今市隆二率いるLDH野球チーム「中目黒リュージーズ」とティモンディ率いる野球チームが初対戦!

スポンサーリンク

三代目 J SOUL BROTHERSの今市隆二が監督となり、 東京ドームでの試合を目指す野球チームで、LDHの動画配信サービス※「CL」の人気コンテンツ「中目黒リュージーズ」と、ティモンディ率いるグレープカンパニー野球チームの草野球対決が4月3日(日)に実施された。

中目黒リュージーズは、2019年からLDHでの野球チーム作りをはじめ、宮本慎也(元ヤクルトスワローズ)コーチ指導のもと、ゲストを交えながらの紅白戦や社会人チームとの対抗戦を行ってきた。そしてこの度、社外野球チーム グレープカンパニー芸人との初の対抗戦を行った。

今回の試合は、LDH大好き芸人でおなじみのレッドガオREOTOがSNSにて「中目黒リュージーズとの試合がしたい」と投稿したことをきっかけに実現。当日は抽選で選ばれたファンも参加し、会場の熱が高まる有観客試合をお届けした。

OPアクトではEXPG STUDIOより10名の「リュージーズガール」が♪『Ki・mi・ni・mu・chu』をチアガール姿で踊り、会場を盛り上げた。

その後、各チームの選手が入場し、選手からコメント。

▼選手コメント

今市隆二コメント(監督)

「みなさん今日はありがとうございます。そしてグレープカンパニーの皆さんもありがとうございます。たくさんの方の力をお借りしてここまでくることができました。楽しみながらも、でも勝負なので、今日は絶対に勝ちたいと思います。絶対に負けません!」

ELLYコメント

「こんなに多くの方に来ていただいて本当にありがとうございます。今日は久しぶりに本気だしますよ。一生懸命、今市くんと見に来てくださっているみなさんのために頑張ります!」

REOTO(レッドガオ)コメント

―――今日は夢の試合が実現しましたねとMCから振られて

「僕もびっくりですよ。Instagramで投稿したらスタッフの方に見つけていただいて。お客さんも入っていただいて実現できたので。今日は夢のひと時のような感じなので、自分も思い出をたくさん作って楽しみながらプレーしたいと思います。」

高岸 宏行(ティモンディ)コメント

―――多くのお客様が来てくれましたね、とMCから振られて
「これだけのお客さんが来てくださったということは、もう我々プロ野球選手ですからね、しっかり自覚を持って戦いましょう!」

宮本慎也さん(中目黒リュージーズコーチ)

「結成されてから練習は何度か見ているので、中目黒リュージーズが勝てると思いますよ!『やればできる!』」

▼試合の勝敗に関してのひとこと

REOTO
「勝ったら、CLで中目黒リュージーズと初ロケを希望します。グレープカンパニー出演者は僕単体でいいですけど。」

今市
「ぜひお願いします!」

REOTO
「前編後編の2本立てでお願いしますね。万が一負けたら・・・罰ゲームになるかわからないですが、LDHネタを披露しますね。」

▼各チーム代表からの試合への意気込み

高岸 宏行(ティモンディ)コメント
「一生懸命にベストを尽くして両チームが優勝できるようにベストを尽くします。みんななら『やればできる!』」

今市隆二コメント
「勝負なので、勝ちにこだわりたいと思います!」

先行のグレープカンパニー、先頭打者は高岸。対する中目黒リュージーズの先発投手はELLYでゲームスタート。回の序盤でELLYは110kmを超えるストレートを披露した。グレープカンパニー高岸がヒットを放つも、1回表はリュージーズが0点で切り抜ける。

1回裏リュージーズの攻撃では、ELLY、MAKIDAIが2者連続でヒットを放ち、先制。その後もBALLISTIK BOYZ深堀がライト前ヒットで続き、点数を重ね、リュージーズが初回からゲームの主導権を握った。

対するグレープカンパニーも、その後ニルベース齋藤とトミドコロのヒットによるチャンス作り、チカトプライドのセカンドゴロの間や、ティモンディ高岸のライトオーバーの3ベースヒットで得点するなど、反撃に出た。

名門野球部出身で知られるティモンディ高岸は試合中での投球はなかったが、試合終了後に今市隆二からのリクエストに応じて投球を披露した。最速で136kmの投球を見せ、今市も思わず「あれは受けられないですね~(笑)」とコメント。

詳細の試合内容と勝敗については、5/1(日)から配信開始の「CL」オンデマンドPPVにて視聴できる。

■オンデマンドPPV「中目黒リュージーズ vs グレープカンパニー 草野球対決」

 

※CyberLDHの略称で、LDH所属アーティスト、タレントに特化した動画配信サービス「CL」で株式会社サイバーエージェントと株式会社LDH JAPANが創始する新たなサービスとして2020年8月よりスタートした。

【企画名】中目黒リュージーズ vs グレープカンパニー 草野球対決

【出演者】
■中⽬⿊リュージーズ
今市隆二/EXILE MAKIDAI/ELLY/数原龍友/GS/DEEP KEISEI/比嘉涼樹/深堀未来/奥田力也

■グレープカンパニー
ティモンディ/トミドコロ/チカトプライド/レッドガオ/シオマリアッチ/口笛なるお
斉藤サトル/ニルベース齋藤/ウォーターズ/
※その他、両チームにスタッフ部員&社会人野球チーム「茨城トヨペット公式野球部」の選手、社会人野球OB選手で構成

■ゲスト
・中目黒リュージーズコーチ:宮本慎也(元ヤクルトスワローズ)
・MC:南隼人
・盛り上げ:EXPG STUDIO「リュージーズガール」

【スターティングメンバー】

<先行>グレープカンパニー
1番ショート:高岸宏行(ティモンディ)
2番ピッチャー:REOTO(レッドガオ)
3番センター:前田裕太(ティモンディ)
4番キャッチャー:ニルベース齋藤
5番セカンド:トミドコロ
6番ファースト:口笛なるお(わらふぢなるお)
7番サード:魂人(ウォーターズ)
8番ライト:とう(ウォーターズ)
9番レフト:斎藤サトル

(控え選手)
赤壁 裕樹(レッドガオ)
シオマリアッチ
チカラプライド
ほか社会人野球選手

<後攻>中目黒リュージーズ
1番ショート:今市隆二
2番レフト:GS
3番キャッチャー:数原龍友
4番ピッチャー:ELLY
5番サード:EXILE MAKIDAI
6番ライト:DEEP KEISEI
7番センター:深堀未来
8番ファースト:奥田力也
9番セカンド:比嘉涼樹

出演者コメント

■今市隆二コメント

みなさん楽しんでくれましたでしょうか。寒い中応援ありがとうございました。
初の対外試合でしたが、中目黒リュージーズ、強くなっていませんか?
みんなそれぞれスキルもあがっていますし、ほんと野球やってるな~という感じがしています。最高の時間を過ごさせていただきました。改めてみなさん本当にありがとうございました。チームとして、引き続き目標は変わらず「ROAD TO DOME」ということでドーム目指して頑張りますので、応援のほどよろしくお願いいたします。

■MAKIDAIコメント

今日は皆様お集まりいただき、本当にありがとうございました。
中目黒リュージーズが始まって3年くらいですかね。
グレープカンパニーの皆様とも、EXPG STUDIOリュージーズガールの皆さんとも、そしてREOTOさんのハーフタイムショーのランニングマンも、本当に会場がひとつになって最高の時間を過ごせたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

■前田(ティモンディ)コメント

「今日はありがとうございました。本当に楽しい試合をさせていただきました。強いて言うなら数原さんとかが気を遣ってバラエティーをしてくださったのが、こっちがやらなきゃなと思いましたけど。もしまたチャンスをいただけるのであれば、このユニフォームにある『草野球伝説』というチーム名を考えた、サンドイッチマンの富沢さんも呼んで対戦出来たら嬉しいです。

■高岸 宏行(ティモンディ)コメント

「ありがとうございました~!お客様の熱い声援とリュージーズの素晴らしいプレーによって本当にいい試合になりました。『みんなに金メダルだ~~~!』

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント