乃木坂46 高山一実、東京ドームでアメイジングなラストステージ!「皆さん、幸せになってね!」

スポンサーリンク

人気アイドルグループ乃木坂46が「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」を東京ドームで開催。類まれなユーモアとセンスでグループを盛り立ててきた高山一実が10年間のアイドル活動から卒業した。

乃木坂46の「真夏の全国ツアー」は2年振りの開催。今年の7月~8月は、大阪・名古屋・福岡などの地方公演を行い、当初は9月8日~9日にツアー・ファイナルとして東京ドーム公演を行う予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で、11月20日~21日へと延期となり、一期生でムードメーカーの高山一実の卒業も11月21日へと延期となった。

乃木坂46の東京ドーム公演は、「真夏の全国ツアー2017 FAINAL!」以来約4年振りとなった。影ナレは、樋口日奈、伊藤理々杏、山下美月の3名が担当。3名は高山とミュージカル「美少女戦士セーラームーン」で共演したメンバーで仲がよいトークで会場を盛り上げた。

Overtureが流れた後、4期生の遠藤さくらがセンターを務め、今年リリースした楽曲「ごめんねFingers crossed」で幕が開けられた。

グループのセンターとして活躍することが多い齋藤飛鳥は「今日は『アメイジング』で『ポジピース』なライブにしましょう!」と、高山の定番持ちネタ2つを使って会場を盛り上げた。生田絵梨花は「今日は1日『ポジピース』でいきましょう! かずみん、卒業、『アメイジング!』」とこちらも高山の持ちネタで祝福した。

中盤は、乃木坂46結成10周年を記念してツアー開催前に実施されたリクエスト投票を元に、表題曲、アンダー曲、ユニット&ソロ曲、カップリング曲の各カテゴリーでTOP10に入った楽曲がお披露目された。

思い出に残った楽曲を聞かれた与田祐希は「逃げ水」と答えた。与田は、ツアーの福岡公演で卒業した大園桃子と最後にWセンターで披露した思い出を振り返った。「この気持ちはずっと忘れないだろうし、忘れたくないなと思いました」としみじみと語った。

ユニット楽曲ブロックでは、秋元、生田、高山、樋口、新内、遠藤、賀喜の7人がそれぞれ違ったかたつむりで「せっかちなかたつむり」を披露。ファンを楽しませた。

「ひと夏の長さより…」では、メンバーから高山へ向けた手書きのメッセージが映し出され、高山の卒業を祝福した。

後半、メンバー全員がステージ中央に集まり、秋元の合図に合わせて円陣を組んだ。団結した掛け声の後、披露された楽曲「きっかけ」では、1期生から4期生まで一節ずつ歌い繋いでいく構成でのパフォーマンスが披露された。

終盤は、小室哲哉が作曲に携わり人気となった『Route 246』からスタート。「インフルエンサー」「ガールズルール」そして最新シングル「君に叱られた」まで、乃木坂46の代表曲が並び、会場のボルテージはMAXに。

本編ラストはグループ10周年記念曲として秋元康氏から贈られた「君に叱られた」のC/W曲「他人のそら似」で有終の美を飾った。「他人のそら似」は、1stシングル「ぐるぐるカーテン」から27thシングル「ごめんねFingers crossed」までの表題曲で、乃木坂らしい特徴的なダンスが組み込まれているという話題曲だ。

アンコールは高山一実の卒業セレモニーとなった。アイドルに憧れて2011年8月、乃木坂46に加入した高山のラストステージ。

ラストナンバーは、高山が初めてセンターを務めた楽曲「泣いたっていいじゃないか?」。メンバーひとりひとりとアイコンタクトをし、曲中に同期の和田まあやから花束をプレゼントされた高山は「うれしい!10年間、本当にありがとうございました」とファンにあらためて感謝を述べた。

東京ドームの観客席から「卒業オメイジング」(アメイジングをアレンジした新語)と書かれたメッセージボードが掲げられた。高山は「すご~い!」と満面の笑みで大感激。ラストは「皆さん、幸せになってね!」と高山らしいアメイジングでラブリーなラストメッセージを残した。

乃木坂46のムードメーカーであり、乃木坂になくてはならないアメイジングな存在として、10年間グループを支え続けた高山一実のラスト・スピーチは以下の通りです。

「今日、2021年11月21日をもちまして、乃木坂46を卒業します。10年間のアイドル生活も今日で最後です。実は10年間、ずっと悩んでいたことがあります。最後の日に何を語るかです。私はある時から、語りに思いが乗り切らないような気がして、小説を書こうと決めました。小説と呼べるか分からないですけど、良かったらみなさん、暇な時に読んで下さい。

ここでは感謝の気持ちをお伝えさせていただきたいと思います。まずはメンバーのみんな。私はメンバーのことが大好きで、今のメンバーも、昔のメンバーも、10年間、乃木坂のメンバーのことが大好きでした。

今のメンバーは努力家で、すごくおしとやかな子が多くて、心がすごく優しくて、すごく温かい空気、暖色な空気がいつも流れています。そんな今の乃木坂も大好きだし、昔のメンバーといろんなことして、くだらないことして笑った日々も大好きだし、本当に、アイドルになりたかったけど、乃木坂を知ってしまったら、乃木坂になりたいって思います。来世でも。それぐらい本当に好きでした。

初期の玲香キャプテンも、今の真夏キャプテンも、46人ぴったりいた時代も、そうじゃなかった時代も、本当に楽しかったです、ありがとう。

そして、マネジャーさん、衣装さん、メイクさん。家みたいな楽屋をいつも作ってくださり、ありがとうございました。本当にみんな優しくて、お姉ちゃんみたいな、お兄ちゃんみたいな、親みたいな、みなさんにたくさんお世話してもらって、10年間たくさん支えられました。ありがとうございました。

そして現場でお会いしたスタッフさん、共演者のみなさん。アイドルなのに全然顔がかわいくなくて、面白いことも言えないし、すみませんでした。でも、お会いできてうれしかったです。いろいろお仕事してくださり、ありがとうございました。

そして、私を乃木坂46に選んでくださった立ち上げ当初のスタッフさん、秋元先生、私の人生を変えてくださり、ありがとうございました。

そして、友達のみんな。私は友達のみんなも大好き。乃木坂に入る前の人生も大好きです。乃木坂に入る前も、入ってからも仲良くしてくれてありがとう。一緒に楽しんでくれてありがとう。

そして、家族。私は結構、人に好きとか大好きとか伝えるの好きなんですけど、家族に対してだけは下手で。愛情表現が。なかなか今までうまく言えなかったけど、この時代に生まれて良かったって思うし、私を今まで育ててくれてありがとう。助けてくれてありがとう。皆さん、これからもよろしくね」


◆「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」セットリスト
影ナレ:樋口日奈、伊藤理々杏、山下美月

Overture

1.ごめんねFingers crossed(センター:遠藤さくら)
2.ジコチューで行こう!(センター:齋藤飛鳥)
3.太陽ノック(センター:生田絵梨花)
4.おいでシャンプー(センター:山下美月)
5.シンクロニシティ(センター:梅澤美波)
6.ファンタスティック3色パン(センター:齋藤飛鳥/齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月)
7.せっかちなかたつむり(センター:高山一実/秋元真夏、生田絵梨花、高山一実、樋口日奈、新内眞衣、遠藤さくら、賀喜遥香)
8.錆びたコンパス(センター:山崎怜奈)
9.ひと夏の長さより…(センター:秋元真夏、賀喜遥香)
10.ありがちな恋愛(センター:齋藤飛鳥、山下美月)
11.日常(センター:北野日奈子)
12.裸足でSummer(センター:齋藤飛鳥)
13.全部 夢のまま(センター:与田祐希)
14.I see…(センター:賀喜遥香/4期生)
15.トキトキメキメキ(センター:岩本蓮加/3期生)
16.アナスターシャ(センター:北野日奈子、新内眞衣/2期生)
17.失いたくないから(センター:高山一実/1期生)
18.Route 246(センター:齋藤飛鳥)
19.僕は僕を好きになる(センター:山下美月)
20.インフルエンサー(センター:山下美月、与田祐希)
21.きっかけ
22.Sing Out!(センター:齋藤飛鳥)
23.夏のFree&Easy(センター:与田祐希)
24.ガールズルール(センター:山下美月)
25.君に叱られた(センター:賀喜遥香)
26.他人のそら似

EN1.私の色(高山一実)
EN2.サヨナラの意味(センター:高山一実)
EN3.偶然を言い訳にして(センター:高山一実)
EN4.君の名は希望(センター:高山一実)
EN5.泣いたっていいじゃないか(センター:高山一実)

乃木坂46 真夏の全国ツアー2021 FINAL!
乃木坂46

コメント