横山由依、卒業コンサート後の囲み取材で一問一答!AKB48を漢字一文字で表すと「輝」

スポンサーリンク

AKB48 前総監督の横山由依のが11月27日「MXまつり『横山由依卒業コンサート〜深夜バスに乗って』に出演。横山はコンサート終演後に行われた囲み取材に登場し、思い丈を一問一答形式で語った。

Q、卒業コンサートを終えた今の心境は

まだ実感は湧いてない感じです。卒業自体は12月9日に劇場最終公演があるんですけど、AKB48で12年間やってきて、12月10日からAKB48の人じゃなくなるっていうのはあまりピンと来てないですね。でも、今日のステージが本当に楽しかったし、みんなが涙を流してくれたりしてくれたので、ふんわりと実感はしてきました。

Q、今着ている卒業ドレスの感想はいかがですか

衣装担当のしのぶさんに全部お任せしたんですけど、こんなすてきな衣装にしてくださって。私は紫色が大好きなんですけど、それだけじゃなく、実はブルーとか6色入っているんですよ。パールも入っていたりとか、自分ってこういうイメージだったんだって思いました。

Q、AKB48で一番の思い出は何ですか。

12年間…本当にいろんなことがあったんですけど、今回のコンサートの映像撮影で(研究生時代に地元である京都から通っていた)深夜バスに改めて乗って、その中で自分の総選挙(※初めてランクインした2011年)のスピーチを初めて見たら衝撃的でした。あの総選挙は一番の思い出ですね。

Q、AKB48の活動を12年間も続けると思っていましたか

こんなに長く活動できるとは思ってなかったし、総監督をやらせていただけるとも思っていなかったし、AKB48は私の人生になくてはならないものですけど、想像はできてなかったですね。

Q、総監督をやれて、良かったなと思いますか。

当時は悩むこともすごく多かったんですけど、メンバーやスタッフの方、ファンの皆さんに支えてもらったので、今振り返るとやらせてもらって良かったなと思ってます。

Q、想像していた卒業コンサートと実際では違いましたか。

あっという間だったなという感じがするのと、卒業コンサートって、先輩方のに何回も出させていただいて、みなさん悔いがなく卒業されていくって感じでした。私はちょっとドラムがうまくいかなかったりと自分の中であって、楽器の挑戦のシリーズって小嶋陽菜さんから『いろいろ今までも挑戦してね』と言われていてやってきたんですけど、その頃は未熟でもいいかなと思ってたんですけど、今回は本当に決めたかった。そこが悔しいんですけど、本当にコンサート全部を通して、メンバーとの表情だったり、やりとりとか楽しかったので、AKB48で12年やってきてよかったという気持ちでいっぱいです。

Q、劇場最終公演に向けての意気込みはいかがですか。

ここまで卒業コンサートに向けて集中してやってきたので、劇場公演にも気合入れていきたいです。その前にも劇場公演のステージに立ちたいなと思っていて、できる限りメンバーやファンの方に劇場での姿を見ていただきたいなと思っています。

Q、今後は本当の最後へ向け集中していくのか

卒業コンサートということで、今までは集中してやって来たんですけど、12月9日の卒業公演へ気合を入れていきたいというのと、それまでにも劇場公演のステージに立ちたいと思っています。できる限りメンバーとステージに立ったり、ファンの方にも劇場での姿を見てもらえる場を作れたらというふうに相談しているので、残りの期間、短いんですけどAKB48としての自分を満喫したいと思います

Q、卒業コンサートを終えた時点で、いよいよ卒業なのか、ついに卒業なのか、どちらでしょうか

本当に自分って卒業するのかなっていう感じがまだあります。卒業コンサートをしていただいても、まだそれがあるので、12年間、毎日AKB48のことを考えてきたので、そこが抜けないのかな。向井地美音ちゃんが365日24時間って言ってましたけど、本当に私はAKB、AKBってやってきたのが長いので、卒業するのかなっていう感じがまだあります

Q、卒業してすぐ新しい仕事を始めたいですか、少し休みますか

すぐに個人の活動をしたいなっていう気持ちはあります。今までAKB48の活動と個人の活動を並行してやってきたので、そこは切り替えが必要かも知れないですけど、休みたくはないですね。新しい人との出会いもあると思いますし、今までに出会った方とも関わり方が変わってくると思いますし、いろいろ楽しみです。

Q、今後はどんな活動をしていきたいですか。

お芝居を中心にやっていきたいですけど、特に舞台をやらせていただいて、稽古で教えていただきながらやっていくっていうのが自分には合ってるのかなと思うので、続けていきたいです。他にもドラマだったり、映画だったりもやりたいですし、今回もソロで歌わせていただいて、歌うことは大好きなので何らかの形でできたらなと思ってます。ミュージカル、やってみたいですね。

Q、目標にする女優さんは

後輩になるんですけど、川栄李奈ちゃんはお仕事に対する姿勢も素晴らしいし、すごく魅力的だなと思います。

Q、最近は公式ライバルの坂道グループが注目されていますが

坂道さんも他のグループも勢いがあることは肌感覚として感じていますけど、今のってめちゃくちゃいいので、だから私もこのタイミングで卒業を決められたんだなと思います。それこそ1年前、2年前は私自身もですけど、グループもちょっと卒業に踏み出せない感じがあった。でも、今は振り付けを揃えることのこだわりだったり、ステージに立つ思いがコロナ禍もあってかすごく強くなっていて、すごくいいグループになっているなって思います。私もAKBの活動の中で比べられることがすごく苦しいと気づいたので、私たちには私たちの良さがあることをもっと知ってもらえたらうれしいです。

Q、AKB48を漢字一文字で言うと

漢字一文字で表すなら『輝』という字ですね。私のキャッチフレーズは『金閣寺より輝きたい』というんですけど、これはファンの方が付けてくださったキャッチフレーズで、ステージで輝けるように、というのをモットーにしてきました。誰よりも汗をかいてきたと思いますし、汗の輝きで、キラキラではないかもしれませんが、いろんなステージで輝かせてもらいましたし、輝けたのかなと思います

Q、横山さんにとってAKB48とは?

AKBとは私にとっては宝物ですかね。すべてが詰まっていると思います。すべての感情も詰まっていますし、イチ社会じゃないですけど、先輩がいて後輩がいて、そういうものも全部詰まっていると思うので、いろんなことを教えてくれました

Q、最後にファンの方々へ一言お願いします。

2009年に加入して12年間、たくさんの方に支えていただきました。1人ではできないこともメンバーと一緒ならできました。何よりもファンの方がいろんなコンサート会場に連れていってくれたと思うので、みんながいたから続けてこられました。夢を追ってかなえていくことが楽しかったし、これからも追い続けていきたいと思いますので、AKB48で私のことを好きになってくださった方には引き続き愛していただけたらと思います。

BROAD
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Liveen Times

コメント