに火を灯しあい、「ブルーベリー&ラズベリー」が爽やかにパフォーマンスされた。

昨日のライブで「おもてなし会」が来年開催されることが発表された四期生は、宮地すみれが代表して意気込みを語った。

宮地は「今度は私たちがおひさまのみなさんをもてなして、素敵なプレゼントをしたいと思います」「四期生の個性や新たな魅力をたくさんお見せしたいと思います。ぜひ会いに来てください。よろしくお願いします」と語ると、キャプテンの佐々木久美は「この数か月で四期生の伸びがほんとにすごくて。でもまたおもてなし会でいろんな壁にぶつかったりすると思うんですけど、先輩たちもできるだけ協力して、素敵なおもてなし会にできたらいいなと思います。頑張ってね!」とエールを送った。

後半戦でメンバーたちがかわいらしいサンタクロースの衣装を着てステージに登場し、おひさまを大喜びさせた。

富田鈴花、高本彩花、山口陽世の振り付けでダンスレクチャーをし、そのまま「HEY!OHISAMA!」をパフォーマンス。続いて加藤史帆のセンター曲「君しか勝たん」できらびやかな幸福感のあるサウンドが鳴り響いた。

さらに小坂センターの2ndシングル表題曲「ドレミソラシド」が熱唱された。

アンコールではツアーTシャツを着て出てきたメンバーたちは、デビュー曲「キュン」を歌唱。

四期生は初めてこの楽曲をパフォーマンスし、人数が増えてパワーアップした新しい日向坂46を印象付けた。昨年は配信で「ひなくり2021」を見ていた四期生の山下葉留花は、「こんなにもおひさまのみなさんと距離が近いなんて思ってなかったので、びっくりしてます」と参加の喜びを語った。

初めての後輩ができた三期生の上村が、「ご覧の通りめっちゃかわいくて、内面までかわくて、いっぱいかわいがりたいなと思います」と宣言すると、二期生の富田が「(隣りにいる)希来里(竹内)ちゃんのことをずっとなでなでしてます」と告白。

一期生の齊藤京子は「毎回、ひなくりの公演が思い出がひとつひとつあるので、今日も思い出に残るライブになったと思います」とライブを総括した。

終盤には、9月に卒業を発表した宮田愛萌(みやた・まなも)が挨拶した。
宮田は「卒業発表をさせていただいてから、体調の都合でライブは出られないことが多くて、こういう場は久しぶりです。応援してくださってきた皆さんにいっぱいの感謝を伝えたいと思い、この場をいただきました」と語った。

キャプテンの佐々木は涙ながらに「こうやって最後にキレイなドレス姿を見られて、送り出すことができてよかったなと思いました。愛萌が日向坂にくれたものは本当に大きくて。“ぶりっこキャラ”とかも(卒業した柿崎)芽実と愛萌がいてくれたから今でも(冠番組で)『ぶりっこ選手拳』とか続いているし、愛萌がいたからこそ日向坂46に“色”がついた。たくさん感謝している。たくさんやりたいことをやって、幸せな人生を歩んでほしい。5年間ありがとう、卒業おめでとう」と語った。

ラストは「JOYFUL LOVE」が披露された。宮田も含め、トロッコにソリのパネルを貼り付けた「ソリッコ」にメンバーが乗り込み、会場をぐるりと一周し、おひさまにありったけの愛情を振りまいた。

今年、日向坂46がファンの前に立つ最後の機会となった「ひなくり2022」ですが年末には4回目の「NHK紅白歌合戦」出場が控えています。さらに来年2月11・12日には四期生による「おもてなし会」が、4月1・2日には横浜スタジアムで「4回目のひな誕祭」が行われる。

総勢32人となった日向坂46年末恒例のクリスマスライブ「ひなくり」は温かい幸福感に包まれた中、終了した。

 ●セットリスト

M1 月と星が踊るMidnight
M2 青春の馬
M3 ときめき草
M4 アディショナルタイム
M5 ママのドレス
M6 My god
M7 世界にはThank you!が溢れている
M8 Right?
M9 孤独な瞬間
M10 ブルーベリー&ラズベリー
M11 一生一度の夏
M12 HEY!OHISAMA!
M13 君しか勝たん
M14 ドレミソラシド
M15 誰よりも高く跳べ!2020
M16 キツネ
M17 知らないうちに愛されていた
EN1 キュン
EN2 JOYFUL LOVE

■日向坂46 四期生「おもてなし会」

2023年2月11日(土)千葉県 幕張メッセ 幕張イベントホール
2023年2月12日(日)千葉県 幕張メッセ 幕張イベントホール

■日向坂46「4回目のひな誕祭」

2023年4月1日(土)神奈川県 横浜スタジアム
2023年4月2日(日)神奈川県 横浜スタジアム

撮影:上山陽介

BROAD
Liveen Times

コメント