黒沢薫、AKB歌唱力ライブ囲み取材で「池田裕楽(STU48)は野島樺乃(SKE48)とは違うタイプの天才!」本当に驚いた!

日本国内のAKB48グループの歌姫による「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦ファイナリストLIVE」が3月26日、千葉・舞浜アンフィシアターにて開催された。

出演したのは、前回優勝者の池田裕楽(STU48)、初代優勝者の野島樺乃(SKE48)、出演常連の岡田奈々(AKB48/STU48)、秋吉優花(HKT48)、古畑奈和(SKE48)、矢野帆夏(STU48)、三村妃乃(NGT48)、山内鈴蘭(SKE48)、山崎亜美瑠(NMB48)の9名。

アンコールでは、9人によるオリジナル楽曲「はじまりの唄」を初披露した。同曲は、ゴスペラーズ黒沢薫が作詞作曲を担当した本格的な楽曲。「はじまりの唄」は6月30日にキングレコードから発売される。


イベント終了後、歌姫9名と黒沢薫を交えての囲み取材が行われた。

黒沢は「僕が勝手に思っていたAKBのイメージを大きく超えるライブをしてくれました。」とイベントを総括した。

囲み取材で、歌姫ひとりひとりにメッセージを述べる場面があり、黒沢から野島樺乃(SKE48)へは「野島さんが一番引き出しがあるので、一番要求を出しました。今日のリハの時点ですべてが修正されていて、『野島さんは歌が好きだし、上手いし、愛しているのだ』と実感しました。下の難しいハーモニーもしっかりやっていて僕は満足しています。」と努力を褒めた。

「(黒沢さんからの)要求を感じたか?」の質問に対し、野島は「(黒沢さんからの要求は)感じてました。追い詰められたと。でも、黒沢さんに熱血指導していただく機会もないと思いましたので、モノにしたいと思い、本番まで練習しました。本番前休むことの大切さも教えていただきました」と感謝のコメントをした。

黒沢から池田裕楽(STU48)へは「池田さんは機械みたいにいつでも上手いんですよ。同じなのですが指摘されたことは即座に直してくるので、この人は本当に野島さんとは違うタイプの天才。びっくりしました。AKBグループにこういう人材がいるんだなって、本当にびっくりしました。パッ!と歌った瞬間にアッ!と耳が惹かれる。これって本当にズルい。これはなかなか手に入れるのは難しいのですが、今の時点でこれが手に入っているのでこのまま行ってください」と背中を押した。

黒沢から岡田奈々(AKB48/STU48)へは「岡田さんが本当に頼りになる、僕の中では精神的支柱。(このイベントは)岡田さんがいるから大丈夫だろうと思ってました。『難しい』って言っていたのですが『難しい』といいながら、目が燃えていたのでこれはしっかりやってくるだろうと思ってました。彼女はあえてサビ(の主旋律)ではなく下ハモやってもらいました。下ハモがちゃんとしてないとこの曲、コケちゃうので。メロディではないけど、常に岡田さんの口が動いているというのを僕は実は意識して采配しています。でも高いのも聞きたいよね!ということで最後だけフレーズも入れてます。思った通りに行きましたので僕の中でもガッツポーズでした。」と岡田奈々の活躍に喜んだ。

ライブの模様はCS放送TBSチャンネル1で3月31日(水)24時に放送される。


■放送情報

本日の模様はCS放送TBSチャンネル1で3月31日(水)24時から放送。

第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦 ファイナリストLIVE|音楽|TBS CS[TBSチャンネル]
「第3回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」のファイナリストらによるスペシャルステージ!“ファイナリストLIVE”をTBSチャンネルで独占放送!

コメント