『鬼滅の刃』遊郭編 第9話「上弦の鬼を倒したら」の神作画(場面カット、提供画像)に涙腺崩壊!「天元さまーーっ!! 」

スポンサーリンク


人気アニメ『鬼滅の刃』の第2期『鬼滅の刃』遊郭編(フジテレビ 毎週日曜 午後11時15分より放送)の第9話「上弦の鬼を倒したら」が1月30日、放送された。

放送後、第9話の提供カット、提供画像、台本が公開された。

提供カットは、炭治郎、善逸、伊之助、天元の4名。

アニメと提供カットを見た視聴者は「子供の頃は、45歳になって食い入るようにアニメを見るとは思いませんでした。毎回ありがとうございます。今の私には鬼滅の刃が生きがいです。」「涙が止まらないです。3人の共闘のところからもう鳥肌と涙が、、毎週ほんとに映像のクオリティがすごすぎて、地上波で見させていただけることに感謝」「作画がもう神レベルで、全てが素晴らしすぎて30分がほんの数分に感じられるほどでした。EDになって、あれ?もう終わりなの!?って。息をつかせぬ戦いの中、最後天元様見て泣いてしまいました」「善逸が善逸じゃないくらいの声してて
キュン超えてギュンでした」「今回も作画半端ない」と大好評だった。

第9話の提供画像は、果敢に戦う炭治郎と地面に倒れ込みうずくまる宇髄の姿。

倒れ込んだ宇随の姿を見た視聴者は「今週この状態を見せて続きを来週まで待てという苦行」「原作も読んでいますが、こんなイケメンの手首が…残酷すぎて辛すぎて苦しい。嫁3人いるんだよ。何本手があっても足りないのに。辛かったシーンです。まだまだ終わらないで欲しいです」「天元さまーーっ!! 」「これを提供で出すの辛すぎます。涙腺崩壊しました、」「今夜も手に汗握る戦いと作画の素晴らしさに血が沸きました。スタッフの皆様方、本当にありがとうございます」など視聴者の涙腺が崩壊した様子だった。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編概要

12月5日より毎週日曜夜11時15分より全国フジテレビ系列にて、
12月11日より毎週土曜夜11時30分よりTOKYO MX、BS11、群馬テレビ、とちぎテレビにて放送中

【スタッフ】
原作:吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
監督:外崎春雄
キャラクターデザイン・総作画監督:松島 晃
脚本制作:ufotable
サブキャラクターデザイン:佐藤美幸・梶山庸子・菊池美花
プロップデザイン:小山将治
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:大前祐子
編集:神野 学
音楽:梶浦由記・椎名 豪
オープニングテーマ:Aimer「残響散歌」(SACRA MUSIC)
エンディングテーマ:Aimer「朝が来る」(SACRA MUSIC)
アニメーション制作:ufotable

【キャスト】
竈門炭治郎:花江夏樹
竈門禰󠄀豆子:鬼頭明里
我妻善逸:下野 紘
嘴平伊之助:松岡禎丞
宇髄天元:小西克幸

堕姫(上弦の陸):沢城みゆき
妓夫太郎(上弦の陸):逢坂良太

【テレビアニメ 公式サイト】
https://kimetsu.com/anime/
【「遊郭編」 公式サイト】
https://kimetsu.com/anime/yukakuhen/
【Twitter】
https://twitter.com/kimetsu_off

 

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント